ジェスチャーのカスタマイズ

AEM Formsアプリのジェスチャーをカスタマイズして、アプリと対話する独自の方法を提供できます。 例えば、新しいジェスチャーを追加して、タスクーやStartpointを開いたり閉じたりできます。

AEM Forms アプリケーションのジェスチャーをカスタマイズするには

AEM Forms アプリケーションで、左スワイプは新しいタスクまたは Startpoint を開き、右スワイプは何もしません。次の例は、AEM Formsアプリで右スワイプジェスチャーを実行したときに新しいタスクまたはStartpointを開く手順を提供しています。

  1. プロジェクトを開きます。

    • iOSの場合は、XcodeでCapture.xcodeprojを開きます。
    • Android の場合、Eclipse で Android プロジェクトを開きます。
    • Windowsの場合は、Visual StudioでMWSWindows.slnを開きます。
  2. 表示フォルダーに移動し、task.jsファイルを開いて編集します。

    • Xcodeで、Capture > www > wsmobile > js > runtime > luntime >表示​フォルダーに移動します。
    • Eclipseで、assets > www > wsmobile > js > runtime > luntime >表示​フォルダーに移動します。
    • Visual Studioで、MWSWindows > www > wsmobile > js > runtime > luntime > livers​表示ーに移動します。
    メモ

    task.js ファイルには、タスクリストまたは Startpoint リストに表示されている各タスクまたは Startpoint に関連付けられた Backbone ビューが含まれています。

  3. task.jsファイルで、表示のイベントプロパティを検索します。

    イベントプロパティは、次の形式の各エントリとのマップです。

    "EventName Selector": "Function"

    Selectorで指定されたHTMLイベントにEventNameという名前のJavaScript要素をトリガーすると、Functionが呼び出されます。

  4. 検索

    • "tap .taskContentArea" :"onTaskClick",

      "tap .taskOpenArea" :"onTaskClick",

      "tap .タスクコンテンツ" :"onTaskClick",

      "tap .last_empty_div" :"onTaskClick",
      これを

    • "swipe .taskContentArea" :"onTaskClick",

      "swipe .taskOpenArea" :"onTaskClick",

      "スワイプ。タスクコンテンツ":"onTaskClick",

      "スワイプ.last_empty_div" :"onTaskClick",

  5. task.jsファイルを保存して閉じます。

  6. AEM Forms アプリケーションをビルドし実行します。これで、左スワイプと右スワイプを使用してタスクを開くことができます。

同様に、さまざまな組み合わせのジェスチャー、HTML 要素、および関数に対して、他のビューで変更を行うことができます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now