PDF・ユーティリティの操作

Utilities サービスについてPDF

PDFユーティリティサービスは、PDF形式と XDP ファイル形式の変換、PDFドキュメントプロパティの設定と取得、XMPメタデータの操作をおこなうことができます。 例えば、PDFドキュメントを別の形式に変換する前にそのプロパティを調べて、変換用に呼び出すサービス操作を判断すると便利です。

次のタスクは、Experience Utilities サービスを使用してPDFできます。

メモ

Utilities サービスの詳細については、「PDF・ユーティリティ」を参照してください。 AEM Formsのサービスリファレンス.

PDFドキュメントの XDP ドキュメントへの変換

PDFユーティリティ Java および Web サービス API を使用して、PDFドキュメントを XDP ドキュメントにプログラム的に変換できます。

メモ

Utilities サービスの詳細については、「PDF・ユーティリティ」を参照してください。 AEM Formsのサービスリファレンス.

手順の概要

PDFドキュメントを XDP ドキュメントに変換するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. PDFUtilityService クライアントを作成します。
  3. 「Conversion to XDP conversion」PDFを呼び出します。

プロジェクトファイルを含める

必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Java を使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要な JAR ファイルを含めます。 Web サービスを使用している場合は、プロキシファイルを必ず含めてください。

PDFUtilityService クライアントの作成

プログラムによって Utilities 操作をPDFする前に、PDFUtilityService クライアントを作成する必要があります。 Java API を使用する場合は、 PDFUtilityServiceClient オブジェクト。 Web サービス API では、これは、 PDFUtilityServiceService オブジェクト。

「Invoke to XDP conversion」PDFを呼び出します

サービスクライアントを作成した後で、このPDFを XDP 変換操作に呼び出すことができます。

関連トピック

Java API を使用したPDFドキュメントの XDP ドキュメントへの変換

Web サービス API を使用してPDFドキュメントを XDP ドキュメントに変換する

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Java API を使用したPDFドキュメントの XDP ドキュメントへの変換

PDFユーティリティ API(Java) を使用して、PDFドキュメントを XDP ドキュメントに変換します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    Java プロジェクトのクラスパスに、adobe-pdfutility-client.jar などのクライアント JAR ファイルを含めます。

  2. PDFUtilityService クライアントの作成

    の作成 PDFUtilityServiceClient オブジェクトのコンストラクタを使用し、 ServiceClientFactory 接続プロパティを含むオブジェクト。

  3. 「Invoke to XDP conversion」PDFを呼び出します

    変換を実行するには、 PDFUtilityServiceClient オブジェクトの convertPDFtoXDP メソッドを使用して com.adobe.idp.Document オブジェクトファイルを表すPDF。 このメソッドは、 com.adobe.idp.Document 新しく作成された XDP ファイルを表すオブジェクト。

関連トピック

PDFドキュメントの XDP ドキュメントへの変換

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Web サービス API を使用してPDFドキュメントを XDP ドキュメントに変換する

PDFユーティリティ API(Web サービス)を使用して、PDFドキュメントを XDP ドキュメントに変換します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    • Utilities サービスの WSDL ファイルを使用するMicrosoft .NET クライアントPDFを作成します。
    • Microsoft .NET クライアントアセンブリを参照します。
  2. PDFUtilityService クライアントの作成

    の作成 PDFUtilityServiceService オブジェクトを指定します。

  3. 「Invoke to XDP conversion」PDFを呼び出します

    を呼び出す PDFUtilityServiceService オブジェクトの convertPDFtoXDP メソッドを使用して BLOB オブジェクトファイルを表すPDF。 このメソッドは、 BLOB 新しく作成された XDP ファイルを表すオブジェクト。

関連トピック

PDFドキュメントの XDP ドキュメントへの変換

Base64 エンコーディングを使用したAEM Formsの呼び出し

Base64 エンコーディングを使用する.NET クライアントアセンブリの作成

XDP ドキュメントからPDFドキュメントへの変換

PDFユーティリティ Java および Web サービス API を使用して、XDP ドキュメントをプログラムでPDFドキュメントに変換できます。

メモ

Utilities サービスの詳細については、「PDF・ユーティリティ」を参照してください。 AEM Formsのサービスリファレンス.

