Forms のレンダリング

最終更新日: 2023-05-04
  • 作成対象:
  • Developer
注意

AEM 6.4 の拡張サポートは終了し、このドキュメントは更新されなくなりました。 詳細は、 技術サポート期間. サポートされているバージョンを見つける ここ.

Forms サービスについて

Forms サービスを使用すると、通常は Designer で作成されるフォームを検証、処理、変換および配信する、インタラクティブなデータキャプチャクライアントアプリケーションを作成できます。フォーム作成者は、Forms サービスが様々なブラウザー環境で PDF、SWF または HTML でレンダリングする、単一のフォームデザインを開発できます。

エンドユーザーがフォームを要求すると、クライアントアプリケーションが Forms サービスに要求を送信し、このサービスが適切な形式でフォームを返します。Forms サービスは、要求を受け取るとすぐにデータをフォームデザインと結合し、目的の形式でフォームを配信します。フォームサービスの出力は、インタラクティブなフォーム(通常は PDF ドキュメント)です。インタラクティブフォームを使用すると、ユーザーはフォーム上のフィールドに入力できます。

クライアントアプリケーションの種類に応じて、フォームをクライアント web ブラウザーに書き込んだり、フォームを PDF ファイルとして保存したりできます。Web ベースのアプリケーションは、web ブラウザーにフォームを書き込むことができます。デスクトップアプリケーションは、フォームを PDF ファイルとして保存できます。Web ブラウザーと PDF ファイルに書き出す方法を示すために、Forms のレンダリング セクションにあるクイックスタートは、次のように整理されます。

  • Java API で厳密に型指定された(SOAP モード)の例は Java サーブレットです。

  • Web サービス (Java Base64) の例は Java サーブレットです。

  • Web サービス(MTOM)の例は、コンソールアプリケーションです(すべてのクイックスタートに MTOM の例があるわけではありません)。

    メモ

    Java サーブレットを使用して Forms サービスを呼び出す web アプリケーションの作成について詳しくは、Forms をレンダリングする web アプリケーションの作成を参照してください。

    次の 2 つの方法のいずれかを使用して、フォームデザイン(XDP ファイル)または PDF ドキュメントを Forms サービスに渡すことができます。

  • URL 値を使用してフォームデザインを参照できます。このアプローチでは、URLSpec オブジェクトを使用します。コンテンツルートは、URLSpec オブジェクトの setContentRootURI メソッドを使用して Forms サービスに渡されます。フォームデザイン名(formQuery)は別のパラメーターとして渡されます。2 つの値が連結され、フォームデザインへの絶対参照が取得されます。(ほとんどのクイックスタートは、Forms のレンダリング​セクションでは、この方法を使用します)。

  • フォームデザインを含む com.adobe.idp.Document を Forms サービスに渡すことができます。renderPDFForm2 および renderHTMLForm2 という名前の 2 つの新しいメソッドは、フォームデザインを含む com.adobe.idp.Document オブジェクトを受け入れます(Forms サービスにドキュメントを渡すを参照)。

Forms サービスを使用して、次のタスクを実行できます。

このページ