アダプティブフォームのキャッシュの設定

キャッシュは、データへのアクセスにかかる時間を短縮し、遅延を削減して I/O 速度を改善するメカニズムです。アダプティブフォームのキャッシュは、アダプティブフォームの HTML コンテンツと JSON の構造のみを保存し、事前入力されたデータは保存しません。これにより、クライアント側のアダプティブフォームまたはドキュメントのレンダリングの時間を短縮します。キャッシュは、アダプティブフォーム向けに設定されており、アダプティブドキュメントもサポートします。

メモ

アダプティブフォームのキャッシュを使用するときは、AEM Dispatcher を使用してアダプティブフォームまたはアダプティブドキュメントのクライアントライブラリ(CSS および JavaScript)をキャッシュします。

メモ

カスタムコンポーネントの開発時には、開発に使用されるサーバー上でアダプティブフォームのキャッシュを無効にしておく必要があります。

キャッシュの設定

次の手順を実行してアダプティブフォームのキャッシュを設定します。

  1. https://[server]:[port]/system/console/configMgrのAEM Web Console Configuration Managerに移動します。

  2. アダプティブフォームおよびインタラクティブ通信 Web チャネルの設定」をクリックして、設定値を編集します。

  3. 設定値を編集ダイアログで、AEM Formsサーバーのインスタンスがキャッシュできるフォームまたはドキュメントの最大数を「アダプティブFormsの数」フィールドに指定します。 デフォルト値は 100 です。

    メモ

    キャッシュを無効にするには、「アダプティブフォームの数」フィールドの値を 0 に設定します。キャッシュの設定を無効または変更すると、キャッシュがリセットされ、フォームとドキュメントがすべてキャッシュから削除されます。

    アダプティブフォームの HTML キャッシュの設定ダイアログ

  4. Save」をクリックして、 設定を保存します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now