Correspondence Management Solution の設定

VersionRestoreManagerImpl の作成者インスタンス URL の定義

作成者インスタンスバージョンのリストアの作成者インスタンス URL を定義するには、以下の手順を実行します。

  1. https://:<PublishHost>:<PublishPort>/lc/system/console/configMgr​に移動します。 OSGi Management Console のユーザー資格情報を使ってログインします。デフォルトの資格情報は、admin/admin です。

  2. com.adobe.livecycle.content.activate.impl.VersionRestoreManagerImpl.name」設定の横にある「編集」アイコンをクリックします。

  3. VersionRestoreManager作成者URL​フィールドに、VersionRestoreManagerの作成者インスタンスのURLを指定します。

    URL文字列:

    https://<hostname>:<port>:/libs/fd/fdm/content/crud/lc.content.remote.activate.VersionRestoreManager

    メモ

    ロードバランサーによって前付けされる複数の作成者インスタンス(クラスター化)がある場合は、VersionRestoreManager作成者URL​フィールドにロードバランサーのURLを指定します。

  4. 保存」をクリックします。

ActivationManagerImpl(発行インスタンス Activation Manager)の発行インスタンス URL の定義

発行インスタンス ActivationManager の発行インスタンス URL を定義するには、以下の手順を実行します。

  1. https://:<authorHost>:<authorPort>/lc/system/console/configMgr​に移動します。 OSGi Management Console のユーザー資格情報を使ってログインします。デフォルトの資格情報は、admin/admin です。

  2. com.adobe.livecycle.content.activate.impl.ActivationManagerImpl.name」設定の横にある「編集」アイコンをクリックします。

  3. ActivationManager Publish URL」フィールドで、発行インスタンス ActivationManager にアクセスするための URL を指定します。次の URL を指定できます。

    • ロードバランサー URL(推奨):発行ファーム(複数の非クラスター発行インスタンス)の前にロードバランサーとして機能する Web サーバーを持っている場合は、そのロードバランサーの URL を指定します。

    • 発行インスタンス URL: 単一の発行インスタンスのみを持っている場合、あるいは発行ファーム前段の Web サーバーが何らかの理由で作成者完了からアクセスできない場合、任意の発行インスタンス URL を指定します。指定した発行インスタンスがダウンした場合は、フォールバックメカニズムが機能して作成者側で処理します。

    • URL文字列:

      https://<hostname>:<port>:/libs/fd/fdm/content/crud/lc.content.remote.activate.activationManager

  4. 保存」をクリックします。

Correspondence Management の設定方法と詳細は、Correspondence Management 設定プロパティを参照してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now