AEM Forms におけるアセットの読み込みと書き出し

フォームと関連アセット、テーマ、データ辞書、ドキュメントフラグメント、およびレターを異なるAEM Formsインスタンス間で移動できます。 そうした移動が必要になるのは、システムを移行する場合か、ステージサーバーから実稼働サーバーへ AEM Form を移動する場合です。AEM Forms UI を介したアップロードおよび読み込みがサポートされるアセットの場合、書き出しや読み込みに Forms UI を使用することをお勧めします。このようなアセットの書き出しや読み込みに AEM パッケージマネージャーを使用するのは、お勧めしません。

メモ
  • AEM 6.4 Formsでは、crx-repositoryの構造とパスが変更されました。 以前のバージョンからAEM 6.4 Formsにアセットを読み込み、フォームが古い構造に依存している場合は、依存関係を手動で書き出す必要があります。 リポジトリの構造とパスの変更について詳しくは、 AEM 6.4でのリポジトリの再構築(🔗)を参照してください。

フォームとドキュメントアセットのダウンロードまたはアップロード

AEM Forms ユーザーインターフェイスを使用すると、アセットを AEM CRX パッケージまたはバイナリファイルとしてダウンロードして、AEM インスタンスからアセットを書き出すことができます。その後、ダウンロードした AEM CRX パッケージまたはバイナリファイルを別の AEM インスタンスに読み込むことができます。

AEM Forms ユーザーインターフェイスを介した書き出しと読み込みは、アダプティブフォームテンプレートおよびアダプティブフォームコンテンツポリシーを除くすべてのアセットでサポートされます。したがって、AEM Forms UI からのアダプティブフォームの書き出し時に、関連するアダプティブフォームテンプレートおよびコンテンツポリシーは、他の関連するアセットのように自動的に書き出されません。

これらのアセットタイプの場合、AEM パッケージマネージャーを使用して、ソースの AEM サーバー上で CRX パッケージを作成し、出力先のサーバーにパッケージをインストールする必要があります。パッケージの作成とインストールについて詳しくは、「パッケージの操作」を参照してください。

フォームとドキュメントアセットのダウンロード

フォームとドキュメントアセットをダウンロードするには、以下の手順を実行します。

  1. AEM Forms インスタンスにログインします。

  2. Experience Manager adobeexperiencemanager アイコン/ナビゲーション コンパス アイコン/フォーム/フォームとドキュメントをタップします。

  3. フォームアセットを選択し、「ダウンロード」アイコンをタップします。

  4. 「アセットをダウンロード」で、以下のいずれかのオプションを選択し、「ダウンロード」をタップします。

    • CRX パッケージとしてダウンロード」:このオプションを使用して、選択したすべてのアセットおよび関連する依存関係を AEM Forms インスタンスからダウンロードして、別のインスタンスに移動します。すべてのアセットおよびフォルダーを CRX パッケージとしてダウンロードします。AEM で作成されたフォーム(アダプティブフォーム、インタラクティブ通信、アダプティブフォームフラグメント)、フォームセット、フォームテンプレート、PDF ドキュメント、各種リソース(XSD、XFS、画像)など、すべてのフォームアセットを AEM Forms の UI からパッケージとしてダウンロードすることができます。

      アセットをパッケージとしてダウンロードすることのメリットは、ダウンロード用に選択されたアセットで使用されてきたアセットもダウンロードできることです。例えば、フォームテンプレート、XSD、1 枚の画像を使用するアダプティブフォームがあるとします。このアダプティブフオームを選択してパッケージとしてダウンロードする場合、ダウンロードされるパッケージにはフォームテンプレート、XSD、画像が含まれています。そのアセットに関連付けられているすべてのメタデータプロパティ(カスタムプロパティを含む)も同様にダウンロードされます。

    • アセットをバイナリファイルとしてダウンロード」:このオプションを使用して、フォームテンプレート(XDP)、PDF forms(PDF)、ドキュメント(PDF)、リソース(画像、スキーマ、スタイルシート)のみをダウンロードします。これらのアセットは、外部アプリケーションで編集できます。バイナリ(XSD、XDP、画像、PDF など)を持つフォームアセットを .zip ファイルとしてダウンロードします。

      「アセットをバイナリファイル​としてダウンロード」オプションを指定して、アダプティブフォーム、インタラクティブ通信、アダプティブフォームフラグメント、テーマ、フォームセットをダウンロードすることはできません。 これらのアセットをダウンロードするには、「CRX パッケージとしてダウンロード」オプションを使用する必要があります。
      選択したアセットはアーカイブ(.zip ファイル)としてダウンロードされます。

    メモ

    AEM パッケージとバイナリファイルはどちらもアーカイブ(.zip ファイル)としてダウンロードされます。アセットと一緒にアセット用のテンプレートがダウンロードされることはありません。アセット用のテンプレートは、個別に書き出す必要があります。