手順の概要

XDP ドキュメントを変換ドキュメントにPDFするには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. PDFUtilityService クライアントを作成します。
  3. 「XDP to Conversion」操作を呼び出してPDFを変換します。

プロジェクトファイルを含める

必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Java を使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要な JAR ファイルを含めます。 Web サービスを使用している場合は、プロキシファイルを必ず含めてください。

PDFUtilityService クライアントの作成

プログラムによって Utilities 操作をPDFする前に、PDFUtilityService クライアントを作成する必要があります。 Java API を使用する場合は、 PDFUtilityServiceClient オブジェクト。 Web サービス API では、これは、 PDFUtilityServiceService オブジェクト。

「XDP to Conversion」操作を呼び出してPDFを変換

サービスクライアントを作成した後で、XDP を呼び出して変換PDFを設定できます。

関連トピック

Java API を使用して XDP ドキュメントをPDFドキュメントに変換する

Web サービス API を使用した XDP ドキュメントのPDFドキュメントへの変換

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Java API を使用して XDP ドキュメントをPDFドキュメントに変換する

XDP ドキュメントをPDFドキュメントに変換するには、PDFユーティリティ API(Java) を使用します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    Java プロジェクトのクラスパスに、adobe-pdfutility-client.jar などのクライアント JAR ファイルを含めます。

  2. PDFUtilityService クライアントの作成

    の作成 PDFUtilityServiceClient オブジェクトのコンストラクタを使用し、 ServiceClientFactory 接続プロパティを含むオブジェクト。

  3. 「XDP to Conversion」操作を呼び出してPDFを変換

    変換を実行するには、 PDFUtilityServiceClient オブジェクトの convertXDPtoPDF メソッドを使用して com.adobe.idp.Document XDP ファイルを表すオブジェクト。 このメソッドは、 com.adobe.idp.Document 新しく作成されたPDFファイルを表すオブジェクト。

関連トピック

XDP ドキュメントからPDFドキュメントへの変換

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Web サービス API を使用した XDP ドキュメントのPDFドキュメントへの変換

XDP ドキュメントをPDFドキュメントに変換するには、PDFユーティリティ API(Web サービス API)を使用します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    • Utilities サービスの WSDL ファイルを使用するMicrosoft .NET クライアントPDFを作成します。
    • Microsoft .NET クライアントアセンブリを参照します。
  2. PDFUtilityService クライアントの作成

    の作成 PDFUtilityServiceService オブジェクトを指定します。

  3. 「XDP to Conversion」操作を呼び出してPDFを変換

    変換を実行するには、 PDFUtilityServiceService オブジェクトの convertXDPtoPDF メソッドを使用して BLOB XDP ファイルを表すオブジェクト。 このメソッドは、 BLOB 新しく作成されたPDFファイルを表すオブジェクト。

関連トピック

XDP ドキュメントからPDFドキュメントへの変換

Base64 エンコーディングを使用したAEM Formsの呼び出し

Base64 エンコーディングを使用する.NET クライアントアセンブリの作成

PDFドキュメントのプロパティの取得

PDFユーティリティ Java および Web サービス API を使用すると、ドキュメントを読むのに必要な入力可能なフォームかAcrobat最小バージョンかなど、PDFドキュメントのプロパティをプログラムで取得できます。

メモ

Utilities サービスの詳細については、「PDF・ユーティリティ」を参照してください。 AEM Formsのサービスリファレンス

手順の概要

PDF・ドキュメントのプロパティを取得するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. PDFUtilityService クライアントを作成します。
  3. プロパティ取得操作を呼び出します。

プロジェクトファイルを含める

必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Java を使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要な JAR ファイルを含めます。 Web サービスを使用している場合は、プロキシファイルを必ず含めてください。

PDFUtilityService クライアントの作成

プログラムによって Utilities 操作をPDFする前に、PDFUtilityService クライアントを作成する必要があります。 Java API を使用する場合は、 PDFUtilityServiceClient オブジェクト。 Web サービス API では、これを PDFUtilityServiceService オブジェクト。

プロパティ取得操作を呼び出す

サービスクライアントを作成した後で、プロパティ取得操作を呼び出すことができます。

関連トピック

Java API を使用してPDFドキュメントのプロパティを取得する

Web サービス API を使用してPDFドキュメントのプロパティを取得する

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Java API を使用してPDFドキュメントのプロパティを取得する

PDFユーティリティ API(Java) を使用して、PDFドキュメントのプロパティを取得します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    Java プロジェクトのクラスパスに、adobe-pdfutility-client.jar などのクライアント JAR ファイルを含めます。

  2. PDFUtilityService クライアントの作成

    の作成 PDFUtilityServiceClient オブジェクトのコンストラクタを使用し、 ServiceClientFactory 接続プロパティを含むオブジェクト。

  3. プロパティ取得操作を呼び出す

    変換を実行するには、 PDFUtilityServiceClient オブジェクトの getPDFProperties メソッドを使用して、以下を渡します。

    • A com.adobe.idp.Document オブジェクトドキュメントを表すPDF。
    • A PDFPropertiesOptionSpec 評価するプロパティを含むオブジェクト。

