ユーザーアバターの表示

ログインユーザーのアバターは、AEM Forms Workspace の右上隅に表示されます。また、組織階層の直接レポートのアバターはマネージャービューに表示されます。AEM Formsワークスペースを設定して、データベースからユーザー画像(LDAPサーバーなど)を選択できます。

メモ

サポートされているユーザー画像の縦横比は 1:1 です。

  1. 次の手順に記載されている説明を使用して DSC を作成します。詳しくは、『AEM Formsでのプログラミング』ガイドの「AEM Formsのコンポーネントの開発」トピックを参照してください。

  2. DSC で getCurrentUserImageUrl と getUserImageUrl メソッドを公開する新しい SPI を定義して、AEM Forms ユーザーの画像 URL を取得します。Java™ コードスニペットのサンプルを以下に示します。

    public class DemoUserImageURLProviderService { 
      public String getCurrentUserImageUrl() 
      { 
         // return the URL for profile Image of logged in user 
      } 
      public String getUserImageUrl(String principalOid) 
      { 
          // return the URL for profile Image for user represented by this principal Oid 
       } 
    }
    
  3. component.xml ファイルを作成します。spec-id が以下に表示されているコードスニペットと同じであることを確認します。

    以下にサンプルのコードスニペットを示します。特定の要件に合うようにカスタマイズします。

    <component xmlns="https://adobe.com/idp/dsc/component/document"> 
        <component-id>com.adobe.sample.DemoUsersComponent</component-id> 
        <version>1.1</version> 
        <supports-export>false</supports-export> 
        <descriptor-class>com.adobe.idp.dsc.component.impl.DefaultPOJODescriptorImpl</descriptor-class> 
        <services> 
            <service name="DemoUserImageURLProviderService" title="Demo User ImageURL provider service" orchestrateable="false"> 
            <auto-deploy service-id="DemoUserImageURLProviderService" category-id="Demo Users Component DSC" major-version="1" minor-version="0" /> 
            <description>Service for resolving user image url.</description> 
             <specifications> 
             <specification spec-id="com.adobe.idp.taskmanager.dsc.enterprise.UserImageUrlProvider"/> 
             </specifications> 
            <specification-version>1.0</specification-version> 
            <implementation-class>com.adobe.sample.demousers.DemoUserImageURLProviderService</implementation-class> 
            <request-processing-strategy>single_instance</request-processing-strategy> 
            <supported-connectors>default</supported-connectors> 
            <operation-config> 
                <operation-name>*</operation-name> 
                <transaction-type>Container</transaction-type> 
                <transaction-propagation>supports</transaction-propagation> 
                <!--transaction-timeout>3000</transaction-timeout--> 
            </operation-config> 
            <operations> 
                <operation anonymous-access="false" name="getCurrentUserImageUrl" method="getCurrentUserImageUrl"> 
                    <output-parameter name="result" type="java.lang.String"/> 
                </operation> 
                <operation anonymous-access="false" name="getUserImageUrl" 
    method="getUserImageUrl"> 
                <input-parameter name="principalOid" type="java.lang.String"/> 
                <output-parameter name="result" type="java.lang.String"/> 
                </operation> 
            </operations> 
            </service> 
        </services>
    </component>
    
  4. Workbench を介して DSC をデプロイします。ProcessManagementClientSessionServiceサービスを再起動します。

  5. ブラウザを更新するか、またはユーザーとログアウトして再度ログインする必要がある場合があります。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now