スマートコンテンツサービスリリースノート

スマートコンテンツサービスの概要とサービスに関する既知の問題です。

組織では、従業員、パートナー、および顧客がデジタルアセットを参照および検索する際に使用する分類に基づいてデジタルアセットをタグ付けする必要があります。 汎用タグと比較して、ビジネス上の分類に基づいてタグ付けされたアセットは、タグベースの検索で、より簡単に識別および取得できます。

スマートコンテンツサービスは、AEM Assetsのビジネス上の分類を使用してデジタルアセットに自動的にタグ付けし、最も関連性の高いアセットを検索時に表示します。

ビジネス上の分類を認識するために、厳選されたAEMアセットとタグのセットに基づいてスマートコンテンツサービスのトレーニングをおこなう必要があります。 トレーニングが完了すると、サービスはこれらのタグを類似のアセットセットに適用できます。

スマートコンテンツサービスは、Adobe Senseiプラットフォームを利用して、ビジネス上の分類に基づいて画像認識アルゴリズムをトレーニングできます。 このコンテンツインテリジェンスを利用して、類似のアセットに関連性の高いタグが付加されます。

主な改善点

スマートコンテンツサービスには、次の主な改善点が含まれています。

  • モデルの精度、再現率の値をさらに改善するアルゴリズムの最適化
  • テナントレベルのすべてのタグに対するモデルトレーニングのリセットのサポート
  • 競合を回避するための拡張スマートタグ名前空間のサポート
  • 再トレーニングによる劣化を回避する新しいモデル交換ポリシー
  • サービス使用のテナントごとの監視
  • クラスタリングと接続に関する問題が修正され、サービスの堅牢性が向上しました。

修正された問題

このリリースでは、次の問題が修正されました。

  • MySQLサーバーに接続できない場合、タグ付けおよびトレーニングワークフローのワーカープロセスは終了します。 CQ-4242886

  • 精度のバイアススコアは正しく計算されません。 CQ-4241797

  • モデルのPR計算が正しくありません。 CQ-4241381

  • トレーニングワークフローで、キューからアセットを処理する際にサンプルアセットが失われるCQ-4240901

  • 精度の再現の改善。 CQ-4239895

  • モデル交換ポリシー。 CQ-4239886

  • 男性用シャツの画像には、女性用ジャケットタグが付いています。 CQ-4239650

  • トレーニング例は、ステージのデプロイメントでは見逃されています。 CQ-4239483

  • トレーニングジョブの検証は、トレーニング用に送信された一連のアセットに対しておこなわれる必要があります。 CQ-4238834

  • タグに対して最小の肯定的/否定が存在する場合でも、負のフォージングではモデルの作成が失敗します。 CQ-4240741

  • トレーナーログの負のフォーレージに対して、誤ったエントリが存在する。 CQ-4240738

  • トレーニング用に送信されたタグが互いにランダムな否定である場合の、初回トレーニングの問題。 CQ-4240118

  • ログを即応化して、テナントごとのサービス使用状況を監視します。 CQ-4239781

言語

スマートコンテンツサービスは、次のロケールで使用できます。

  • 英語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • スペイン語
  • イタリア語
  • ポルトガル語
  • 日本語
  • 簡体字中国語
  • 韓国語

製品のアクセスとサポート(制限付きサイト)

以下のサイトは既存ユーザーのみが参照できます。アクセス権を必要とするお客様は、アドビのアカウントマネージャーにご連絡ください。

このページ