AEM 6.4 Forms へのアップグレード

AEM 6.4 Forms には、いくつかの新機能と機能強化が導入されています。これにより、フォームと通信の作成、管理、ユーザーエクスペリエンスが簡素化されます。AEM 6.4 Forms のすべての新機能と機能強化については、新機能の概要についてのドキュメントを参照してください。

既存の LiveCycle または AEM Forms のインストール環境をアップグレードすると、AEM 6.4 Forms に導入された新機能と機能強化を使用できるようになります。既存のデータ、プロセス、アセットはそのまま保存されます。また、プロセスのメタデータと状態についても、そのまま保存されます。アップグレードを行うためのアップグレードパスは、選択することができます。

以下の図は、OSGi 上の AEM Forms の有効なアップグレードパスを示しています。

以下の場合は、直接アップグレードすることができます。

  • OSGi 上の AEM 6.2 Forms
  • OSGi 上の AEM 6.3 Forms

以下の場合は、マルチホップアップグレードを実行することができます。

  • OSGi 上の AEM 6.0 Forms
  • OSGi 上の AEM 6.1 Forms

以下の図は、JEE 上の AEM Forms の有効なアップグレードパスを示しています。

以下の場合は、直接アップグレードすることができます。

  • LiveCycle ES3
  • LiveCycle ES4 SP1
  • JEE 上の AEM 6.2 Forms
  • JEE 上の AEM 6.3 Forms

以下の場合は、マルチホップアップグレードを実行することができます。

  • LiveCycle ES2
  • JEE 上の AEM 6.0 Forms
  • JEE 上の AEM 6.1 Forms

このページ