フォームとドキュメントアセットのアップロード

フォームとドキュメントアセットをアップロードするには、以下の手順を実行します。

  1. AEM Forms インスタンスにログインします。

  2. Experience Manager adobeexperiencemanager アイコン/ナビゲーション コンパス アイコン/フォーム/フォームとドキュメントをタップします。

  3. 作成ファイルのアップロード​をタップします。フォームまたはパッケージのアップロードダイアログが表示されます。

  4. ダイアログボックスで、読み込むパッケージまたはアーカイブを参照し、選択します。PDF ドキュメント、XSD、画像、スタイルシートおよび XDP フォームを選択することもできます。「開く」をタップします。

    ダイアログボックスで、アップロードするアセットの詳細を確認し、「アップロード」をタップします。

    既存のフォームアセットをアップロードすると、そのアセットが更新されます。

    メモ

    パッケージのアップロードによって既存のフォルダー階層が置換されることはありません。例えば、あるサーバーの /content/dam/formsanddocuments という URL 上に「Training」という名前のアダプティブフォームがあるとします。ユーザーがそのアダプティブフォームをダウンロードし、他のサーバーにアップロードします。このアップロード先のサーバーにも、同じ /content/dam/formsanddocuments に「Training」という名前のフォルダーがありました。アップロードは失敗します。

テーマのダウンロードとアップロード

AEM Forms では、テーマを作成、ダウンロード、アップロードできます。テーマは、フォーム、ドキュメント、レターなどの他のアセットと同様に作成できます。テーマを作成、ダウンロードし、別のインスタンスにアップロードして再利用できます。テーマについて詳しくは、「AEM Forms のテーマ」を参照してください。

テーマのダウンロード

他のプロジェクトやインスタンスで使用する AEM Forms のテーマを書き出すことができます。AEM では、テーマを zip ファイルとしてダウンロードし、それをインスタンスにアップロードできます。

テーマをダウンロードするには、以下の手順を実行します。

  1. AEM Forms インスタンスにログインします。
  2. Experience Manager adobeexperiencemanager アイコン/ナビゲーション コンパス アイコン/フォーム/テーマをタップします。
  3. テーマを選択し、「ダウンロード」をタップします。テーマはアーカイブ(.zip ファイル)としてダウンロードされます。

テーマのアップロード

プロジェクトにスタイル設定がプリセットされた作成済みのテーマを使用できます。他の人が作成したテーマのパッケージをプロジェクトにアップロードしてインポートできます。

テーマをアップロードするには、以下の手順を実行します。

  1. Experience Manager で、フォーム/テーマ​に移動します。

  2. テーマページで、作成/ファイルのアップロード​をクリックします。

  3. ファイルのアップロードプロンプトで、コンピューター上のテーマパッケージを参照して選択し、「アップロード」をクリックします。

    アップロードされたテーマは、テーマページで使用することができます。

  4. AEM Forms インスタンスにログインします。

  5. Experience Manager adobeexperiencemanager アイコン/ナビゲーション コンパス アイコン/フォーム/テーマをタップします。

  6. 作成ファイルのアップロード​をクリックします。ファイルのアップロードプロンプトで、コンピューター上のテーマパッケージを参照して選択し、「アップロード」をクリックします。テーマがアップロードされます。

Correspondence Management におけるアセットの読み込みと書き出し

データ辞書、レター、ドキュメントフラグメントなどのアセットを 2 つの異なる Correspondence Management の実装間で共有するには、.cmp ファイルを作成して共有します。.cmp ファイルには、1 つ以上のデータ辞書、レター、ドキュメントフラグメント、フォームを含めることができます。

ドキュメントフラグメント、レターまたはデータ辞書の書き出し

  1. レター、ドキュメントフラグメントまたはデータ辞書のページの中で、単一のパッケージとして書き出すアセットをタップして選択し、次に「ダウンロードのキュー」をタップします。書き出し用のアセットが一覧表示されます。

  2. 必要に応じて上記の手順を繰り返し、レター、ドキュメントフラグメント、データ辞書を追加します。

  3. ダウンロード」をタップします。

  4. Correspondence Managementにアセットをダウンロードダイアログが表示され、書き出しリストにアセットのリストが表示されます。

    export

  5. 書き出された依存関係を表示するには、「解決」をタップします。または、スキップして次の手順に進みます。依存関係は「解決」をタップしなくても書き出されます。

  6. .cmpファイルをダウンロードするには、「OK」をタップします。

  7. Correspondence Management によって .cmp ファイルがお使いのコンピューターにダウンロードされます。

    .cmp ファイル には書き出されたアセットが含まれています。他のユーザーと .cmp ファイルを共有することができます。他のユーザーは、異なるサーバーに .cmp ファイルを読み込んで、新しいサーバーですべてのアセットを取得することができます。

