編集者

エディターからクラシック UI に切り替える機能は、デフォルトで無効になっています。

ページ情報​メニューのオプション「クラシック UI で開く」を再度有効にするには、次の手順に従います。

  1. CRXDE Lite を使用して、次のノードを見つけます。

    /libs/wcm/core/content/editor/jcr:content/content/items/content/header/items/headerbar/items/pageinfopopover/items/list/items/classicui

    例:

    [https://localhost:4502/crx/de/index.jsp#/libs/wcm/core/content/editor/jcr%3Acontent/content/items/content/header/items/headerbar/items/pageinfopopover/items/list/items/classicui](https://localhost:4502/crx/de/index.jsp#/libs/wcm/core/content/editor/jcr%3Acontent/content/items/content/header/items/headerbar/items/pageinfopopover/items/list/items/classicui)

  2. ノードをオーバーレイ​オプションを使用してオーバーレイを作成します。例:

    • パス: /apps/wcm/core/content/editor/jcr:content/content/items/content/header/items/headerbar/items/pageinfopopover/items/list/items/classicui
    • オーバーレイの場所: /apps/
    • ノードタイプを一致させる:アクティブ(チェックボックスをオン)
  3. オーバーレイノードに次の複数値テキストプロパティを追加します。

    sling:hideProperties = ["granite:hidden"]

  4. ページの編集時に、「クラシック UI で開く」オプションが​ページ情報​メニューで再度使用可能になります。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now