フォームポータルコンポーネントの有効化

デフォルトでは、フォームポータルコンポーネントは使用できません。AEM サイドキックで使用可能なコンポーネントのリストにコンポーネントを表示するには、次の手順を実行します。

  1. Web サイトのオーサーインスタンスにログインし、AEM Sites ページを開きます。

  2. 静的テンプレートを使用するページでは、次の手順を実行します。

    1. ページのヘッダーで、canvas-drop-down>Design をタップすると、デザインモードでページが表示されます。
    2. 任意の(青色の境界線の付いている)コンポーネントをタップしてから「フィールドレベル」をタップし、現在のコンポーネントが含まれている段落システムを選択します。
    3. 段落システムで「settings_icon」をタップして段落システムの編集ダイアログを開きます。
    4. 許可されたコンポーネント​のリストから、Document Services コンポーネントと Document Services Predicates コンポーネントのチェックボックスをオンにします。「OK」をタップします。
  3. 動的テンプレートを使用するページでは、次の手順を実行します。

    1. ページのヘッダーで、「プロパティ>テンプレートの編集」の順にタップしてページのテンプレートを開きます。
    2. レイアウトコンテナ」と「FeedManagement」をタップします。「許可されたコンポーネント」タブで「Document Services」オプションと「Document Service Predicates」オプションを有効にして「aem_6_3_forms_save」をタップします。
メモ

また、コンポーネントを選択して、これらのカテゴリから特定のコンポーネントを有効にすることもできます。コンポーネントとその使用方法について詳しくは、「フォームポータルページの作成」と「ページでのリンクコンポーネントの埋め込み」を参照してください。

これで、コンポーネントブラウザーで Document Services コンポーネントカテゴリと Document Services Predicates コンポーネントカテゴリを使用できるようになります。コンポーネントは、同じテンプレートを使用するすべてのページで有効になります。

関連記事

このページ