AEM Mobile 使用の手引き

メモ

単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報を参照してください。

注意

AEM 6.2 または 6.3 から AEM 6.4 に移行する既存の AEM Mobile アプリユーザーは、PackageShare からパッケージをダウンロードすれば、AEM Mobile アプリを引き続き使用できます。ただし、AEM 6.4 の新規インストールは、AEM Mobile アプリ機能をサポートしていません。

Adobe Experience Manager(AEM)Mobileは、AEM Assets、Sites、Screens、Workflow、User Manager、CommerceおよびFormsも活用する、Adobe Experience Managerのマルチチャネルデジタルプラットフォームの一部です。 AEM Mobile では非常に柔軟なデプロイメントが可能で、様々なコンテンツソースを利用できます。

AEM Mobile では、複数の方法でアプリを作成できます。以下の 3 つの方法でアプリを作成できます。

メモ

Adobe Experience Managerを初めて使用する場合は、AEMの概要を参照してください。

このページ