HTML5 フォーム のデバッグ

このドキュメントにはさまざまなトラブルシューティングのシナリオが含まれています。各シナリオにつき、問題をトラブルシューティングするためにいくつかの手順が提供されています。次の手順を実行し、引き続き問題が発生する場合は、ロガーを設定してエラーや警告のログを取得し、確認します。HTML5フォームのログ記録について詳しくは、「HTML5フォームのログの生成」を参照してください。

問題:フォームをレンダリングすると、org.apache.sling.api.SlingException 例外ページが表示される

例外の詳細で、caused by​という語を検索します。

推定原因は、URL にある 1 つ以上のパラメーターが間違っていることです。

次のパラーメーターを確認します。

パラメーター 説明
テンプレート テンプレートのファイル名
contentRoot テンプレートと関連リソースが存在するパス
dataRef テンプレートと結合されるデータファイルの絶対パスです。
注意:パスはデータファイルの絶対パスを定義します。
data テンプレートと結合されるUTF-8でエンコードされたデータバイトです。

問題:フォームをレンダリングできません(エラーメッセージが表示されます)

  1. 指定したパラメーターが正しいことを確認します。パラメーター関する詳しい情報については、パラメーターのレンダリングを参照してください。

  2. CRX Package Manager(https://<server>:<port>/crx/packmgr/index.jsp)にログインし、次のパッケージが正しくインストールされているかどうかを確認します。

    • adobe-lc-forms-content-pkg-<version>.zip
    • adobe-lc-forms-runtime-pkg-<version>.zip
  3. https://<server>:<port>/system/console/bundlesにあるCQ Webコンソール(Felixコンソール)にログインします。

    次のバンドルのステータスが「アクティブ」であることを確認します。

    • scala-lang.bundle [osgi]

    (com.adobe.livecyclescala-lang.bundle)

    • AdobeXFAFormsレンダラ

    (com.adobe.livecycle.adobe-lc-forms-core)

    • Adobe XFA Forms LC Connector

    (com.adobe.livecycle.adobe-lc-forms-lc-connector)

問題:フォームがスタイルなしでレンダリングされる

  1. ブラウザーで、開発者ツール​を開きます。プロファイル.cssが使用可能であることを確認します。

  2. プロファイルのCSSファイルが使用できない場合は、https://<server>:<port>/crx/deでCRX DEにログインします。

  3. 左のフォルダー階層で、/etc/clientlibs/fd/xfaforms/ に移動します。フォルダーにリストされている css.txt ファイルを開きます。

    • プロファイル
    • runtime
    • scrollnav
    • ツールバー
    • xfalib
  4. css.txt 内に記載されているファイルが /libs/fd/xfaforms/clientlibs/xfalib/css の CRX DE lite 内に存在することを確認します。

    #base=css
    application.css
    dialog.css
    datepicker.css
    scribble.css
    listboxwidget.css
    
  5. これらのファイルがない場合、adobe-lc-forms-runtime-pkg-<version>.zip パッケージを再びインストールします。

問題:予期しないエラーが発生した

  1. フォームURLで、クエリパラメーターdebugClientLibsを追加し、その値をtrueに設定します(例:https://<server>:<port>/content/xfaforms/profiles/test.html?contentRoot=<some path>&template=<name of xdp file>&log=1-a9-b9-c9&debugClientLibs=true)

  2. Chrome のようなデスクトップブラウザーでデベロッパーツール/Console に移動します。

  3. ログを開いて、エラーのタイプを特定します。ログの詳細については、「HTML5 フォームのログ」を参照してください。

  4. デベロッパーツール/Console に移動します。スタックトレースを使用して、エラーを起こしているコードを探します。エラーをデバッグして問題を解決します。

    メモ

    スクリプティングの失敗の場合は、フォームの PDF レンダリングでも問題が発生するかを確認します。「はい」の場合、フォームスクリプティングのロジックに問題があります。

問題:フォームを送信できない

  1. AEM サーバーにアクセスする権限を持っていること、およびサーバーに接続されていることを確認します。
  2. パラメーター submitUrl が正しいことを確認します。
  3. HTML5フォームのログ」に記載されているように、1-a5-b5-c5​を使用して、クライアント側ログを有効にします。 次に、フォームをレンダリングし、送信を確認します。ブラウザーのデバッグコンソールを開き、エラーがあるかどうかを確認します。
  4. HTML5 フォームのログ」に記載されている通りに、サーバーログを見つけます。サーバーログで送信の際にエラーが発生したかを確認します。

問題:ローカライズされたエラーメッセージが表示されない

  1. デスクトップブラウザーで、追加のクエリーパラメーター debugClientLibs=true でフォームをレンダリングしてから、デベロッパーツール/Resources に移動して、I18N.css のファイルの存在を確認します。

  2. ファイルが使用できない場合は、https://<server>:<port>/crx/deでCRX DEにログインします。

  3. 左のフォルダー階層で /libs/fd/xfaforms/clientlibs/I18N に移動し、次のファイルとフォルダーが存在することを確認します。

    • Namespace.js
    • LogMessages.js
    • 言語用のフォルダー
  4. 上記のファイルまたはフォルダーで存在しないものがある場合は、adobe-lc-forms-runtime-pkg-<version>.zip パッケージを再びインストールします。

  5. ロケールの名前と同じ名前のフォルダ-に移動し、そのコンテンツを確認します。フォルダーには次のファイルが含まれている必要があります。

    • I18N.js
    • js.txt
  6. js.txt のコンテンツを確認して、次のエントリがあることを確かめます。

    ../Namespace.js
    I18N.js
    ../LogMessages.js
    

問題:画像が表示されない

  1. 画像 URL が正しいことを確認します。

  2. ブラウザーがこのタイプの画像をサポートしているかどうかを確認します。

  3. 例外の詳細で、caused by​という語を検索します。

    推定原因は、URL にある 1 つ以上のパラメーターが間違っていることです。

    次のパラーメーターを確認します。
    ステップテキスト

パラメーター 説明
テンプレート テンプレートのファイル名
contentRoot テンプレートと関連リソースが存在するパス
dataRef テンプレートと結合されるデータファイルの絶対パスです。
注意:パスはデータファイルの絶対パスを定義します。
data テンプレートと結合されるUTF-8でエンコードされたデータバイトです。
  1. デスクトップブラウザーで、デベロッパーツール/Resources に移動します。

    画像が表示されるか、左側で「Frames」を確認します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now