Adobe Campaign Classic との統合

メモ

このドキュメントでは、AEM をオンプレミスソリューションの Adobe Campaign Classic と統合する方法について説明します。Adobe Campaign Standard を使用している場合の指示については、Adobe Campaign Standard との統合を参照してください。

Adobe Campaign を使用すると、電子メール配信コンテンツおよびフォームを Adobe Experience Manager で直接管理できます。

両方のソリューションを同時に使用するには、最初に互いに接続するように設定する必要があります。これには、Adobe Campaign と Adobe Experience Manager の両方での設定手順が含まれます。これらの手順は、このドキュメントで詳しく説明します。

AEM での Adobe Campaign の操作には、Adobe Campaign を使用して電子メールを送信する機能が含まれています。これについては Adobe Campaign の操作で説明します。また、AEM ページのフォームを使用したデータの操作も含まれます。

さらに、AEM を Adobe Campaign と統合する際に参考となるトピックを次に示します。

Adobe Campaign との統合を拡張する場合は、次のページが参考になります。

AEM と Adobe Campaign の統合ワークフロー

ここでは、キャンペーンを作成し、コンテンツを配信する際の AEM と Adobe Campaign の間の一般的なワークフローについて説明します。

一般的なワークフローには、次が含まれます。詳細について説明します。

  1. (Adobe Campaign と AEM で)キャンペーンの構築を開始します。
  2. コンテンツをリンクして配信する前に、AEM でコンテンツをパーソナライズして、Adobe Campaign で配信を作成します。
  3. Adobe Campaign で、コンテンツをリンクして配信します。

キャンペーンの作成の開始

キャンペーンの作成は、いつでも開始できます。コンテンツをリンクする前は、AEM と AC は独立しています。つまり、マーケティング担当者は、キャンペーンの作成およびターゲティングを Adobe Campaign で開始でき、同時にコンテンツ作成者は、AEM でデザインに取り組むことができます。

コンテンツのリンクおよび配信の前に

コンテンツをリンクして配信メカニズムを作成する前に、次の手順を実行する必要があります。

AEM で

  • テキストおよびパーソナライゼーション​コンポーネントのパーソナライゼーションフィールドを使用してパーソナライズする

Adobe Campaign で

  • aemContent タイプの配信を作成する

コンテンツのリンクと配信の設定

リンクおよび配信用のコンテンツを用意したら、コンテンツのリンク方法とリンク先を決めます。

これらのすべての手順は、Adobe Campaign で完了します。

  1. どの AEM インスタンスを使用するかを指定します。
  2. 「同期」ボタンをクリックして、コンテンツを同期します。
  3. コンテンツピッカーを開いて、コンテンツを選択します。

AEM を初めて使用する場合

AEM を初めて使用する場合は、AEM を理解するのに次のリンクが参考になります。

Adobe Campaign の設定

Adobe Campaign の設定には、次が含まれます。

  1. AEM 統合パッケージの Adobe Campaign へのインストール。
  2. 外部アカウントの設定。
  3. AEMResourceTypeFilter が正しく設定されていることの検証。

さらに、ユーザーが設定可能な次のような高度な設定があります。

  • コンテンツブロックの管理
  • パーソナライゼーションフィールドの管理

高度な設定を参照してください。

メモ

これらの操作を実行するには、Adobe Campaignに​管理​ロールが必要です。

前提条件

事前に、次の要素があることを確認してください。

メモ

Adobe Campaign Classicビルド8640より前のバージョンを実行している場合は、アップグレードドキュメントを参照してください。 クライアントとデータベースの両方を同じビルドにアップグレードする必要があります。

注意

AEMとAdobe Campaign間の統合機能が正しく動作するためには、Adobe Campaignの設定Adobe Experience Managerの設定の節に記載されている作業が必要です。

AEM 統合パッケージのインストール

AEM Integration​パッケージをAdobe Campaignにインストールする必要があります。 次の手順を実行します。

  1. AEM とリンクしたい Adobe Campaign インスタンスに移動します。

  2. ツール/詳細/パッケージの読み込みを選択します…

    chlimage_1-132

  3. 標準パッケージのインストール」をクリックし、AEM統合​パッケージを選択します。

    chlimage_1-133

  4. 次へ」をクリックし、次に「開始」をクリックします。

    このパッケージには、AEMサーバーをAdobe Campaignに接続する際に使用する​aemserver​演算子が含まれています。

    注意

    デフォルトでは、この演算子には、セキュリティゾーンは設定されていません。AEM を使用して Adobe Campaign に接続するには、これを選択する必要があります。

    serverConf.xml​ファイルで、選択したセキュリティゾーンの​allowUserPassword​属性を​true​に設定し、AEMがログイン/パスワードを使用してAdobe Campaignに接続することを許可する必要があります。

