Barcoded Forms の操作

Barcoded Forms サービスについて

Barcoded Forms サービスは、印刷および記入用フォームからのデータのキャプチャを自動化し、取り込んだ情報を組織の主要な IT システムに統合します。

Barcoded Forms サービスを使用すると、1 次元および 2 次元のバーコードをインタラクティブ PDF forms に追加できます。 その後、Barcoded Forms を web サイトに公開したり、電子メールまたは CD で配布したりできます。 ユーザーが Adobe Reader、Acrobat Professional またはAcrobat Standard でバーコードフォームに入力すると、バーコードが自動的に更新され、フォームデータがエンコードされます。ユーザーは、フォームを電子メールで送ったり、紙に印刷して、郵送や FAX で送信したり、直接配布したりできます。 後で、自動化されたワークフローの一部として、ユーザーが指定したデータを抽出し、承認プロセスやビジネスシステム間でデータをルーティングできます。

Barcoded Forms サービスについて詳しくは、AME Forms のサービスリファレンスを参照してください。

バーコードフォームデータのデコード

Barcoded Forms API を使用して、バーコードを含む PDF フォームまたは画像からデータをデコードできます。 フォームデータのデコードとは、バーコード内のデータを抽出することを意味します。 データを PDF フォーム(または画像)からデコードする前に、フォームにはデータが入力されている必要があります。

メモ

Barcoded Forms サービスについて詳しくは、AEM Forms のサービスリファレンスを参照してください。

手順の概要

データを PDF フォームからデコードするには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. Barcoded FormsClient API オブジェクトを作成します。
  3. バーコードデータを含む PDF フォームを取得します。
  4. データを PDF フォームからデコードします。
  5. データを XML データソースに変換します。
  6. デコードされたデータを処理します。

プロジェクトファイルを含める

必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Java を使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要な JAR ファイルを含めます。Web サービスを使用している場合は、プロキシファイルを必ず含めるようにします。

次の JAR ファイルをプロジェクトのクラスパスに追加する必要があります。

  • adobe-livecycle-client.jar
  • adobe-usermanager-client.jar
  • adobe-barcodedforms-client.jar
  • adobe-utilities.jar(AEM Forms を JBoss にデプロイする場合に必要)
  • jbossall-client.jar(AEM Forms が JBoss にデプロイされている場合に必要)
  • xercesImpl.jar(<install directory>/Adobe/Adobe_Experience_Manager_forms/sdk/client-libs\thirdparty)

AEM Forms が、JBOSS 以外のサポート対象の J2EE アプリケーションサーバー上にデプロイされている場合は、adobe-utilities.jar と jbossall-client.jar を、AEM Forms がデプロイされている J2EE アプリケーションサーバー固有の JAR ファイルに置き換える必要があります。 すべての AEM Forms JAR ファイルの場所については、AEM Forms Java ライブラリファイルの組み込みを参照してください。

Barcoded Forms Client API オブジェクトの作成

プログラムによる Barcoded Forms サービスの操作を実行する前に、Barcoded Forms サービスクライアントを作成する必要があります。 Java API を使用している場合は、BarcodedFormsServiceClient オブジェクトを作成します。Barcoded Forms web サービス API を使用している場合は、BarcodedFormsServiceService オブジェクトを作成します。

バーコードデータを含む PDF フォームの取得

ユーザーデータが入力されたバーコードを含む PDF フォームを取得する必要があります。

データを PDF フォームからデコード

バーコードを含む PDF フォーム(または画像)を取得したら、データをデコードできます。 Barcoded Forms サービスは、次の種類のバーコードをサポートしています。

  • PDF417 バーコード。
  • データマトリックスバーコード。
  • QR コードのバーコード。
  • Codabar バーコード。
  • Code 128 バーコード。
  • Code 39 バーコード。
  • EAN-13 バーコード。
  • EAN-8 バーコード。

デコード API で 16 進数の文字セットを入力した場合は、バーコードの内容が 16 進文字列としてエンコードされます。例えば、フォームで文字エンコーディングに UTF-8 を指定し、デコード操作で 16 進数を指定した場合、バーコードの内容はデコードされた出力の < xb:content> 要素で 16 進文字列としてエンコードされます。 この 16 進数値を変換して元のコンテンツを取得するには、クライアントアプリケーションでアプリケーションロジックを作成します。

データを XML データソースに変換

フォームデータをデコードした後、XDP または XFDF データに変換できます。 例えば、別のフォームにデータを読み込むとします。 データを XFA フォームに読み込むには、そのデータを XDP データに変換する必要があります。 詳しくは、フォームデータの読み込みを参照してください。