すべての Correspondence Management アセットをパッケージとして書き出し

このオプションを使用して、すべての Correspondence Management アセットおよび関連する依存関係を、AEM Forms インスタンスからパッケージとしてダウンロードします。

例えば、Correspondence Management に画像とテキストを使用しているレターが含まれている場合、ダウンロードしたパッケージにもレターに関連する画像とテキストが含まれます。そのアセットに関連付けられているすべてのメタデータプロパティ(カスタムプロパティを含む)も同様にダウンロードされます。パッケージ(.cmp)をダウンロードしたら、別のAEM Formsインスタンスにパッケージをインポートできます。

すべての Correspondence Management アセットおよび関連する依存関係をパッケージとしてダウンロードするには、次の手順を実行します。

  1. AEM Forms サーバーに Forms ユーザーとしてログインします。

  2. グローバルナビゲーションバーで「Adobe Experience Manager」をタップします。

  3. ツール(tools-1)をタップし、Forms​をタップします。

  4. Correspondence Managementアセットを書き出し」をタップします。

    publish-cmp-assets

    「すべてのCorrespondence Managementアセットを書き出し」ページが表示され、前回試行された書き出し処理に関する情報と、前回正常に書き出されたパッケージをダウンロードするためのリンクが表示されます。

    export-last-run-details

  5. 書き出し」をタップし、確認メッセージで「OK」をタップします。

    バッチ処理が完了すると、前回の実行詳細とパッケージをダウンロードするためのリンクが更新されます。これには、管理者ログインや、バッチが「n」に成功したか失敗したかなどの情報が含まれます。 アセットがパッケージに書き出されて、「書き出したパッケージをダウンロード」リンクが表示されます。

    メモ

    「すべてのアセットを書き出し」処理は、開始してからキャンセルすることはできません。また、すべてのアセットを書き出している間は、アセットを作成、削除、変更、発行したり、「すべてのアセットを発行」処理を開始したりしないでください。

  6. 書き出したパッケージをダウンロード」リンクをタップして、パッケージファイルをダウンロードします。

    パッケージ内のアセットをCorrespondence Managementの別のインスタンスに追加するには、パッケージをAEM Formsインスタンスに読み込みます。

ドキュメントフラグメント、レターまたはデータ辞書の Correspondence Management への読み込み

.cmp ファイルに書き出されたアセットを読み込むことができます。.cmp ファイルには、1 つ以上のレター、データ辞書、ドキュメントフラグメント、依存アセットが含まれています。

メモ

移行したい古い Correspondence Management アセットを読み込んでいる間、管理者アカウントを使用してログインします。古いCorrespondence Managementアセットの移行について詳しくは、「AEM Formsのアセットとドキュメントの移行」を参照してください。

  1. データ辞書、レター、ドキュメントフラグメントのページで、作成/ファイルのアップロード​をタップし、.cmpファイルを選択します。

  2. Correspondence Management にアセットの読み込みダイアログが表示され、読み込まれるアセットが一覧表示されます。「読み込み」をタップします。

    アセットが読み込まれると、次のアセットのプロパティが更新されます(その他のプロパティは変更されません)。

    • 作成者:アセットをサーバーに読み込んだユーザーの ID を表示します。
    • 変更済み:アセットがサーバーに読み込まれた時刻
    メモ

    XDP を cmp ファイルの一部として、または別の方法でアップロードできるようにするには、ユーザーは forms-power-users グループに含まれている必要があります。アクセス権については、管理者に連絡してください。

ワークフローアプリケーションの書き出し

AEM パッケージマネージャーを使用して、ワークフローアプリケーションを書き出すことができます。手順を以下に示します。

  1. AEM Forms パッケージマネージャーを開きます。パッケージマネージャーのURLはhttps://<server>:<port>/crx/packmgrです。

  2. パッケージを作成」をクリックします。新規パッケージ​ダイアログボックスが表示されます。

  3. パッケージの名前、バージョン、グループを指定します。「OK」をクリックします。

  4. 編集」をクリックし、「フィルター」タブを開きます。「フィルターを追加」をクリックします。ワークフローアプリケーションのパスを指定します。例えば、/etc/fd/dashboard/startpoints/homemortgage などです。

    ルールを追加」をクリックします。

  5. 詳細」タブを開きます。ACL Handling フィールドで、「結合」または「上書き」を選択します。「保存」をクリックします。

  6. ビルド」をクリックし、パッケージを作成します。

    パッケージが作成されたら、パッケージをダウンロードして別のサーバーに読み込むことができます。パッケージがアップロードされるサーバーにワークフローアプリケーションが表示されます。

