AEM Forms

この節では、AEM 6.4 Forms リリースの重要な機能について説明します。すべての新機能の詳細な説明については、AEM 6.4 Forms の新機能および機能強化の概要を参照してください。

マルチチャネルのインタラクティブコミュニケーション

  • 印刷チャネルと Web チャネルに対応した統合マルチチャネルオーサリングインターフェイス
  • ビジネスユーザーにわかりやすいドラッグアンドドロップベースの WYSIWYG オーサリング
  • 統合されたアセットリポジトリ、標準コンポーネントおよびデータモデル
  • 印刷チャネルと Web チャネルの両方に共通したドキュメントフラグメントで労力を削減
  • 印刷チャネルから Web チャネル コンテンツを自動生成可能
  • 一貫性のあるスタイル設定とブランディングを提供するテーマをサポート
  • 機能強化されたエージェントインターフェイスで印刷チャネルと Web チャネルの両方をサポート
  • コミュニケーションでの豊富なデータ視覚化を可能にするグラフ
  • フォームデータモデルによりコミュニケーションでバックエンドデータの統合を標準でサポート
  • ドキュメントフラグメントでフォームデータモデル要素を使用可能
  • 互換性パッケージでお客様の文字ディクショナリとデータディクショナリのアップグレードをサポート

データ統合の機能強化

  • データソースなしにフォームデータモデルを作成可能
  • フォームデータモデルへのデータソースの遅延バインドで、フォーム作成者やインタラクティブコミュニケーション作成者のデータソースへの依存を回避
  • 既存のフォームデータモデルにエンティティやプロパティを作成し、後でデータソースにバインド可能
  • フォームデータモデルエンティティのデータに対してルールを使用してプロパティを計算しフォームやコミュニケーションで使用
  • 開発中にフォームやドキュメントのプレビューに役立つサンプルデータを生成し、フォームデータモデルに関連付けることが可能
  • フォームデータモデルのデータソース定義を更新してバックエンドデータソースの変更を反映
  • タッチ UI インターフェイスを利用してデータソース設定を実行

ワークフローの最新化とモバイル作業のサポート

  • ワークフローモデルを設計するためのタッチインターフェイス
  • ワークフロー手順からフォームデータモデルの操作を呼び出し可能
  • 電子メールワークフロー手順で電子メールを容易に送信可能
  • フォームデータモデルを持つアダプティブフォームを AEM Forms アプリでサポート
  • 遅延読み込みされたフラグメントを持つアダプティブフォームを AEM Forms アプリで使用

フラグメントの遅延読み込みのサポート強化

  • 遅延読み込みされたフォームフラグメントで添付ファイルおよび利用条件コンポーネントを使用可能
  • 遅延読み込みされたアダプティブフォームフラグメントを繰り返し可能なパネル内でサポート

LiveCycle から Experience Manager Forms 6.4 への直接アップグレード

  • LiveCycle ES4 から AEM 6.4 Forms JEE への直接アップグレード

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now