AEM Mobile のコンテンツパーソナライゼーション

メモ

アドビは、シングルページアプリケーションフレームワークをベースにしたクライアント側のレンダリング(React など)を必要とするプロジェクトには SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報を参照してください。

メモ

このドキュメントは、 AEM Mobileの概要 ガイド (AEM Mobileリファレンスの出発点として推奨 )。

AEM Mobile のコンテンツパーソナライゼーション機能を使用すると、AEM 作成者は、Adobe Target を使用してモバイルアプリコンテンツをパーソナライズできます。これにより、ターゲットオファーをモバイルアプリケーションのユーザーに配信できます。Adobe Experience Manager Mobile には、個々の好みに合ったコンテンツをユーザーに提供する、コンテンツの作成、ターゲティングおよび配信機能が用意されています。

AEM ではよくあることですが、作成者がこれらのコンテンツの作成を開始するには、まず、管理者と開発者が環境を準備する必要があります。

AEM 管理者は、AEM Mobile と Adobe Target クラウドサービス間の接続を確立する必要があります。

一方、AEM Mobile 開発者は、ターゲットコンテンツのオーサリングを容易にするために、既存のスクリプトを変更する必要があります。

管理者向け

コンテンツ作成者がモバイルアプリ用のターゲットコンテンツの生成を開始できるようにするには、いくつかの手順をまとめる必要があります。ユーザーおよびグループに対する適切な権限のセットの取得、クラウドサービスの作成、アクティビティのアプリケーションの設定、最後にコンテンツの生成がおこなわれます。

この記事では、 AEM Mobile Hybrid Reference Application (ターゲティング用)

ここでは、AEM Mobile Hybrid Reference App が正常にデプロイされており、AEM Mobile ダッシュボードからアクセス可能であることを前提としています。

作成者がアプリケーション内でターゲットコンテンツを生成できるようにするには、AEM インスタンスに Adobe Target クラウドサービスを設定する必要があります。

権限

パーソナライゼーションコンソールへのアクセスを必要とするユーザーは、 target-activity-authors グループ化します。

ユーザーおよびグループのセットアップの一環として、target-activity-authors グループを apps-admins グループに追加することをお勧めします。target-activity-authors グループを追加すると、パーソナライゼーションのナビゲーションメニューエントリを表示できます。

メモ

パーソナライゼーション管理コンソールへのアクセス権を付与するユーザーまたはグループを target-activity-authors グループに追加し忘れると、パーソナライゼーションコンソールがユーザーに表示されません。

Cloud Services

モバイルアプリケーションでターゲットコンテンツを機能させるには、次の 2 つのサービスを設定する必要があります。Adobe Target Service と Mobile ServicesAdobe。 Adobe Targetサービスは、クライアントリクエストを処理し、パーソナライズされたコンテンツを返すためのエンジンを提供します。 AdobeMobile Services サービスは、AMS Cordova プラグインで使用される ADBMobileConfig.json ファイルを介して、Adobe サービスとモバイルアプリケーション間の接続を提供します。 AEM Mobile Dashboard から、2 つのサービスを追加してアプリケーションを設定できます。

AEM Mobile ダッシュボードで、「クラウドサービスを管理」を探し、+ ボタンをクリックします。

chlimage_1-38

クラウドサービスを追加ウィザードで、「Adobe Target」クラウドサービスカードを選択し、「次へ」をクリックします。

chlimage_1-39

「設定を選択」ドロップダウンでは、新しい設定を作成することも、既存の設定を選択することもできます。新しい設定を作成するには、ドロップダウンから「設定を作成」を選択します。 Target 設定のタイトルを入力します。 Target アカウントに関連付けられているクライアントコード、電子メール、およびパスワードを入力します。 これらのフィールドの値が不明な場合は、Adobe Targetサポートにお問い合わせください。 「検証」ボタンをクリックして、資格情報を検証します。検証が完了したら、「送信」ボタンをクリックしてクラウドサービスを作成します。

