代替フォントの設定

デフォルトのフォントがサーバーでは使用できない場合に、FontManagerResources.properties ファイルを手動で設定して、デフォルトの AEM forms のフォントを代替フォントにマップすることができます。このプロパティファイルは、adobe-fontmanager.jar ファイルにあります。

メモ

代替フォントの設定は Assembler サービスにも適用されます。

  1. [aem-forms root]/configurationManager/exportディレクトリのadobe-livecycle-[appserver].earファイルに移動し、バックアップコピーを作成して、元のファイルを解凍します。

  2. adobe-fontmanager.jar ファイルを検索し、展開します。

  3. FontManagerResources.properties ファイルを検索し、テキストエディターで開きます。

  4. 必要に応じて汎用フォントと代替フォントの場所と名前を変更し、ファイルを保存します。

    FontManagerResources.propertiesファイルのフォントエントリは、[aem-forms root]/fontsディレクトリを基準とした相対パスです。 デフォルトの AEM forms フォントではないフォントを指定する場合は、このディレクトリ構造内(既存のディレクトリ内または新しく作成したディレクトリ内)にそれらのフォントをインストールする必要があります。

    メモ

    指定したフォントまたはデフォルトのフォントに特定の Unicode 文字が含まれない場合や使用できない場合、その文字は次の優先度に従って代替フォントから取得されます。

    • ロケール固有のフォント
    • ロケールが設定されていない場合は ROOT フォント
    • 代替テーブルで設定された順序で検索される汎用フォント
  5. adobe-fontmanager.jar ファイルを再パッケージ化します。

  6. adobe-livecycle-[appserver].earファイルを再パッケージ化し、手動で、またはConfiguration Managerを実行して再デプロイします。

メモ

変更内容がAEM formsのデフォルト値で上書きされるので、Configuration Managerを使用してadobe-livecycle-[appserver].earファイルを再パッケージ化しないでください。

このページ