追跡テーブルのカスタマイズ

AEM Formsのワークスペースの「追跡」タブは、ログインしたユーザーが関与するプロセスインスタンスの詳細を表示するために使用されます。 追跡テーブルを表示するには、最初に左ペインでプロセス名を選択して中央ペインでインスタンスのリストを表示します。プロセスインスタンスを選択すると、このインスタンスによって生成されたタスクのテーブルが右ペインに表示されます。デフォルトで、テーブル列に以下のタスク属性が表示されます(タスクモデルの対応する属性は括弧内に表示)。

  • ID ( taskId)
  • 名前 ( stepName)
  • 説明 ( instructions)
  • 選択されたアクション ( selectedRoute)
  • 作成時刻(createTime)
  • 完了時間(completeTime)
  • 所有者 ( currentAssignment.queueOwner)

タスクテーブルに表示できるタスクモデルの残りの属性を以下に示します。

actionInstanceId

isOpenFullScreen

reminderCount

classOfTask

isOwner

routeList

consultGroupId

isRouteSelectionRequired

savedFormCount

contentType

isShowAttachments

serializedImageTicket

createTime

isStartTask

serviceName

creationId

isVisible

serviceTitle

currentAssignment

nextReminder

showACLActions

deadline

numForms

showDirectActions

description

numFormsToBeSaved

status

displayName

outOfOfficeUserId

summaryUrl

forwardGroupId

outOfOfficeUserName

supportsSave

isApprovalUI

priority

taskACL

isCustomUI

processInstanceId

taskFormType

isDefaultImage

processInstanceStatus

taskUserInfo

isLocked

processVariables

isMustOpenToComplete

readerSubmitOptions

以下のタスクテーブルのカスタマイズの場合は、ソースコードでセマンティックの変更を行う必要があります。Workspace SDKを使用してセマンティックの変更を行い、変更されたソースから縮小パッケージを構築する方法については、「AEM Formsワークスペースのカスタマイズの概要」を参照してください。

テーブル列と順序の変更

  1. テーブルに表示されたタスク属性とそれらの順序を変更するには、ファイル /ws/js/runtime/templates/processinstancehistory.html を設定します。

    <table>
        <thead>
            <tr>
                <!-- put the column headings in order here, for example-->
                <th><%= $.t('history.fixedTaskTableHeader.taskName')%></th>
                <th><%= $.t('history.fixedTaskTableHeader.taskInstructions')%></th>
                <th><%= $.t('history.fixedTaskTableHeader.taskRoute')%></th>
                <th><%= $.t('history.fixedTaskTableHeader.taskCreateTime')%></th>
                <th><%= $.t('history.fixedTaskTableHeader.taskCompleteTime')%></th>
            </tr>
        </thead>
    </table>
    
    <table>
        <tbody>
            <%_.each(obj, function(task){%>
            <tr>
                <!-- Put the task attributes in the order of headings, for example -->
                <td><%= task.stepName %></td>
                <td><%= task.instructions %></td>
                <td><%= !task.selectedRoute?'':(task.selectedRoute=='null'?'Default':task.selectedRoute) %></td>
                <td><%= task.createTime?task.formattedCreateTime:'' %></td>
                <td><%= task.completeTime? task.formattedCompleteTime:'' %></td>
            </tr>
            <%});%>
        </tbody>
    </table>
    

追跡テーブルの並べ替え

列の見出しをクリックするときにタスクリストテーブルを並べ替えるには:

  1. ファイルjs/runtime/views/processinstancehistory.js内の.fixedTaskTableHeader thに対するクリックハンドラーを登録します。

    events: {
        //other handlers
        "click .fixedTaskTableHeader th": "onTaskTableHeaderClick",
        //other handlers
    }
    

    ハンドラーで、js/runtime/util/history.jsonTaskTableHeaderClick関数を呼び出します。

    onTaskTableHeaderClick: function (event) {
            history.onTaskTableHeaderClick(event);
    }
    
  2. TaskTableHeaderClickメソッドをjs/runtime/util/history.jsに公開します。

    メソッドはクリックイベントからタスク属性を検索し、その属性のタスクリストを並べ替えて、並べ替えられたタスクリストでタスクテーブルをレンダリングします。

    並べ替えは、比較関数を指定することによって、タスクリストコレクションの Backbone 並べ替え関数を使用して行われます。

        return {
            //other methods
            onTaskTableHeaderClick  : onTaskTableHeaderClick,
            //other methods
        };
    
    onTaskTableHeaderClick = function (event) {
            var target = $(event.target),
             comparator,
                attribute;
            if(target.hasClass('taskName')){
             attribute = 'stepName';
            } else if(target.hasClass('taskInstructions')){
                attribute = 'instructions'; 
            } else if(target.hasClass('taskRoute')){
                attribute = 'selectedRoute'; 
            } else if(target.hasClass('taskCreateTime')){
                attribute = 'createTime'; 
            } else if(target.hasClass('taskCompleteTime')){
                attribute = 'completeTime'; 
            }
            taskList.comparator = function (task) {
             return task.get(attribute);
            };
            taskList.sort();
            render();
        };
    

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free