    メモ

    ワークフローアプリケーションを正しく動作させるために、作業アプリケーションを使用して対応するアダプティブフォームとワークフローモデルも書き出します。

フォルダーとアセットの整理

AEM Forms のユーザーインターフェイスは、フォルダーを利用してアセットを整理します。これらのフォルダーは、AEM Forms ユーザーインターフェイスで作成されたアセットの整理に使用されます。これらのフォルダーでは、名前の変更やサブフォルダーの作成、アセットおよびドキュメントの保存を行うことができます。フォルダー内でドキュメントおよびアセットを整理すると、ファイルをグループ化して容易に管理できます。フォルダーを選択し、ダウンロードするか削除するかを選択します。

フォルダーを作成するには、以下の手順を実行します。

フォルダーの作成

  1. https://<server>:<port>/aem/forms.html で、AEM Forms ユーザーインターフェイスにログインします。

  2. フォルダーを作成する場所に移動します。

  3. 作成/フォルダーをタップします。

  4. 以下の詳細を入力します。

    • タイトル:フォルダーの表示名
    • 名前(必須)​リポジトリー内のフォルダーを保存するノード名
    メモ

    デフォルトでは、名前フィールドの値がタイトルから自動入力されます。名前には、英数字、ハイフン(-)、下線(_)のみを含めることができます。タイトルにその他の特殊文字を入力すると、それらは自動的にハイフンに置換され、この新しい名前を確認するよう指示されます。提示された名前をそのまま使用するか、またはそれを編集できます。

  5. 定義したタイトルを持つ新しいフォルダーは、アセットリスト内の現在の場所に表示されます。

    指定した名前を持つフォルダーが既に存在する場合は、送信はエラーになり失敗します。名前フィールドの横に表示されるエラー aem6forms_error_alert アイコンの上にマウスポインターを置くと、エラーメッセージを見ることができます。

    新しく作成されたフォルダーをタップしてフォルダー内に移動し、フォルダー内でアセットまたはフォルダーを作成できます。さらに、フォルダーを選択し、ダウンロード、削除、名前の編集用にそのフォルダーをキューに入れることができます。

    editdeletedownloadafolder

1 つ以上のアセットまたはレターのコピーの作成

既存のアセットまたはレターを使用して、同じプロパティのアセットまたはレター、コンテンツ、継承されたアセットをすばやく作成できます。データ辞書、ドキュメントフラグメントおよびレターをコピー & ペーストできます。

次の手順を実行して、アセットまたはレターのコピーを作成します。

  1. 関連するアセットまたはレターのページで、1 つ以上のアセットまたはレターを選択します。UI に「コピー」アイコンが表示されます。

  2. 「コピー」をタップします。UI に「貼り付け」アイコンが表示されます。また、貼り付ける前にフォルダー内を移動 / ナビゲートすることもできます。複数のフォルダーに同じ名前のアセットを保管することができます。フォルダーについて詳しくは、「フォルダーとアセットの整理」を参照してください。

  3. 「貼り付け」をタップします。貼り付けダイアログが表示されます。アセットやレターの新しいコピーに対して名前とタイトルが自動生成されますが、アセットやレターのタイトルと名前を編集することもできます。

    アセットやレターを同じ場所にコピー&ペーストする場合、アセットやレターの既存の名前に「 —CopyXX」というサフィックスが追加されます。 コピーしたアセットまたはレターにタイトルが付いていない場合は、自動生成されたタイトルフィールドは空のままです。

  4. 必要に応じて、コピーを保存するアセットまたはレターのタイトルと名前を編集します。

  5. 「貼り付け」をタップします。コピーしたアセットの新しいコピーが作成されます。

検索

AEM Forms の UI を使用して、コンテンツを検索することができます。上部バーの「 A​を検索」をタップして、アセットやドキュメントなどのリソースのコンテンツを検索できます。

アセットを検索する場合、AEM Forms にサイドパネルが表示されます。assets-browser-content-only /フィルター​[B]​をタップして、サイドパネルを呼び出すこともできます。 サイドパネルに表示される各種フィルターを使用して、検索範囲を絞り込むことができます。サイドパネルを使用して、検索を保存することもできます。

search_topbar

A.検B.フィ ルター

サイドパネル — フ
ィルター図: サイドパネル — フィルター

サイドパネルで、次のフィルターを使用して検索範囲を絞り込むことができます。

  • 検索ディレクトリ
  • タグ
  • 検索基準(変更日、公開ステータス、ライブコピーのステータスなど)。

サイドパネルを使用して、選択した名前を使用して検索設定を保存することもできます。

検索、フィルター、保存済みの検索およびサイドパネルの使用に関する詳細と手順については、検索を参照してください。

このページ