メモ

作成されたクラウドサービスは、ウィザードによって自動的にモバイルアプリケーションと関連付けられます。cq:cloudserviceconfigs プロパティ値は、 apps group ノードの jcr:content ノードで設定されます。 ハイブリッドアプリのサンプルの場合、 /content/mobileapps/hybrid-reference-app/jcr:content に設定され、自動生成されたフレームワークノードを指す値が/etc/cloudservices/testandtarget/adobe-target—aem-apps/framework に設定されます。 フレームワークノードには、デフォルトで設定される 2 つのプロパティ(gender および age)があります。フレームワークは AEM のプレビューのみで使用され、デバイスには影響しません。

ウィザードを完了すると、クラウドサービスを管理タイルに Target クラウドサービスが表示されますが、Adobe Mobile Services アカウントがないという警告が示されています。

chlimage_1-40

Adobe Mobile Services

Adobe Mobile Services(AMS)アカウントもアプリケーションにリンクする必要があります。AMS サービスは、Target クライアントコード情報を格納する必須の ADBMobileConfig.json ファイルを提供します。AMS アカウントとの関連付けを作成する前に、AMS に対する権限を持つユーザーが AMS アカウントを変更する必要があります。

クライアントコード

AMS サービスにログインするには、以下にアクセスします。 https://mobilemarketing.adobe.com、モバイルアプリケーションを選択し、「設定」をクリックします。 「 SDK Target オプション」フィールドを探し、フィールドにクライアントコードを配置して、「保存」をクリックします。

chlimage_1-41

クライアントコードをモバイルアプリケーションと関連付けると、Adobe Mobile ダッシュボードで AMS クラウドサービスを設定する際に、サービスの設定が ADBMobileConfig.json ファイルから提供されます。

Adobe Mobile Services クラウドサービス

AMS を設定したら、次は Adobe Mobile ダッシュボードでモバイルアプリケーションを関連付けます。AEM Mobile ダッシュボードで、「クラウドサービスを管理」を探し、+ ボタンをクリックします。

chlimage_1-42

「Adobe Mobile Services」カードを選択し、「次へ」をクリックします。

chlimage_1-43

「作成または選択」ウィザードステップで、「Mobile Service」ドロップダウンを選択し、「設定を作成」項目を選択します。タイトル、会社、ユーザー名、パスワードを入力し、適切なデータセンターを選択します。 これらの値が不明な場合は、AdobeMobile Service 管理者に問い合わせて取得してください。 すべてのフィールドに入力したら、「検証」ボタンをクリックします。 検証プロセスが AMS に移動し、アカウントの資格情報が検証されます。検証が成功すると、モバイルアプリケーションのリストが表示され、関連するモバイルアプリケーションをドロップダウンから選択します。 「送信」ボタンをクリックして、ウィザードを完了します。 このプロセスでは、設定データと、アプリケーションに関連する分析を取得するのに少し時間がかかる場合があります。 プロセスが完了したら、モーダルの「完了」ボタンをクリックして、「モバイルAdobe」ダッシュボードに戻ります。

Mobile ダッシュボードに戻ると、クラウドサービスを管理タイルに AMS クラウドサービスが表示されます。また、指標を分析タイルには、ライフサイクルレポートが表示されます。

chlimage_1-44

作成者向け

前提条件: 上述のように、作成者が新しいターゲットコンテンツを生成できるようにするには、管理者がAdobe Target Service への接続を設定する必要があります。

管理者が 2 つのクラウドサービスを設定し、開発者が mobileappoffers ハンドラーを設定したら、コンテンツ作成者はターゲットエクスペリエンスを生成できます。

