AEM Forms アプリケーションで自動保存を使用

Adobe Experience Manager Forms アプリケーションでユーザーがデータを入力すると、自動保存の機能により一定の間隔でデータが保存されます。AEM Forms アプリケーションの自動保存の機能は、意図せずにアプリケーションを終了した場合にデータの損失を防ぐことができます。

次のような場合にアプリケーションが意図せずに終了することがあります。

  • バッテリー残量の低下によりデバイスがシャットダウンした場合
  • ユーザーがアプリケーションを故意に終了した場合
  • 予期しないクラッシュが発生した場合

入力したデータを保存する間隔は、指定することができます。

メモ

自動保存の頻度は慎重に選択してください。自動保存を頻繁に実行すると、デバイスのパフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。

AEM Forms アプリケーションで自動保存の機能を使用するには、次の手順を実行します。

  1. アプリケーションにログインし、設定/一般​に移動します。

  2. 一般画面で「自動保存頻度」オプションを使用し、入力したデータをアプリケーションで保存する間隔を選択します。
    自動保存頻度の設定

  3. アプリケーションを再起動して同じユーザーでログインすると、未保存のタスクの復元ダイアログで、タスクを復元するように求められます。未保存のタスクの復元ダイアログで「OK」をクリックすると、保存済みのタスクで作業を再開できます。「キャンセル」をクリックし、最後にトリガーされた自動保存の保存済みデータを削除して、新しいタスクで作業を始めることもできます。

    OK」をクリックすると、アプリケーションがクラッシュする前に最後にトリガーされた自動保存に対応するデータが使用されてタスクが復元されます。タスクに関連付けられたフォームデータとすべての添付ファイルも復元されます。
    タスクの復元​A. 作業中のフォーム B. 強制終了したアプリ C. 未保存のタスクを復元ダイアログで再起動したアプリ D. 元のデータで復元されたフォーム

このページ