AEM PhoneGap の起動

メモ

単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報を参照してください。

開発者にとって最も良いのは、githubのAdobe Experience Manager Mobile Starterkitを見てみることです

https://github.com/Adobe-Marketing-Cloud-Apps/aem-phonegap-starter-kit

このスターターキットでは、プロジェクトの作成と管理、必要なツールのインストール、Maven アーキタイプの定義、ビルド、デプロイ、独自機能の作成など、AEM Mobile 開発の基礎知識を迅速に習得できます。

開発者は、このサンプルを基に、PhoneGap を使用した AEM Mobile アプリケーションを開発できます。スターターキットおよび参照アプリケーションを使用して学習することで、リッチなモバイルアプリケーションを作成するための基礎を確実に理解できます。

  • AEM PhoneGap Starter Kitを使用して、AEM Mobileカタログに適したアプリを作成します。
  • 既存のアプリをAEM Mobileに移行する場合も、新規に開始する場合も、AEM Mobileの新機能の多くを示す、完全なソースを持つ参照アプリが作成されました。
  • すべてのサンプルはGitHubにあります。https://github.com/Adobe-Marketing-Cloud-Appsを追加し、Mavenでプロジェクトをブートストラップする処理を含めます。
  • ほとんどの会議トークでは、Kitchen Sinkのチュートリアルを活用します。これはGithubでも見つけることができ、Apache Cordovaのネイティブ拡張機能の使用に焦点を当てています。
メモ

スターターキットに慣れる機会を得たら、Adobe Experience Manager のコンポーネントとテンプレートについて学ぶことが重要です。

テンプレートおよびコンポーネント

AEM テンプレート​と​コンポーネント​を使用すると、ビジネスオーナーはカスタムエクスペリエンスを作成できます。 テンプレートと​コンポーネント​は、両方とも標準で提供されています。または、既存のコンポーネントを拡張するか、グリーンフィールド(詳細)を作成することで、開発者がカスタム開発できます。 テンプレートとコン ポーネントを使用すると、AEMオーサーがドラッグ&ドロップして、魅力的で関連性の高いエクスペリエンスを作成できます。

  1. コンポーネントの作成
  2. テンプレートの作成

以上の 2 つの手順を確実に理解したら、次の各ページを参照してください。

  1. AEM Mobile アプリの構造
  2. AEM Mobile アプリの詳細な構造
  3. 既存のアプリの AEM Mobile 対応

次の手順

  1. AEM Mobile アプリを使ってみる
  2. アプリのコンテンツを管理する
  3. アプリケーションをビルドする
  4. Adobe Mobile Analytics でアプリケーションのパフォーマンスをトラッキングする
  5. Adobe Target でパーソナライズされたアプリケーションエクスペリエンスを提供する
  6. 重要なメッセージをユーザーに送信する

このページ