    セキュリティの問題を回避するために、AEM 専用のセキュリティゾーンを作成することを強くお勧めします。詳しくは、『インストールガイド』を参照してください。

    chlimage_1-134

AEM 外部アカウントの設定

Adobe Campaign を AEM インスタンスに接続可能な外部アカウントを設定する必要があります。

メモ
  • AEM統合​パッケージをインストールすると、外部AEMアカウントが作成されます。 そこから AEM インスタンスへの接続を設定するか、新しいものを作成できます。
  • AEM で、campaign-remote ユーザーのパスワードを設定してください。AEM で Adobe Campaign に接続するにはこのパスワードを設定する必要があります。管理者としてログインし、ユーザー管理コンソールで campaign-remote ユーザーを探して「パスワードを設定」をクリックします。

外部 AEM アカウントを設定するには:

  1. 管理 > プラットフォーム > 外部アカウント​ノードに移動します。

  2. 新しい外部アカウントを作成し、AEM​タイプを選択します。

  3. AEM オーサーインスタンスのアクセスパラメーター(サーバーアドレスと、このインスタンスに接続するために使用される ID およびパスワード)を入力します。campaign-api ユーザーアカウントのパスワードは、AEM で campaign-remote user に設定したパスワードと同じです。

    メモ

    サーバーアドレスは、末尾がスラッシュで​終わらない​ようにします。例えば、https://yourserver:4502/の代わりにhttps://yourserver:4502と入力します。

    chlimage_1-135 chlimage_1-136

  4. 有効」チェックボックスが選択されていることを確認します。

AEMResourceTypeFilter オプションの検証

AEMResourceTypeFilter​オプションは、Adobe Campaignで使用できるAEMリソースの種類をフィルターするのに使用します。 これにより、Adobe Campaign でのみ使用されるように特別に設計された AEM コンテンツを Adobe Campaign で取得できます。

このオプションは、事前設定されている必要があります。ただし、このオプションを変更すると、統合が機能しなくなる可能性があります。

AEMResourceTypeFilter オプションが設定されていることを検証するには:

  1. プラットフォームオプション​に移動します。

  2. AEMResourceTypeFilter​オプションで、パスが正しいことを確認します。 このフィールドには、次の値が含まれている必要があります。

    mcm/campaign/components/newsletter,mcm/campaign/components/campaign_newsletterpage,mcm/neolane/components/newsletter

    また、場合によっては、この値は次のようになります。

    mcm/campaign/components/newsletter

    chlimage_1-137

Configuring Adobe Experience Manager

AEM を設定するには、次の手順を実行する必要があります。

  • インスタンス間のレプリケーションを設定します。
  • クラウドサービスを使用して、AEM を Adobe Campaign に接続します。
  • Externalizer を設定します。

AEM インスタンス間のレプリケーションの設定

AEM オーサーインスタンスから作成されたコンテンツは、最初にパブリッシュインスタンスに送信されます。ニュースレターの画像をパブリッシュインスタンスで利用でき、ニュースレター受信者が入手できるように、公開する必要があります。レプリケーションエージェントは、その結果として、AEM オーサーインスタンスから AEM パブリッシュインスタンスにレプリケートするように設定される必要があります。

メモ

レプリケーションURLを使用せず、公開URLを使用する場合は、OSGiの次の設定で​公開URL​を設定できます(AEM logo > ツール​アイコン>a6/>操作​a/>Webコンソール > OSGi構成 > AEMキャンペーン統合 — 構成):
パブリックURL: com.day.cq.mcm.キャンペーン.impl.IntegrationConfigImpl#aem.mcm.キャンペーン.publicUrl

また、この手順は、あるオーサーインスタンス設定をパブリッシュインスタンスにレプリケートするためにも必要です。

AEM インスタンス間のレプリケーションを設定するには:

