アダプティブフォームのキャッシュの設定

キャッシュは、データへのアクセスにかかる時間を短縮し、遅延を削減して I/O 速度を改善するメカニズムです。アダプティブフォームのキャッシュは、アダプティブフォームの HTML コンテンツと JSON の構造のみを保存し、事前入力されたデータは保存しません。これにより、クライアント側のアダプティブフォームまたはドキュメントのレンダリングの時間を短縮します。キャッシュは、アダプティブフォーム向けに設定されており、アダプティブドキュメントもサポートします。

メモ

アダプティブフォームのキャッシュを使用するときは、AEM Dispatcher を使用してアダプティブフォームまたはアダプティブドキュメントのクライアントライブラリ(CSS および JavaScript)をキャッシュします。

メモ

カスタムコンポーネントの開発時には、開発に使用されるサーバー上でアダプティブフォームのキャッシュを無効にしておく必要があります。

キャッシュの設定

次の手順を実行してアダプティブフォームのキャッシュを設定します。

  1. https://[server]:[port]/system/console/configMgrのAEM Web Console Configuration Managerに移動します。

  2. アダプティブフォームおよびインタラクティブ通信 Web チャネルの設定」をクリックして、設定値を編集します。

  3. 設定値を編集ダイアログで、AEM Formsサーバーのインスタンスがキャッシュできるフォームまたはドキュメントの最大数を「アダプティブFormsの数」フィールドに指定します。 デフォルト値は 100 です。

    メモ

    キャッシュを無効にするには、「アダプティブフォームの数」フィールドの値を 0 に設定します。キャッシュの設定を無効または変更すると、キャッシュがリセットされ、フォームとドキュメントがすべてキャッシュから削除されます。

    アダプティブフォームの HTML キャッシュの設定ダイアログ

  4. Save」をクリックして、 設定を保存します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free