AEM Mobile アプリ内でターゲットコンテンツをオーサリングする手順は、AEM Sites をオーサリングする手順に似ています。

以下に関する完全な概要については、こちらを参照してください: AEMでのターゲットコンテンツのオーサリング

開発者向け

モバイルアプリケーションをビルドする AEM 開発者は、コンポーネントの開発時に AEM 全体でよく使用されるパターンに常に従う必要があります。ここでは、コンテンツの作成者がターゲットコンテンツを作成できるようにするための手順について説明します。

Adobe Target コンテンツ同期ハンドラー

ユーザーのデバイスにコンテンツを配信するには、AEM コンテンツ作成者が作成したオファーをレンダリングすることにより、コンテンツを生成します。ターゲットオファーのレンダリングを処理するために、オファーを処理する新しいコンテンツ同期ハンドラーが追加されました。 Hybrid Reference Application をサンプルとして使用すると、en(英語)コンテンツパッケージには、 mobileappoffers ハンドラ オファーをデバイスにレンダリングするには、次の手順が非常に重要です。mobileappoffers ハンドラーには、アプリケーションに使用されるパーソナライゼーションアクティビティへのパスを識別する path プロパティがあります。

例えば、次の場所にあるアクティビティがある場合、 /content/campaigns/hybridref このパスをコピーし、値として パス mobileappoffers ハンドラーのプロパティ。

メモ

Hybrid Reference App の場合、2 つの mobileappoffers ハンドラーがあり、1 つは開発用、もう 1 つは実稼動用です。

mobileappoffers ハンドラーの path プロパティでアクティビティのパスを設定したら、ハンドラーを保存します。これで、ハンドラーは、モバイルデバイス用のオファーのレンダリングを開始する準備が整いました。

レンダリングモード

パブリッシュセットアップと開発セットアップでは、mobileappoffers ハンドラーの設定が異なります。パブリッシュ設定の場合、という名前のプロパティがあります。 renderMode 値を 公開 cq:ContentSyncConfig ノードで設定します。 mobileappoffers ハンドラーは renderMode を参照し、publish に設定されている場合、作成される mbox ID を変更します。 デフォルトでは、AEMで作成された mbox には、mbox ID に —author 値が追加されます。 これは、アクティビティが公開されておらず、オファーの解決に未公開のキャンペーンを使用する必要があることを示します。

Adobe Mobile ダッシュボードでコンテンツがステージングされると、ステージングされたコンテンツは、実稼動の準備ができたコンテンツとみなされ、開発用でないコンテンツ同期設定を使用してレンダリングされます。この方法でレンダリングすると、—author がすべての mbox ID から削除され、公開済みのアクティビティが Target サーバーで使用できるようになります。 ステージングされたコンテンツをテストする前に、アクティビティが公開されていることを確認します。

パーソナライゼーションアプリの開発

コンポーネント

コンテンツの基盤となるのは通常、HTL と JSP のどちらを使用するかに応じて、wcm/foundation/components/page または foundation/components/page のいずれかの基本 AEM ページコンポーネントを拡張するページコンポーネントです。これらの手順の継続時間は、 wcm/foundation/components/page コンポーネントの使用に焦点を当てます。 ページコンポーネントの基本的な構造は複数のスクリプトに分類され、各スクリプトは、開発者が必要に応じてコードを整理および上書きできるようにする具体的な目的を提供します。 パーソナライゼーションに関心のある 2 つのスクリプトは、head.html と body.html です。 この 2 つのスクリプトには、Context Hub、Cloud Servicesおよびモバイルオーサリングをサポートするためにコードを挿入できる領域が用意されています。

次に、コンテンツターゲットを有効にするために使用される 2 つの主要なスクリプトの概要を示します。

head.html

作成者がコンテンツターゲット機能を使用するには、ターゲットメニューをページに追加して、作成者が編集モードからターゲティングモードにコンテキストを変更できるようにする必要があります。この機能を有効にするには、開発者は head.html スクリプトを変更して、次のコードスニペットを head.html の上部または <title></title> 要素をできるだけ短くします。

