Analytics と外部プロバイダー

Analytics は、Web サイトがどのように使用されているかに関する、重要で興味深い情報を提供できます。

次に示すように、あらかじめ用意されている様々な設定を、適切なサービスとの統合に使用できます。

また、汎用分析スニペット​の独自のインスタンスを設定して、新しいサービス設定を定義できます。

情報は、Web ページに追加されるコードの小さなスニペットを使用して収集されます。次に例を示します。

注意

スクリプトは、script タグで囲まないようにしてください。

var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push(['_setAccount', 'UA-XXXXX-X']);
_gaq.push(['_trackPageview']);

(function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'https://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();

このようなスニペットを使用して、データを収集しレポートを生成できます。収集される実際のデータは、プロバイダーおよび実際に使用されるスニペットによって異なります。統計の例には次が含まれます。

  • 経時的な訪問者数
  • 訪問ページ数
  • 使用された検索語句
  • ランディングページ
注意

The Geometrixx-Outdoors demo site is configured so that the attributes provided in the Page Properties are appended to the html source code (just above the </html> endtag) in the corresponding js script.

If your own /apps do not inherit from the default page component ( /libs/foundation/components/page) you (or your developers) have to make sure that the corresponding js scripts are included, for example by either including cq/cloudserviceconfigs/components/servicescomponents, or using a similar mechanism.

これをしないと、どのサービス(汎用、Analytics、Target など)も機能しません。

汎用スニペットを使用した新しいサービスの作成

基本設定の場合:

  1. ツール​コンソールを開きます。

  2. 左側のパネルから、クラウドサービス設定​を展開します。

  3. 汎用分析スニペット」をダブルクリックしてページを開きます。

  4. ​+ をクリックし、ダイアログを使用して新しい設定を追加します。最小限の割り当てでは、名前(例:google analytics)を試用します。

  5. 作成」をクリックすると、スニペットダイアログがすぐに開くので、適切な JavaScript スニペットをフィールドに貼り付けます。

  6. OK」をクリックして保存します。

ページでの新しいサービスの使用

今作成したサービス設定は、必要なページで使用するように設定する必要があります。

  1. ページに移動します。

  2. サイドキックから​ページプロパティ​を開き、「クラウドサービス」タブを選択します。

  3. サービスを追加」をクリックし、必要なサービス(例:汎用分析スニペット)を選択します。

  4. OK」をクリックして保存します。

  5. クラウドサービス」タブに戻されます。The Generic Analytics Snippet is now listed with the message Configuration reference missing. ドロップダウンリストを使用して、具体的なサービスインスタンス(例:google-analytics)を選択します。

  6. OK」をクリックして保存します。

    これで、ページのページソースを表示すると、スニペットが表示されるようになりました。

    適切な期間が経過した後、収集された統計が表示できるようになります。

    メモ

    設定が子ページを持つページに添付されている場合、サービスはそれらにも継承されます。

このページ