スマートコンテンツサービスのリリースノート

スマートコンテンツサービスの概要と、サービスに関する既知の問題です。

組織では、従業員、パートナーおよび顧客がデジタルアセットを参照および検索する際に使用する分類に基づいてデジタルアセットをタグ付けする必要があります。 汎用タグと比べて、ビジネス上の分類に基づいてタグ付けされたアセットは、タグベースの検索でより簡単に識別および取得できます。

スマートコンテンツサービスは、AEM Assetsのビジネス上の分類を使用してデジタルアセットに自動的にタグ付けし、最も関連性の高いアセットを検索時に表示します。

ビジネス上の分類を認識するには、厳選されたAEMアセットとタグのセットでスマートコンテンツサービスのトレーニングをおこなう必要があります。 トレーニングが終わると、サービスは類似のアセットセットにこれらのタグを適用できます。

スマートコンテンツサービスは、Adobe Senseiプラットフォームを活用して、ビジネス上の分類に基づいて画像認識アルゴリズムのトレーニングをおこなうことができます。 このコンテンツインテリジェンスを利用して、類似のアセットに関連性の高いタグが付加されます。

主な改善点

スマートコンテンツサービスには、次の主な改善点が含まれています。

  • アルゴリズムの最適化により、モデルの精度と再現率の値をさらに向上
  • クラスタリングと接続に関する問題が修正され、サービスの堅牢性が向上しました。

製品のアクセスとサポート(制限付きサイト)

以下のサイトは既存ユーザーのみが参照できます。アクセス権を必要とするお客様は、アドビのアカウントマネージャーにご連絡ください。

このページ