AEMAdobe PhoneGap

メモ

単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報

AEM を PhoneGap と連携し、AEM ページを使用してアプリを簡単に作成できます。PhoneGap と連携することで、そのコンテンツを利用するユーティリティアプリを作成できます。コンテンツ同期を使用すると、アプリにバンドルするページのバージョン管理されたアーカイブを作成できます。

通常、AEM管理者​は、新しいアプリをAEM Mobileカタログに追加する責任を負います。新しいアプリを追加するには、作成ウィザードを使用して作成するか、既存のアプリを読み込みます。

ここから、AEM Author(または​Marketer)は、標準搭載されたテンプレートやコンポーネントを使用して、ページの追加や編集、コンポーネントのドラッグ&ドロップ、DAMからのすべてのタイプのメディアの追加が可能になります。

熟練した AEM開発者​は、カスタムのWebテンプレートやコンポーネントを拡張して作成し、AEM Author​で美しく魅力的なモバイルエクスペリエンスを作り出せるのが、AEM Mobileの本当の力です。 これらのテンプレートとコンポーネントは、モバイルアプリの世界向けに最適化されているだけではありません。ただし、デバイスとAEMサーバ(任意のリモートサーバ)の両方に対して、オムニチャネルサービスエンドポイントと通信します。

メモ

アプリの準備が整ったら、AEM 作成者は、まず、レビューおよび承認用に、Adobe Verify(AppStore でも Play Store でも入手可能)で関係者にアプリをダウンロードしてもらうことができます。**​緑の信号を受け取ると、この新しいコンテンツや更新されたコンテンツを、AEM MobileのContentSyncコンテンツリリース管理ダッシュボードを使用してユーザに直接公開できます。 各個人の能力とガバナンスポリシーに合わせて、1 人のユーザーが任意の数の役割を担うことができます。

前提条件

AEM Mobile は、完全な AEM プラットフォームを構成する 1 つの柱に過ぎません。

AEM Mobile を操作して、この使用の手引きに記載された手順を実行する前に、ユーザーは AEM および AEM Mobile コントロールセンターについて十分に理解しておく必要があります。次のページを参照してください。

AEM 使用の手引き

AEM Mobileコントロールセンターのウォークスルー

作成者の役割と責任について詳しくは、AEM](/docs/experience-manager-64/mobile/phonegap.html?lang=ja)での[Adobe PhoneGap企業向けのオーサリングを参照してください。

AEM Mobile と統合でき、開発者がカスタマイズできるサンプルアプリケーションがあります。AEM での Adobe PhoneGap Enterprise の開発を参照してください。

以降の章では、アプリケーションのホワイトラベリング、ローカリゼーション、国際化対応、コンテンツ同期、ターゲット設定、解析などの高度な概念について説明します。

モバイルアプリケーションの設定と管理については、『AEM](/docs/experience-manager-64/mobile/administer-phonegap.html?lang=ja)を使用したAdobe PhoneGapエンタープライズ向けコンテンツの管理』を参照してください。[

メモ

ハイブリッドモバイルテクノロジーを使用すると、AEM Mobileと​オフラインおよびオンライン​を実行するリッチモバイルアプリを作成できます。多くのお客様は、オンラインまたはオフラインの時に確認し、適切に動作するアプリを作成します。

このページ