HTML5フォームの添付ファイルの有効化

HTML5フォームでは、添付ファイルをアップロード、プレビューおよび送信することができます。デフォルトでは、添付ファイルサポートは無効になっています。添付ファイルサポートを有効にするには:

  1. 文字列プロパティでカスタムプロファイルmfAttachmentOptionsを作成します。

  2. カスタムプロファイルで、プロパティを指定します。 fileSizeLimit, multiSelect、および buttonTexファイル添付ウィジェットのオプションを設定するには、t を使用します。 必要に応じて、追加のカスタムプロパティを指定することもできます。

  3. カスタムプロファイルでは、次の設定を使用します。

    • multiSelect-> trueまたはfalse (デフォルトでは true)
    • fileSizeLimit -> value_in_mb (say 5) (デフォルトで 2 MB)
    • buttonText -> ポップアップウィンドウのボタンのテキスト(デフォルトでは「添付」)
    • 承諾 -> 受け入れるファイルタイプ(デフォルトでは"audio/*, video/*, image/*, text/*, .pdf")
    メモ

    Microsoft Internet Explorer 9 では、指定された制限を超えたサイズのファイルを添付できます。これは既知の問題です。

  4. メタデータエディターを使用して、上記で HTML5 のフォームのために作成したカスタムプロファイルを選択します。

  5. カスタムプロファイルを使用してフォームテンプレートをレンダリングすると、添付ファイルアイコンがフォームツールバーの上に表示されます。

    メモ

    ドラフトと添付ファイル機能を有効にすると、フォームポータルはデフォルトで、ファイルカスタムプロファイルを提供します。ドラフトとして保存​プロファイルに関する詳細は、HTML5 フォームをドラフトとして保存を参照してください。

  6. 添付ファイルアイコンをクリックすると、添付ファイル選択ダイアログボックスが表示されます。ファイルを参照して添付ファイルを選択して​「添付」​をクリックします。

    メモ

    添付ファイルをプレビューするには、添付ファイル名をクリックします。

    メモ

    匿名のユーザーは、ファイルプレビューオプションを使用できません。

添付ファイル送信フォーマット

添付ファイルが有効である場合、HTML5フォームはマルチパート形式のデータを送信します。マルチパート形式で送信するデータには​dataXml​および​添付ファイル​の2つの部分があります。

メモ

下位互換性については、mfAllowAttachments オプションがオフになっている場合、HTML5 フォームはマルチパート形式のデータを送信しません。application/xml​形式の単純なデータ xml を送信します。

mfAllowAttachments フラグがオンになっている場合、送信サービスのプロキシサービスもまたマルチパート形式のデータを dataXml と添付ファイルと共に投稿します。

このページ