HTML5 フォームのドラフトでの保存

HTML5 フォームをドラフトとして保存し、後でフォームへの記入を再開できます。フォームポータルを使用すると、すべてのユーザーが HTML5 フォームを保存および復元できます。「ドラフトとして保存」機能を有効にするには、プロファイルノードに次の設定を追加します。

「ドラフトとして保存」機能を許可するためのカスタムプロファイル

AEM Formsは初期状態で、「ドラフトとして保存」プロファイルを提供します。 「ドラフトとして保存」プロファイルを持つフォームをレンダリングすると、HTML5 フォームのドラフト機能を有効にすることができます。Forms Manager で、フォームに対する HTML レンダリングプロファイルを指定できます。

既存のカスタムプロファイルに対して「ドラフトとして保存」機能を有効にするには、カスタムプロファイルノードに次のプロパティを追加します。

プロパティ名 タイプ 説明
mfAllowFPDraft String true

このプロファイルの「ドラフトとして保存」機能を

有効にします。

mfAllowAttachments 文字列 true

このプロファイルと一緒に添付ファイル

をアップロードすることを許可します。

ドラフトの保存と一覧表示

フォームの「ドラフトとして保存」機能を有効にしてからフォームを保存すると、ドラフトと送信コンポーネントに一覧表示されます。ドラフトと送信コンポーネントから保存しておいたフォームを取得して再入力できます。

ドラフトと送信コンポーネントのフォームリストを有効にするには、プロファイルノードに次のプロパティを追加します。

プロパティ名 タイプ 説明
fp.enablePortalSubmit 文字列 true ドラフトとフォームを送信後に
Formsポータルのドラフトと送信コンポーネントに一覧表示できるようにするには

デフォルトでは、AEM Formsはフォームのドラフトと送信に関連付けられたユーザーデータを発行インスタンスの/content/forms/fpノードに保存します。 カスタムのストレージプロバイダーを追加できます。詳細は、「ドラフトと送信コンポーネントのカスタムストレージ」を参照してください。

このページ