MSM ロールアウトの競合

ブループリントブランチと依存ライブコピーブランチの両方で同じページ名の新しいページが作成されると、競合が発生する可能性があります。

このような競合はロールアウト時に処理および解決する必要があります。

競合の処理

競合するページが(ブループリントやライブコピーのブランチ内に)存在するとき、MSM ではそれらの処理方法(処理の有無を含む)を定義できます。

ロールアウトがブロックされないように、次の内容を定義します。

  • ロールアウト時にどのページ(ブループリントまたはライブコピー)が優先されるか

  • どのページの名前が変更になるか(およびその方法)

  • 公開済みのコンテンツにどのような影響があるか

    (標準の)AEM のデフォルトの動作では、公開済みのコンテンツに影響はありません。つまり、ライブコピーのブランチに手動で作成されたページが公開されている場合、競合の処理およびロールアウト後にもそのコンテンツは公開されたままになります。

標準の機能に加えて、カスタマイズされた競合ハンドラーを追加して別のルールを実装できます。これらは、アクションを個別のプロセスとして公開することも許可します。

サンプルシナリオ

以降の節では、(手動で作成された)ブループリントとライブコピーのブランチの両方で作成された新しいサンプルページ b を使用して、競合を解決する様々な方法について説明します。

  • ブループリント:/b

    マスターページ子ページが1つある場合は、bp-level-1

  • ライブコピー:/b

    ライブコピーのブランチで手動で作成されたページ子ページlc-level-1が1つあります。

    • 公開時に子ページと共に/bとしてアクティブ化されます。

ロールアウト前

ロールアウト前のブループリント ロールアウト前のライブコピー ロールアウト前の公開
b
(ブループリントブランチで作成され、ロールアウトの準備ができました)。
b
(ライブコピーのブランチで手動で作成)
b
(ライブコピーのブランチで手動で作成された、ページ b のコンテンツを含む)
/bp-level-1 /lc-level-1
(ライブコピーのブランチで手動で作成)
/lc-level-1
(ライブコピーのブランチで手動で作成された、ページ
child-level-1 のコンテンツを含む)

Rollout Manager and Conflict Handling

ロールアウトマネージャーを使用すると、競合の管理をアクティベートまたはアクティベートを解除できます。

これは、Day CQ WCM Rollout ManagerOSGi の設定 を使用しておこないます。

  • 手動で作成したページとの競合を処理します

    ( rolloutmgr.conflicthandling.enabled )

    ロールアウトマネージャーが、ライブコピーで作成されたページからの競合をブループリント内に存在する名前で処理する必要がある場合は、trueに設定します。

AEM には競合の処理のアクティベートが解除されたときの動作が事前定義されています。

競合ハンドラー

AEM は競合ハンドラーを使用して、コンテンツをブループリントからライブコピーにロールアウトするときに存在するページの競合を解決します。このような競合を解決する(一般的な)方法の 1 つは、ページの名前変更です。別の動作を選択できるように、複数の競合ハンドラーを有効にすることもできます。

AEM には次の機能があります。

デフォルトの競合ハンドラー

デフォルトの競合ハンドラーの特徴は次のとおりです。

  • ResourceNameRolloutConflictHandlerと呼ばれます。

  • このハンドラーを使用すると、ブループリントページが優先されます。

  • このハンドラのサービスランキングは低く設定されています(( service.rankingプロパティのデフォルト値以下)の場合は、カスタマイズされたハンドラーのランキングを上げる必要があると仮定します。 ただし、必要に応じて柔軟に対応するために、ランキングを絶対最小値にはしません。

この競合ハンドラーでは、ブループリントが優先されます。ライブコピーページ/bが(ライブコピーの分岐内で)/b_msm_movedに移動されます。

  • ライブコピー:/b

    (ライブコピー内の)が/b_msm_movedに移動されます。 これはバックアップとして機能し、コンテンツが失われないようにします。

    • lc-level-1 は移動されません。
  • ブループリント:/b

    ライブコピーページ/bにロールアウトされます。

    • bp-level-1 はライブコピーにロールアウトされます。

ロールアウト後

ロールアウト後のブループリント ロールアウト後のライブコピー
ロールアウト後のライブコピー


ロールアウト後の公開

b b
(ロールアウトされたブループリントページ b のコンテンツがある)
b_msm_moved
(ライブコピーのブランチで手動で作成されたページ b のコンテンツがある)
b
(変更なし。ライブコピーのブランチで作成された元のページ b のコンテンツで、b_msm_moved と呼ばれるようになったコンテンツを含む)
/bp-level-1 /bp-level-1 /lc-level-1
(変更なし)
/lc-level-1
(変更なし)

カスタマイズされたハンドラー

カスタマイズされた競合ハンドラーを使用すると、独自のルールを実装できます。サービスランキングメカニズムを使用することで、他のハンドラーとの関わり方を定義することもできます。

カスタマイズされた競合ハンドラーでは、次の操作をおこなうことができます。

  • 要件に合わせて名前を付けることができます。

  • 要件に合わせて開発および設定できます。例えば、ライブコピーページが優先されるハンドラーを開発できます。

  • 特に次の OSGi 設定を使用して設定されるように設計できます。

    • サービスランキング:

      他の競合ハンドラー(service.ranking)に関連する順序を定義します。

      デフォルト値は 0 です。

競合の処理のアクティベートが解除されたときの動作

手動で競合の処理のアクティベートを解除すると、AEM では競合するページに対してアクションが実行されません(競合しないページは想定どおりにロールアウトされます)。

注意

この動作は明示的に設定する必要があり、AEM は競合を無視するときに何のサインも示しません。そのため、この動作は必須の動作と見なされます。

この場合、実際にはライブコピーが優先されます。ブループリントページ/bはコピーされず、ライブコピーページ/bは変更されません。

  • ブループリント:/b

    コピーされず、無視されます。

  • ライブコピー:/b

    同じままです。

ロールアウト後
ロールアウト後のブループリント ロールアウト後のライブコピー


ロールアウト後の公開

b b
(変更なし。ライブコピーのブランチで手動で作成されたページ b のコンテンツがある)
b
(変更なし。ライブコピーのブランチで手動で作成されたページ b のコンテンツが含まれる)
/bp-level-1 /lc-level-1
(変更なし)
/lc-level-1
(変更なし)

サービスランキング

OSGi サービスランキングは、個々の競合ハンドラーの優先度を定義するために使用できます。

このページ