<meta data-sly-test="${!wcmmode.disabled}">
    <div data-sly-call="${clientLib.all @ categories='personalization.kernel'}" data-sly-unwrap></div>
    <div data-sly-resource="${'config' @ resourceType='cq/personalization/components/clientcontext_optimized/config'}" data-sly-unwrap></div>
    <div data-sly-resource="${'contexthub' @ resourceType='granite/contexthub/components/contexthub'}" data-sly-unwrap></div>
</meta>
メモ

WCM モードが無効になっている場合は(詳しくは、「コンテンツ同期ハンドラー」の節を参照)、最終的なアプリケーションコードにこのスクリプトが含まれないように、WCM モードが無効になっていない場合にのみ、スクリプトを挿入する必要がある点に注意してください。

作成者がターゲットコンテンツをプレビューする機能を使用するには、エディターで Adobe Target クラウドサービスの設定を検索できるようにする必要があります。以下のコードブロックに、2 つの重要なスクリプトを追加します。 最初に、ページが関連する Target クラウドサービスを検索し、Adobe Targetへの呼び出しをおこなう機能を追加します。 2 つ目は、 cq.apps.targeting カテゴリの追加です。

この cq.apps.targeting カテゴリは、デフォルトの cq/personalization/component/target コンポーネントをオーバーライドし、モバイルアプリケーションの使用に特化したオファーをレンダリングする mobileapps/components/target コンポーネントを使用します。 詳しくは、「ターゲットコンポーネント」の節で説明します。

コードは、head.html に追加し、 </head> 要素。

<div data-sly-test="${!wcmmode.disabled}">
    <div data-sly-include="/libs/cq/cloudserviceconfigs/components/servicelibs/servicelibs.jsp" data-sly-unwrap></div>
    <meta data-sly-call="${clientLib.all @ categories='cq.apps.targeting'}" data-sly-unwrap></meta>
</div>
メモ

このコードブロックは、無効になっていない WCM モード内にラップされ、コンテンツ作成者がコンテンツを作成している間のみ機能する点に注意してください。クラウドサービスのスクリプトは、生成されたモバイルランタイムコードに追加されません。

body.html

コンテンツ作成者がさまざまなペルソナをテストできるようにするには、次のコードブロックを body 要素の最初の子として body.html スクリプトに挿入する必要があります。

<div data-sly-test="${!wcmmode.disabled}">
    <div data-sly-resource="${'clientcontext' @ resourceType='cq/personalization/components/clientcontext_optimized'}" data-sly-unwrap></div>
</div>

必要な最後のコードは、body.html の一番下に配置します。このコードビットは、関連するクラウドサービスを探し、適切なターゲティングエンジンコードを挿入します。

<div data-sly-test="${!wcmmode.disabled}">
    <div data-sly-resource="${'cloudservices' @ resourceType='cq/cloudserviceconfigs/components/servicecomponents'}" data-sly-unwrap></div>
</div>

参照アプリケーション

head.html と body.html の例については、 AEM Mobile Hybrid Reference Application 2 つのスクリプト内のどこにスクリプトブロックを配置するかを開発者に示す

コンテンツ同期ハンドラー

コンテンツ作成者がモバイルアプリケーション向けのコンテンツの作成を完了したら、次の手順では、ソースをダウンロードしてアプリケーションをビルドします。つまり、コンテンツを公開するためにステージングします。開発者は、このための多くの手順に関与しています。コンテンツをレンダリングできるように、AEM Mobile では、コンテンツ同期ハンドラーを使用して、コンテンツのレンダリングとパッケージ化が行われます。パーソナライゼーションの使用例でターゲットコンテンツをレンダリングするために、新しいコンテンツ同期ハンドラーが導入されています。「mobileappoffers」ハンドラーは、コンテンツ作成者が作成した関連するターゲットオファーをレンダリングする方法を認識しています。 mobileappoffers ハンドラーは抽象ページ更新ハンドラーを拡張したので、多くのプロパティは類似しています。 mobileappoffers ハンドラーの詳細には、次のプロパティがあります。

