共有リソースの書き出し設定の作成

メモ

単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報

注意

前提条件

共有リソースの作成と変更について詳しくは、コンテンツの同期を参照して、基本的な概念を理解してください。

AEM Mobile のユーザーは、コンテンツ同期を使用して、ライブコンテンツをモバイルアプリ用の静的コンテンツとして書き出します。AEM Mobile からコンテンツを Mobile On-demand Services にアップロードしたときに書き出しがおこなわれます。

上の表で示した​dps-exportTemplate​プロパティは、アプリのエクスポート設定のパスを定義します。 共有リソースを作成および変更するには、このプロパティを設定します。

以下のリソースでは、Adobe Experience Manager(AEM)から共有リソースを書き出して AEM Mobile にアップロードする手順について説明しています。

共有HTMLリソースを使用すると、記事でHTMLリソースを共有できます。このHTMLリソースは、すべての記事で複製が必要になり、アイコン、フォント、javascript、cssを含むことができます。

<dps-exportTemplate>/dps-HTMLResources>​にあるコンテンツ同期の設定は、デバイスでのプロパティの静的レンダリングに必要な記事とすべてのコンテンツを書き出すように設定する必要があります。

注意

以下に示す手順を実行して、サンプルの共有リソースを表示できます。ただし、以下の条件が必要です。

  • サンプルコンテンツをインストールしていること
  • AEM インスタンスを実行していること
  • カスタムコンテキストや異なるポートを設定していないこと

サンプルの共有リソースを表示するには、以下の手順に従います。

  1. AEM サーバーで、CRXDE Lite を開きます。

  2. このパス​/etc/contentsync/templates/dps-we-unlimited-app/dps-HTMLResources​を参照して、サンプルの共有リソースを表示します。

    以下の図に示すように、共有リソースを作成するのに必要なすべてのプロパティを表示できます。

    chlimage_1-145

メモ

いずれかの共有リソースが変更された場合は、共有リソースを AEM Mobile On-demand Services にアップロードするか、書き出す必要があります。

このページ