AEM DS の設定

この記事では、AEM DS Settings Service の設定方法について説明します。この設定は、次のような場合に使用できます。

  • Correspondence Management内

    • AEM Forms ワークフローを設定する場合
    • ドラフトまたは送信のリモート保存にフォームポータルを使用する場合
  • アダプティブフォームにおいては、アダプティブフォームが発行インスタンスから送信される場合

次の手順に従って、「AEM DS 設定」を構成します。

  1. URLを使用して、発行インスタンスでConfiguration Managerを開きます。

    http://localhost:port/system/console/configMgr.

    aem_web_configuration_console

  2. Adobe Experience ManagerWebコンソール設定​ウィンドウで、AEM DS設定​オプションを探してクリックします。

    ds_settings

  3. AEM DS 設定サービス​ウィンドウに、AEM DS コンポーネントの共通設定が表示されます。

    ds_settings_1

  4. 次の情報をそれぞれのフィールドに追加します。

    処理サーバーURL:処理サーバーは、FormsまたはAEMワークフローをトリガーする必要があるサーバーです。これは、AEM オーサーインスタンスの URL または他のサーバー URL(つまり、http://localhost:port/)と同じである可能性があります。

    処理サーバーのユーザー名:使用中のサーバーURLに [基づくワークフローユーザーのユーザー名]

    処理サーバーのパスワード:ワークフローユーザーのパスワード

    メモ
    • Forms または AEM ワークフローのいずれかを使用しているときは、発行サーバーから送信を行う前に、DS 設定サービスを構成する必要があります。このサービスを構成しないと、フォームの送信が失敗します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now