デコードされたデータを処理

変換後のデータを処理して、ビジネス要件を満たすことができます。例えば、データをデコードして変換した後に、ファイルに保存し、エンタープライズデータベースに格納し、別のフォームに入力することができます。 この節では、変換後のデータを XML ファイルとして保存する方法について説明します。

メモ

行区切りパラメーターとフィールド区切りパラメーターの値が同じ場合、Barcoded Forms サービスはバーコードデータをデコードできません

関連トピック

Java API を使用したバーコードフォームデータのデコード

Web サービス API を使用したバーコードフォームデータのデコード

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Java API を使用したバーコードフォームデータのデコード

Barcoded Forms API(Java)を使用してフォームデータをデコードします。

  1. プロジェクトファイルを含める

    クライアント JAR ファイルを Java プロジェクトのクラスパスに含めます。

  2. Barcoded Forms クライアント API オブジェクトの作成

    コンストラクターを使用し、接続プロパティを含む ServiceClientFactory オブジェクトを渡すことにより、BarcodedFormsServiceClient オブジェクトを作成します。

  3. バーコードデータを含む PDF フォームを取得する

    • コンストラクターを使用し、PDF ドキュメントの場所を指定する文字列値を渡すことにより、バーコードデータを含む PDF フォームを表す java.io.FileInputStream オブジェクトを作成します。
    • コンストラクタを使用して com.adobe.idp.Document オブジェクトを渡すことによって、java.io.FileInputStream オブジェクトを作成します。
  4. データを PDF フォームからデコード

    BarcodedFormsServiceClient オブジェクトの decode メソッドを呼び出し、次の値を渡すことにより、フォームデータをデコードします。

    • PDF フォームを含む com.adobe.idp.Document オブジェクト。
    • PDF417 バーコードをデコードするかどうかを指定する java.lang.Boolean オブジェクト。
    • データマトリックスバーコードをデコードするかどうかを指定する java.lang.Boolean オブジェクト。
    • QR コードバーコードをデコードするかどうかを指定する java.lang.Boolean オブジェクト。
    • codabar バーコードをデコードするかどうかを指定する java.lang.Boolean オブジェクト。
    • コード 128 バーコードをデコードするかどうかを指定する java.lang.Boolean オブジェクト。
    • コード 39 バーコードをデコードするかどうかを指定する java.lang.Boolean オブジェクト。
    • EAN-13 バーコードをデコードするかどうかを指定する java.lang.Boolean オブジェクト。
    • EAN-8 バーコードをデコードするかどうかを指定する java.lang.Boolean オブジェクト。
    • バーコードで使用される文字セットのエンコード値を指定する com.adobe.livecycle.barcodedforms.CharSet 定義済みリスト値。

    decode メソッドは、デコードされたフォームデータを含む org.w3c.dom.Document オブジェクトを返します。

  5. データを XML データソースに変換する

    BarcodedFormsServiceClient オブジェクトの extractToXML メソッドを呼び出し、次の値を渡すことにより、デコードされたデータを XDP または XFDF データに変換します。

    • デコードされたデータを含む org.w3c.dom.Document オブジェクト(decode メソッドの戻り値を使用していることを確認してください)。
    • 行の区切りを指定する com.adobe.livecycle.barcodedforms.Delimiter 定義済みリスト値。 Delimiter.Carriage_Return を指定することをお勧めします。
    • フィールド区切りを指定する com.adobe.livecycle.barcodedforms.Delimiter 定義済みリスト値。例えば、Delimiter.Tab を指定します。
    • バーコードデータを XDP または XFDF XML データに変換するかどうかを指定する com.adobe.livecycle.barcodedforms.XMLFormat 定義済みリスト値。例えば、データを XDP データに変換するには XMLFormat.XDP を指定します。
    メモ

    行区切りパラメーターとフィールド区切りパラメーターに同じ値を指定しないでください。

    extractToXML メソッドは、各要素が org.w3c.dom.Document オブジェクトである java.util.List オブジェクトを返します。フォーム上のバーコードごとに別々の要素があります。 つまり、フォームに 4 つのバーコードがある場合、返された java.util.List オブジェクトには 4 つの要素が含まれます。

  6. デコードされたデータを処理

    • java.util.List オブジェクトを反復処理して、リストにある各 org.w3c.dom.Document オブジェクトを取得します。
    • リストの各要素に対して、 org.w3c.dom.Document オブジェクトを com.adobe.idp.Document オブジェクトに変換します(org.w3c.dom.Document オブジェクトを com.adobe.idp.Document オブジェクトに変換するアプリケーションロジックは、「Java API を使用したバーコード化されたフォームデータのデコード」の例で示しています)。
    • com.adobe.idp.Document オブジェクトの copyToFile を呼び出し、XML ファイルを表す File オブジェクトを渡すことにより、XML データを XML ファイルとして保存します。

