CRX2OAK 移行ツール

変更点と修正点のリスト

1.8.6(2018年6月)

  • OAK-7339 LoopbackBlobStoreを導入することで、MissingBlobStoreでUnsupportedOperationExceptionで障害が発生するすべてのサイドデレイを修正しました。
  • Oak 1.8.4の使用

1.8.4(2018年4月)

  • Oakバージョン1.8.2の使用

  • GRANITE-18104 6.3から6.4へのリポジトリ移行エラーは、より意味のあるものにする必要がある

  • GRANITE-16571 SHA-1の使用の置き換え

    • —versionオプションを使用する場合、ツールチェックサムがSHA-512になりました。
  • GRANITE-17601 oak-blob-cloudを使用したCRX2Oakでのoak-upgradeの埋め込み

  • GRANITE-18553 crx2oakは、バージョンが移行されない場合でも、バージョンプロパティをノードに残します。

バージョン1.6.8(2017年3月)

  • Oakバージョンを1.6.1に更新しました
  • CQ-61847 crx2oak-quickstart-extensionとcrx2oakの統合(移行プロファイルの追加)
  • CQ-97488 AEM 実行モードのプロモートおよびドロップ(sling.options.file の書き直しによる)
  • GRANITE-12798/OAK-4260 OakセグメントからOakセグメントTarへのサイドグレード機能

バージョン1.4.2(2016年3月)

  • Oak バージョン 1.4.1 へのアップグレード
  • OAK-3846/GRANITE-10748 SNS ノードがノードタイプ制約に違反している場合は名前を変更する
  • OAK-3910/GRANITE-10730 バージョン履歴のない mix:versionable から継承されるノードの移行
  • OAK-4128/GRANITE-11757 RepositorySidegrade でルートのノードプロパティがコピーされない

バージョン1.3.4(2016年1月)

  • Oak バージョン 1.3.16 へのアップグレード
  • OAK-3844/GRANITE-10730 バージョン履歴のないバージョン管理可能なノードのサポートの強化
  • OAK-3846 SNS ノードがノードタイプ制約に違反している場合は名前を変更する

バージョン1.3.2(2015年12月)

  • Oak バージョン 1.3.12 へのアップグレード
  • 移行後にデータストアディレクトリを移動しないこと(GRANITE-10447)
  • crx2oak-quickstart-extension と crx2oak の統合(CQ-61847)
  • リポジトリにある重複値が原因で crx2oak がエラーになる(CQ-61906)
  • CQ 5.x から移行後に AEM の起動時間が長い(GRANITE-10309)
  • crx2oak での複数の LDAP サーバーのサポート(GRANITE-9917)
  • ノード名の最大長チェックを適用する(OAK-3111)
  • 移行のソースとして S3DataSource をサポート(OAK-3685)

このページ