    このメソッドは、 PDFPropertiesResult クエリの結果を格納するオブジェクト。

関連トピック

PDFドキュメントのプロパティの取得

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Web サービス API を使用してPDFドキュメントのプロパティを取得する

PDFユーティリティ Web サービス API を使用して、PDFドキュメントのプロパティを取得します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    • Utilities サービスの WSDL ファイルを使用するMicrosoft .NET クライアントPDFを作成します。
    • Microsoft .NET クライアントアセンブリを参照します。
  2. PDFUtilityService クライアントの作成

    の作成 PDFUtilityServiceService オブジェクトを指定します。

  3. プロパティ取得操作を呼び出す

    変換を実行するには、 PDFUtilityServiceService オブジェクトの getPDFProperties メソッドを使用して、以下を渡します。

    • A BLOB オブジェクトドキュメントを表すPDF。
    • A PDFPropertiesOptionSpec 評価するプロパティを含むオブジェクト。

    このメソッドは、 PDFPropertiesResult クエリの結果を格納するオブジェクト。

関連トピック

PDFドキュメントのプロパティの取得

Base64 エンコーディングを使用したAEM Formsの呼び出し

Base64 エンコーディングを使用する.NET クライアントアセンブリの作成

PDFドキュメントの保存モードの設定

Utilities サービスの Java および Web サービスの API を使用して、PDFドキュメントの保存モードをプログラムで設定することができます。 PDFUtilities サービスを使用して保存モードを設定する場合、PDFUtilities サービスは保存モードのみを設定し、実際にはPDFドキュメントを保存しません。 PDFドキュメントは、別のサービス操作に渡されたときに保存されます。 たとえば、Encryption Utilities サービスを使用して特定のPDF・モードを設定し、Encryption サービスに渡すことができます。この場合、PDF・ドキュメントは実際に保存および暗号化されます。

メモ

Utilities サービスの詳細については、「PDF・ユーティリティ」を参照してください。 AEM Formsのサービスリファレンス.

手順の概要

保存オプションをPDF・ドキュメントに設定するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. PDFUtilityService クライアントを作成します。
  3. 保存モードを設定します。
  4. 保存操作を呼び出します。
  5. 別の操作にPDFドキュメントを渡します。

プロジェクトファイルを含める

必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Java を使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要な JAR ファイルを含めます。 Web サービスを使用している場合は、プロキシファイルを必ず含めてください。

PDFUtilityService クライアントの作成

プログラムによって Utilities 操作をPDFする前に、PDFUtilityService クライアントを作成する必要があります。 Java API を使用する場合は、 PDFUtilityServiceClient オブジェクト。 Web サービス API では、これを PDFUtilityServiceService オブジェクト。

保存モードの設定

次の保存オプションのいずれかを選択できます。

  • INCREMENTAL:保存に要する時間を減らすために増分的に保存する
  • FAST_WEB_VIEW:高速な Web 表示用に保存
  • FULL:完全保存を使用して(最適化を行わずに)保存するには

「save style」操作を呼び出す

サービスクライアントを作成した後で、プロパティ取得操作を呼び出すことができます。

PDFドキュメントを別のAEM Forms操作に渡す

Save Utilities サービスが指定した保存モードを設定したら、PDFドキュメントを別のAEM Forms操作に渡します。 その操作から返されたPDFドキュメントは、指定されたモードで保存されます。 例えば、Utilities サービスを使用してPDF FAST_WEB_VIEW モードにしてから、PDFドキュメントを Encryption サービスの encryptUsingPassword を指定した場合、返されたPDFドキュメントはパスワードで暗号化され、 FAST_WEB_VIEW モード。

メモ

このセクションに関連付けられているクイックスタートでは、 FAST_WEB_VIEW モードにしてから、PDFドキュメントを Encryption サービスの encryptUsingPassword 操作。

関連トピック

Java API を使用してPDFドキュメントの保存オプションを設定する

Web サービス API を使用してPDFドキュメントの保存オプションを設定する

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

パスワードを使用したPDFドキュメントの暗号化

Java API を使用してPDFドキュメントの保存オプションを設定する

PDFユーティリティ API(Java) を使用して、PDFドキュメントの保存オプションを設定します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    Java プロジェクトのクラスパスに、adobe-pdfutility-client.jar などのクライアント JAR ファイルを含めます。

  2. PDFUtilityService クライアントの作成

    の作成 PDFUtilityServiceClient オブジェクトのコンストラクタを使用し、 ServiceClientFactory 接続プロパティを含むオブジェクト。

  3. 保存モードの設定

    • コンストラクタを使用して PDFUtilitySaveMode オブジェクトを作成します。
    • を呼び出して、保存モードを設定します。 PDFUtilitySaveMode オブジェクトの setSaveStyle メソッドを使用し、保存モードを指定する string 値を渡す。 例えば、Web 表示を高速化するために保存するには、 FAST_WEB_VIEW.
  4. 「save style」操作を呼び出す