  1. オーサリングインスタンスから、AEM logo<a2/>ツール​アイコン/デプロイメント/レプリケーション/作成者​のエージェントを選択し、デフォルトエージェント​をクリックします。

    chlimage_1-138

    メモ

    パブリッシュおよびオーサーインスタンスが両方とも同じコンピューターにある場合を除いて、Adobe Campaign との統合を設定する際に、localhost(これは、AEM のローカルコピーです)を使用するのを回避します。

  2. 編集」をタップまたはクリックし、「トランスポート」タブを選択します。

  3. localhost を IP アドレスまたは AEM パブリッシュインスタンスのアドレスに置き換えることで、URI を設定します。

    chlimage_1-139

AEM から Adobe Campaign への接続

AEM と Adobe Campaign を一緒に使用する前に、両方のソリューション間のリンクを確立して、通信できるようにする必要があります。

  1. AEM オーサーインスタンスに接続します。

  2. 「Adobe Campaign」セクションで​AEMロゴ/ツール​アイコン>展開/Cloud Services​を選択し、今すぐ設定​を選択します。

    chlimage_1-140

  3. タイトル​を入力し、作成​をクリックして新しい設定を作成するか、Adobe Campaignインスタンスとリンクする既存の設定を選択します。

  4. 設定を編集して、Adobe Campaign インスタンスのパラメーターと一致するようにします。

    • ユーザー名: aemserver。2つのソリューション間のリンクを確立するために使用されるAdobe CampaignAEM統合パッケージ演算子です。
    • パスワード:Adobe Campaign aemserver 演算子のパスワード。この演算子のパスワードを Adobe Campaign で直接再指定する必要があることがあります。
    • API エンドポイント:Adobe Campaign インスタンス URL。
  5. Adobe Campaignに接続」を選択し、「OK」をクリックします。

    chlimage_1-141

    メモ

    電子メールを作成して公開したら、パブリッシュインスタンスに設定を再公開する必要があります。

    chlimage_1-142

メモ

接続に失敗する場合は、次を確認してください。

  • Adobe Campaign インスタンスへのセキュリティで保護された接続(https)を使用する際、証明書の問題が発生する可能性があります。Adobe Campaignインスタンス証明書をAEMインスタンスのJDKの​cacerts​ファイルに追加する必要があります。
  • セキュリティゾーンは、Adobe Campaign の aemserver 演算子用に設定される必要があります。さらに、serverConf.xml​ファイルでは、セキュリティゾーンの​allowUserPassword​属性を​true​に設定して、ログイン/パスワードモードを使用したAdobe CampaignへのAEM接続を許可する必要があります。

また、AEM/Adobe Campaign 統合のトラブルシューティングも参照してください。

Externalizer の設定

オーサーインスタンスの AEM に Externalizer を設定する必要があります。Externalizer は、リソースパスを外部 URL および絶対 URL に変換できる OSGi サービスです。このサービスは、これらの外部 URL を設定および構築するための一元化された場所を提供します。

一般的な指示については、Externalizer の設定を参照してください。Adobe Campaign統合の場合は、パブリッシュサーバーをhttps://<host>:<port>/system/console/configMgr/com.day.cq.commons.impl.ExternalizerImplに設定し、localhost:4503ではなく、Adobe Campaignコンソールから到達可能なサーバーを指すようにします。

localhost:4503 または Adobe Campaign が到達できない別のサーバーを指している場合、Adobe Campaign コンソールに画像が表示されません。

chlimage_1-143

Advanced Configurations

また、次のような高度な設定を実行できます。

  • パーソナライゼーションフィールドおよびブロックの管理。
  • パーソナライゼーションブロックのアクティベート解除。
  • ターゲット拡張データの管理。

パーソナライゼーションフィールドおよびブロックの管理

パーソナライゼーションを AEM の電子メールコンテンツに追加可能なフィールドおよびブロックは、Adobe Campaign で管理されます。

デフォルトのリストは提供されますが、変更できます。また、パーソナライゼーションフィールドおよびブロックを追加または非表示にすることができます。

パーソナライゼーションフィールドの追加

既に利用可能な個人用設定フィールドに新しい個人用設定フィールドを追加するには、次のようにAdobe Campaign nms:seedMember​スキーマを拡張する必要があります。