プロパティ 説明
rewrite + relativeParentPath

- "/"

rewrite プロパティは、コンテンツ内のパスを書き換える方法を指定します。
includedPageTypes

「cq/personalization/components/teaserpage」、

「cq/personalization/components/offerproxy」

includePageTypes プロパティはオプションであり、デフォルトは、リソースタイプが cq/personalization/components/teaserpage および cq/personalization/components/offerproxy のページです。これら 2 つのリソースタイプは、コンテンツのターゲット設定時に使用されるデフォルトのリソースタイプです。 追加のリソースタイプをサポートする必要がある場合は、includePageTypes のリストに追加する必要があります。
locationRoot /content/mobileapps/<アプリ> アプリの場所です。
type mobileappoffers mobileappoffers であるハンドラーの名前です。
selector tandt tandt セレクターを使用して、ターゲットコンテンツがレンダリングされます。
targetRootDirectory www レンダリングされるコンテンツが格納されているルートディレクトリです。
includeImages true | false true の場合、オファーに含まれるすべての画像がレンダリングされます。false の場合、画像はスキップされます。
includeVideos true | false true の場合、オファーに含まれるすべてのビデオがレンダリングされます。false の場合、ビデオはスキップされます。
path /content/campaigns/<ブランド> オファーが属するキャンペーンのブランドを指します。現在、すべてのオファーは同じキャンペーンから取得される必要があります。
deep true | false true の場合、すべての子ページが再帰的にレンダリングされます。false の場合は、再帰的にレンダリングされません。
extension html レンダリングされるリソースの拡張子を設定します。ページの拡張子が.html になるように html に設定します。
メモ

この AEM Mobile Hybrid Reference App には、デフォルトの mobileappoffer ハンドラーの設定があります。 サンプルのパスプロパティは、キャンペーンの場所に依存するので、空です。 キャンペーン作成者がキャンペーンを作成したら、アプリ管理者は、キャンペーンを指すパスプロパティを指定して、キャンペーンをハンドラーに関連付ける必要があります。

ターゲットコンポーネント

モバイルアプリケーション専用のコンテンツをレンダリングするために、AEM Mobile では mobileapps/components/target コンポーネントが使用されます。モバイルターゲットコンポーネントは、cq/personalization/components/target コンポーネントを拡張し、 engine_tnt.jsp スクリプトをオーバーライドします。 engine_tnt.jsp を上書きすると、AEM Mobileはモバイルアプリの使用例で生成されたHTMLを制御できます。 コンテンツ作成者がターゲットとするすべてのコンポーネントに対して、関連する mbox が engine_tnt.jsp によって作成されます。

mbox ごとに、 cq-targeting が追加され、アプリケーション開発者は、使用するカスタムコードを好みに応じて作成し、使用できます。 この AEM Mobile Hybrid Reference App には、cq-targeting 属性を使用するAngularディレクティブの例があります。 コンテンツの置き換えの概念と実行方法は、モバイルアプリケーションの開発者次第です。 AEM /etc/clientlibs/mobileapps/js/mobileapps.js経由で配信される Mobile SDK で、Adobeターゲティングサービスを呼び出す API を提供します。 アプリケーションのデザインに従って呼び出しをおこなうタイミングを指定するのは、アプリケーション開発者次第です。

次の手順?

  1. AEM Mobile アプリを使ってみる
  2. アプリのコンテンツを管理する
  3. アプリケーションをビルドする
  4. Adobe Mobile Analytics でアプリケーションのパフォーマンスをトラッキングする
  5. Adobe Target でパーソナライズされたアプリケーションエクスペリエンスを提供する
  6. 重要なメッセージをユーザーに送信する

このページ