    を呼び出す PDFUtilityServiceClient オブジェクトの setSaveMode メソッドを使用して、次の値を渡します。

    • A com.adobe.idp.Document オブジェクトドキュメントを表すPDF。
    • A PDFUtilitySaveMode 使用する保存スタイルを含むオブジェクト。
    • 以前の設定を上書きするかどうかを決定するために使用される Boolean 値です。

    このメソッドは、 com.adobe.idp.Document 指定した保存スタイルを使用して書式設定されたオブジェクト。

  5. PDFドキュメントを別のAEM Forms操作に渡す

    • 返された com.adobe.idp.Document オブジェクトを別のAEM Forms操作に移動します。

関連トピック

PDFドキュメントの保存モードの設定

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Web サービス API を使用してPDFドキュメントの保存オプションを設定する

PDF・ユーティリティ AP(Web サービス)を使用して、PDF・ドキュメントの保存オプションを設定します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    • Utilities サービスの WSDL ファイルを使用するMicrosoft .NET クライアントPDFを作成します。
    • Microsoft .NET クライアントアセンブリを参照します。
  2. PDFUtilityService クライアントの作成

    の作成 PDFUtilityServiceService オブジェクトを指定します。

  3. 保存モードの設定

    • コンストラクタを使用して PDFUtilitySaveMode オブジェクトを作成します。
    • 保存モードを設定するには、 PDFUtilitySaveMode オブジェクトの saveStyle 保存モードを指定するメソッド。 例えば、Web 表示を高速化するために保存するには、次のように指定します。 FAST_WEB_VIEW.
  4. 「save style」操作を呼び出す

    を呼び出す PDFUtilityServiceService オブジェクトの setSaveMode メソッドを使用して、次の値を渡します。

    • A BLOB オブジェクトドキュメントを表すPDF。
    • A PDFUtilitySaveMode 使用する保存スタイルを含むオブジェクト。
    • 以前の設定を上書きするかどうかを決定するために使用される Boolean 値です。

    このメソッドは、 BLOB 指定した保存スタイルを使用して書式設定されたオブジェクト。 その後、そのオブジェクトをPDF文書として保存できます。

  5. PDFドキュメントを別のForms操作に渡す

    • 返された BLOB オブジェクトを別のAEM Forms操作に移動します。

関連トピック

PDFドキュメントの保存モードの設定

Base64 エンコーディングを使用したAEM Formsの呼び出し

Base64 エンコーディングを使用する.NET クライアントアセンブリの作成

PDFドキュメントの不要化

PDFユーティリティ Java API を使用して、プログラムによってPDFドキュメントを XDP ドキュメントに変換できます。

メモ

Utilities サービスの詳細については、「PDF・ユーティリティ」を参照してください。 AEM Formsのサービスリファレンス.

手順の概要

PDF・ドキュメントの不要部分を削除するには、次の手順に従います。

  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. PDFUtilityService クライアントを作成します。
  3. サニタイズ操作を呼び出します。

プロジェクトファイルを含める

必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Java を使用してクライアントアプリケーションを作成するには、必要な JAR ファイルを含めます。

PDFUtilityService クライアントの作成

プログラムによってサニタイズ操作を実行する前に、PDFUtilityService クライアントを作成する必要があります。 Java API を使用する場合は、 PDFUtilityServiceClient オブジェクト。

「Invoke to XDP conversion」PDFを呼び出します

サービスクライアントを作成した後で、サニタイズ化操作を呼び出すことができます。

関連トピック

Java API を使用したPDFドキュメントの XDP ドキュメントへの変換

Web サービス API を使用してPDFドキュメントを XDP ドキュメントに変換する

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Java API を使用してPDFドキュメントを不要にする

Java(Autilities API) を使用して、ドキュメントの不要PDFを削除します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    Java プロジェクトのクラスパスに、adobe-pdfutility-client.jar などのクライアント JAR ファイルを含めます。

  2. PDFUtilityService クライアントの作成

    の作成 PDFUtilityServiceClient オブジェクトのコンストラクタを使用し、 ServiceClientFactory 接続プロパティを含むオブジェクト。

  3. 「Invoke to XDP conversion」PDFを呼び出します

    変換を実行するには、 PDFUtilityServiceClient オブジェクトの convertPDFtoXDP メソッドを使用して com.adobe.idp.Document オブジェクトファイルを表すPDF。 このメソッドは、 com.adobe.idp.Document 新しく作成された XDP ファイルを表すオブジェクト。

関連トピック

PDFドキュメントの不要化

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

このページ