注意

追加する必要があるフィールドは、受信者スキーマ拡張(nms:受信者)で既に追加されている必要があります。詳しくは、設定ガイドを参照してください。

  1. Adobe Campaignナビゲーションの​管理 > 設定 > データスキーマ​ノードに移動します。

  2. 新規」を選択します。

    chlimage_1-144

  3. ポップアップウィンドウで、「拡張スキーマを使用して表のデータを拡張」を選択し、「次へ」をクリックします。

    chlimage_1-145

  4. 拡張されたスキーマの別のパラメーターを入力します。

    • スキーマ:nms: seedMemberschemaを選択し ます。ウィンドウのその他のフィールドは、自動的に入力されます。
    • 名前空間:拡張されたスキーマの名前空間をパーソナライズします。
  5. スキーマの XML コードを編集して、そこに追加したいフィールドを指定します。Adobe Campaignでスキーマを拡張する方法の詳細については、『設定ガイド』を参照してください。

  6. スキーマを保存し、コンソールの​ツール > 詳細 > データベース構造を更新​メニューを使用して、Adobe Campaignデータベース構造を更新します。

  7. 変更を保存するために、Adobe Campaign コンソールを切断してから再接続します。AEM で利用可能なパーソナライゼーションフィールドのリストに新しいフィールドが表示されます。

登録番号​フィールドを追加するには、次の要素が必要です。

  • nms:受信者​スキーマ拡張子​cus:受信者​には次のものが含まれます。
<element desc="Recipient table (profiles)" img="nms:recipient.png" label="Recipients" labelSingular="Recipient" name="recipient">

  <attribute dataPolicy="smartCase" desc="Recipient registration number"
  label="Registration Number"
  length="50" name="registrationNumber" type="string"/>

</element>

nms:seedMember​スキーマ拡張子​cus:seedMember​には次のものが含まれます。

<element desc="Seed to insert in the export files" img="nms:unknownad.png" label="Seed addresses" labelSingular="Seed" name="seedMember">

  <element name="custom_nms_recipient">
    <attribute name="registrationNumber"
    template="cus:recipient:recipient/@registrationNumber"/>
  </element>

</element>

登録番号​フィールドは、使用可能なパーソナライゼーションフィールドの一部になりました。

chlimage_1-146

パーソナライゼーションフィールドを非表示にする

既に利用可能なフィールドの中からパーソナライゼーションフィールドを非表示にするには、パーソナライゼーションフィールドの追加の節の詳細に従って、Adobe Campaign nms:seedMember​スキーマを拡張する必要があります。 次の手順を適用します。

  1. 拡張されたスキーマの nms:seedMember スキーマから取得したいフィールドをコピーします(例:cus:seedMember)。

  2. フィ追加ールドの​advanced="true" XML属性。 AEM で利用可能なパーソナライゼーションフィールドのリストに表示されなくなります。

    例えば、ミドル名​フィールドを非表示にするには、cud:seedMember​スキーマに次の要素を含める必要があります。

    <element desc="Seed to insert in the export files" img="nms:unknownad.png" label="Seed addresses" labelSingular="Seed" name="seedMember">
    
      <element name="custom_nms_recipient">
        <attribute advanced="true" name="middleName"/>
      </element>
    
    </element>
    

パーソナライゼーションブロックのアクティベート解除

利用可能なもののパーソナライゼーションブロックのアクティベートを解除するには:

  1. Adobe Campaignナビゲーションの​リソース > キャンペーン管理 > パーソナライゼーションブロック​ノードに移動します。

  2. AEM でアクティベートを解除したいパーソナライゼーションブロックを選択します。

  3. [カスタマイズメニューに表示]の[表示]チェックボックスをオフにし、変更を保存します。​ブロックが、Adobe Campaign で利用可能なパーソナライゼーションブロックのリストに表示されなくなります。

    chlimage_1-147

ターゲット拡張データの管理

パーソナライゼーション用にターゲット拡張データを挿入することもできます。ターゲット拡張データ(「Target データ」とも呼ばれる)は、例えば、キャンペーンワークフローのクエリのデータを機能強化または追加することに由来します。詳しくは、「クエリの作成」および「データの富化」の節を参照してください。

メモ

ターゲットにあるデータは、AEM コンテンツが Adobe Campaign 配信と同期されている場合にのみ利用できます。AEMで作成したコンテンツとAdobe Campaignの配信との同期を参照してください。

chlimage_1-148

このページ