一般設定の更新

AEM Forms アプリの一般設定によって、添付ファイルの取得、オフラインモード、ランディング画面、デフォルトのカテゴリー、自動保存の頻度などの設定を行うことができます。

アプリケーションの一般設定を更新する

アプリケーションを AEM Forms サーバーと同期すると、すべてのフォームと定義済みタスクがモバイルデバイス上にダウンロードされます。

標準搭載のAEM Formsアプリソリューションでは、各フォームに関連付けられた添付ファイルをアプリが同期されたときにダウンロードすることはありません。

「一般」タブで、ダウンロードの添付ファイルや、オフラインモード、ランディング画面、自動保存、および同期設定変更します。You can change the Home screen of your app.

設定画面で、「一般」タブに移動します。

  1. 設定画面に移動するには、ホーム画面の左上角にあるメニューボタンをタップしてから、「設定」をタップします。

  2. 設定画面で、「一般」タブをタップします。

    AEM Forms アプリケーションの一般設定

    メモ

    このオプションは、モバイルデバイスごとに表示が異なる場合があります。

一般設定

アプリの設定では、次の項目を変更することができます。

  • タスク添付ファイルを取得: 各タスクがアプリケーションにダウンロードされたときに、関連の添付ファイルをダウンロードするかどうかを指定します。

  • オフラインモード: AEM Forms アプリケーションのオフラインサービスを有効または無効にします。詳細については、「オフラインモードの使用」を参照してください。

  • ランディング画面: アプリケーションの開始場所(ホーム画面)を設定します。

    選択可能なオプション:

    • フォーム
    • タスク
    • お気に入り
  • デフォルトカテゴリ: ホーム画面に表示するフォームのカテゴリを選択できます。「すべて」を選択すると、すべてのフォームがホーム画面に表示されます。カテゴリは、アプリケーションにロードされるフォームに基づいて自動入力されます。Formsは、AEM Formsサーバーで指定されたフォーム設定に基づいて、アプリで使用できます。

  • 自動保存頻度: モバイルアプリでフォームデータがロー カルに保存される頻度を設定する場合

  • 同期頻度: オンラインモードで モバイルアプリがAEM Formsサーバーと同期される頻度を設定する場合

ローカルデータの消去:デバイス上からデータベースを消去します。この中には、すべてのユーザやファイルストレージ用の設定とローカルデータが含まれます。

メモ

キャッシュを消去すると、直後にアプリからログアウトされます。

ただし、キャッシュ消去の操作を確認するプロンプトが表示されます。

このページ