エンドポイントの種類

サービスを使用する前に、エンドポイントを設定して有効にする必要があります。エンドポイントには、サービスを呼び出す方法が指定されています。

メモ

Workbench でエンドポイントは開始点と呼ばれます。

次の種類のエンドポイントをサービスに追加できます。すべてのエンドポイントをサポートしていないサービスもあります。

電子メール: 1 つ以上の添付ファイルを含む電子メールメッセージを指定した電子メールアカウントに送信することで、ユーザーがサービスを呼び出せるようにします。 電子メールエンドポイントを設定する前に、必要な電子メールアカウントを設定する必要があります(電子メールエンドポイントの設定を参照)。

監視フォルダ: ユーザーがフォルダーにファイルを配置して、定義された間隔でスキャンすることで、サービスを呼び出せるようにします。 (監視フォルダーエンドポイントの設定を参照)。

タスクマネージャ: Workspace ユーザーがサービスを呼び出せるようにします。

リモート: Flexで構築されたアプリケーションが、(AEM forms では非推奨 )AEM forms Remoting を使用してサービスを呼び出せるようにします。 リモートエンドポイントは、アクティブ化された各サービスに対して自動的に作成されます。エンドポイントと同じ名前を持つ Flex の宛先が作成され、Flex クライアントは、関連するサービスの操作を呼び出すために、この宛先を指すリモートオブジェクトを作成できます。

SOAP : AEM forms プログラミング API を使用して開発されたクライアントアプリケーションが、SOAP モードを使用してサービスを呼び出せるようにします。 SOAP エンドポイントは、アクティブ化された各サービスに対して自動的に作成されます。

注意: Adobe AcrobatまたはAdobe Readerでドキュメントを表示しているときに SOAP エンドポイントを使用すると、Document Security ドキュメントからセキュリティを削除できます。 LCRM ドキュメントで SOAP エンドポイントを無効にする方法について詳しくは、「Document Security ドキュメントの SOAP エンドポイントの無効化」を参照してください。

EJB: AEM forms プログラミング API を使用して開発されたクライアントアプリケーションが、Enterprise JavaBeans(EJB) モードを使用してサービスを呼び出せるようにします。 EJB エンドポイントは、アクティブ化された各サービスに対して自動的に作成されます。

WSDL: AEM forms プログラミング API を使用して開発されたクライアントアプリケーションが、Web Service Definition Language(WSDL) を使用してサービスを呼び出せるようにします。 コア設定ページには、AEM Forms に属するすべてのサービスで WSDL の生成を有効にするオプションが含まれています(一般的な AEM Forms の設定を参照してください。)

REST: Workbench で作成されたプロセスは、Representational State Transfer(REST) 要求を通じて呼び出せるように設定できます。 REST 要求は HTML ページから送信されます。つまり、REST 要求を使用して、Web ページから直接 AEM Forms プロセスを呼び出すことができます。

電子メール、タスクマネージャー、監視フォルダーおよびリモートの各エンドポイントによって使用可能になるのは、サービスの特定の操作だけです。これらのエンドポイントを追加する場合は、サービスの呼び出し方法の選択、設定パラメーターの指定、入力および出力のパラメーターマッピングの指定を行うので、もう一段階の設定手順が必要になります。

このページ