印刷チャネルと Web チャネル

印刷チャネルテンプレートを読み込み、Web チャネルテンプレートを作成して有効にする

インタラクティブ通信は、印刷チャネルと Web チャネルという 2 つのチャネルを使用して配信することができます。印刷チャネルは、PDF や紙ベースの通信手段(保険料の支払いを通知する印刷書類など)を作成する場合に使用され、Web チャネルは、オンライン情報(Web サイト上で表示されるクレジットカードの取引明細など)を配信する場合に使用されます。

Interactive Communicationの作成者は、ドキュメントフラグメントや画像などのアセットを再利用して、印刷版とWeb版の両方のInteractive Communicationを作成できます。

Creating an Interactive Communicationの前提条件の1つは、印刷やWebチャネル用のテンプレートをサーバーで使用できるようにすることです。 テンプレート作成者は、AEM自体でWebチャネルテンプレートを作成しますが、印刷チャネルテンプレートXDPはAdobeFormsデザイナーで作成され、サーバーにアップロードされます。

印刷チャネル

Interactive Communicationの印刷チャネルは、XFAフォームテンプレートXDPを使用します。 XDP は Adobe Forms Designer でデザインできます。印刷チャネルテンプレートの作成について詳しくは、レイアウトデザインを参照してください。 Interactive Communicationで印刷チャネルテンプレートを使用するには、テンプレートをAEM Formsサーバにアップロードする必要があります。

インタラクティブ通信の印刷チャネルテンプレートのアップロード

テンプレートをアップロードするには、forms-user グループのメンバーになっている必要があります。印刷チャネルテンプレート(XDP)を AEM Forms にアップロードするには、以下の手順を実行します。

  1. フォームフォームとドキュメント​を選択します。

  2. 作成ファイルのアップロード​の順にタップします。

    適切な印刷チャネルテンプレート(XDP)に移動して選択し、「開く」をタップします。

Web チャネル

テンプレートの作成者と管理者は、テンプレートの作成、編集、有効化を行うことができます。それ以外のユーザーが Web テンプレートを作成できるようにするには、そのユーザーに対して権限を設定する必要があります。詳しくは、「ユーザー、グループ、アクセス権の管理」を参照してください。

Web チャネルテンプレートの作成

Web チャネルテンプレートを作成するには、最初にテンプレートフォルダーを作成する必要があります。テンプレートフォルダー内にWebテンプレートを作成したら、フォームユーザーがテンプレートに基づいてインタラクティブ通信のWebチャネルを作成できるように、テンプレートを有効にする必要があります。

Webチャネルテンプレートを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Interactive Communication Webテンプレートがまだない場合は、テンプレートフォルダを作成して保存します。 詳しくは、ページテンプレート — 編集可能の「テンプレートフォルダー」を参照してください。

    1. ツール ツール —1 > 設定ブラウザー​をタップします。

    2. 設定ブラウザーページで、「作成」をタップします。

    3. 設定を作成ダイアログで、フォルダーのタイトルを指定し、「編集可能なテンプレート」をオンにして、「作成」をタップします。

      フォルダーが作成され、Configuration Browserページに表示されます。

  2. 目的のテンプレートフォルダーに移動して、Web チャネルテンプレートを作成します。

    1. ツール/テンプレート/フォルダー​を選択して、適切なテンプレートフォルダーに移動します。

    2. 作成」をタップします。

    3. 対話型通信 — Webチャネル」を選択し、「次へ」をタップします。

    4. テンプレートのタイトルと説明を入力して「作成」をタップします。

      作成されたテンプレートがダイアログに表示されます。

    5. 開く」をタップして、作成したテンプレートをテンプレートエディターで開きます。

      テンプレートエディターが表示されます。

      webchanneltemplate

      テンプレートの作成者は、テンプレートの作成や編集を行う際に、様々な要素を定義することができます。テンプレートの作成と編集は、ページの作成に似ています。詳しくは、ページテンプレートの作成の「テンプレートの編集 — テンプレート作成者」を参照してください。

  3. Interactive Communicationの作成時にこのテンプレートを使用できるようにするには、テンプレートを有効にします。

    1. ツール ツール —1 > テンプレート​をタップします。

    2. 適切なテンプレートに移動し、選択して「有効にする」をタップし、警告メッセージで「有効にする」をタップします。

      これでテンプレートが有効になり、テンプレートのステータスとして「有効」が表示されます。新しく作成した Web チャネルテンプレートを使用して、インタラクティブ通信を作成することができます。

インタラクティブ通信を作成する際に、「印刷チャネルを Web チャネルのマスターとして使用する」オプションを選択すると、印刷チャネルに同期された Web チャネルを作成することができます。印刷チャネルを Web チャネルのマスターとして使用すると、Web チャネルに連結されたコンテンツ、継承設定、データが印刷チャネルから取得され、印刷チャネルに対する変更内容が Web チャネルに反映されます。ただし、インタラクティブ通信の作成者は、必要に応じて、Web チャネル内の特定のコンポーネントの継承設定を解除することができます。

printweb_2-2

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now