関連トピック

クイックスタート(SOAP モード):Java API を使用してバーコードフォームデータをデコード

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Web サービス API を使用したバーコードフォームデータのデコード

Barcoded Forms API(web サービス)を使用したフォームデータのデコード:

  1. プロジェクトファイルを含める

  2. Barcoded Forms クライアント API オブジェクトの作成

    Barcoded Forms サービス WSDL を使用する Microsoft .NET クライアントアセンブリを使用して、デフォルトのコンストラクターを呼び出し、 BarcodedFormsServiceService オブジェクトを作成します。

  3. バーコードデータを含む PDF フォームを取得する

    • コンストラクタを使用して BLOB オブジェクトを作成します。BLOB オブジェクトは、バーコードを含む PDF ドキュメントを保存するために使用されます。
    • コンストラクターを呼び出し、PDF ドキュメントのファイルの場所とファイルを開くモードを表す文字列値を渡して、System.IO.FileStream オブジェクトを作成します。
    • System.IO.FileStream オブジェクトのコンテンツを格納するバイト配列を作成します。System.IO.FileStream オブジェクトの Length プロパティを取得することで、バイト配列のサイズを決定できます。
    • バイト配列にストリームデータを入力するには、System.IO.FileStream オブジェクトの Read メソッドを呼び出し、バイト配列、開始位置、読み取るストリーム長を渡します。
    • binaryData プロパティにバイト配列の内容を割り当てて、BLOB オブジェクトを入力します。
  4. データを PDF フォームからデコード

    BarcodedFormsServiceService オブジェクトの decode メソッドを呼び出し、次の値を渡すことにより、フォームデータをデコードします。

    • PDF フォームを含む BLOB オブジェクト。
    • PDF417 バーコードをデコードするかどうかを指定する Boolean オブジェクト。
    • データマトリックスバーコードをデコードするかどうかを指定する Boolean オブジェクト。
    • QR コードバーコードをデコードするかどうかを指定する Boolean オブジェクト。
    • codabar バーコードをデコードするかどうかを指定する Boolean オブジェクト。
    • コード 128 バーコードをデコードするかどうかを指定する Boolean オブジェクト。
    • コード 39 バーコードをデコードするかどうかを指定する Bolean オブジェクト。
    • EAN-13 バーコードをデコードするかどうかを指定する Boolean オブジェクト。
    • EAN-8 バーコードをデコードするかどうかを指定する Boolean オブジェクト。
    • バーコードで使用されている文字セットのエンコーディング値を指定する CharSet 列挙値

    この decode メソッドは、デコードされたフォームデータを含む文字列値を返します。

  5. データを XML データソースに変換する

    BarcodedFormsServiceService オブジェクトの extractToXML メソッドを呼び出し、次の値を渡して、デコードされたデータを XDP データまたは XFDF データに変換します。

    • デコードされたデータを含む文字列値(decode メソッドの戻り値を使用していることを確認します)
    • 行の区切り文字を指定する Delimiter 列挙値Delimiter.Carriage_Return を指定することをお勧めします。
    • フィールド区切りを指定する Delimiter 定義済みリスト値。例えば、Delimiter.Tab を指定します。
    • バーコードデータを XDP または XFDF XML データに変換するかどうかを指定する XMLFormat 定義済みリスト値。例えば、データを XDP データに変換するには XMLFormat.XDP を指定します。
    メモ

    行区切りパラメーターとフィールド区切りパラメーターに同じ値を指定しないでください。

    extractToXML メソッドは、 各要素が BLOB インスタンスである Object 配列を返します。フォーム上のバーコードごとに別々の要素があります。 つまり、フォームに 4 つのバーコードがある場合、返される Object 配列には 4 つの要素が含まれます。

  6. デコードされたデータを処理

    • コンストラクターを呼び出し、保護された PDF ドキュメントのファイルの場所を表す文字列の値を渡して、System.IO.FileStream オブジェクトを作成します。
    • encryptPDFUsingPassword メソッドが返した BLOB オブジェクトのデータコンテンツを格納するバイト配列を作成します。 BLOB オブジェクトの binaryData データメンバーの値を取得して、バイト配列を生成します。
    • コンストラクターを使用して System.IO.BinaryWriter オブジェクトを渡すことによって、System.IO.FileStream オブジェクトを作成します。
    • System.IO.BinaryWriter オブジェクトの Write メソッドを呼び出して、バイト配列を渡すことによって、バイト配列の内容を PDF ファイルに書き込みます。

関連トピック

Base64 エンコーディングを使用した AEM Forms の呼び出し

このページ