ヘルスモニターのパフォーマンスに関する微調整

ヘルスモニターに表示するためにシステム統計を収集すると、AEM Forms 環境のパフォーマンスに多少の影響があります。お使いのアプリケーションサーバーで以下に示す Java オプションを設定すると、この影響を抑制できます。

プロパティ

目的

デフォルト値

adobe.healthmonitor.enabled

ヘルスモニターのスレッドの有効化または無効化

true

adobe.cache.statistics-enabled

Gemfire のキャッシュの有効化または無効化。

true

adobe.healthmonitor.refresh-interval

ヘルスモニターのスレッドで統計情報を収集する間隔(ミリ秒単位)。

10 分(600,000 ミリ秒)

adobe.cache.multicast-port

分散システムの他のメンバーとの通信に使用するマルチキャストポート。ゼロに設定すると、メンバーの検出と配信の両方についてマルチキャストが無効になります。

注意:異なる分散システムには、異なるマルチキャストアドレスとポートを選択します。アドレスのみ異なる構成は使用しないでください。

デフォルト値はありません。有効な値は、0 ~ 65535 です。

statistic-sample-rate

統計情報がサンプリングされる頻度(ミリ秒単位)。オペレーティングシステムの統計情報は、サンプリングが行われるときにのみ更新されます。

600000

adobe.workmanager.healthmonitor.enabled

このプロパティでは、ワークマネージャーの統計情報(ジョブ数や作業項目数など)の収集を有効または無効にします。

true

JBoss への Java オプションの追加

  1. JBoss アプリケーションサーバーを停止します。
  2. [appserver root]/bin/run.bat(Windows)またはrun.sh(LinuxまたはUNIX)をエディターで開き、必要に応じてJavaオプションを追加します。
  3. サーバーを再起動します。

WebLogic への Java オプションの追加

  1. WebブラウザーのURL行にhttps://[host name]:[port]/consoleと入力して、WebLogic管理コンソールを起動します。
  2. WebLogic Server ドメインに対して作成したユーザー名とパスワードを入力し、「Log In」をクリックします。「Change Center」で、「Lock & Edit」をクリックします。
  3. 「Domain Structure」で、Environment/Servers をクリックし、右側のウィンドウで、管理対象サーバー名をクリックします。
  4. 次の画面で、「Configuration」タブ/「Server Start」タブをクリックします。
  5. 「Arguments」ボックスで、現在の内容の末尾に必要な引数を付加します。例えば、 - Dadobe.healthmonitor.enabled=falseを追加すると、ヘルスモニターが無効になります。
  6. 「Save」をクリックし、「Activate Changes」をクリックします。
  7. WebLogic 管理対象サーバーを再起動します。

WebSphere への Java オプションの追加

  1. WebSphere Administrative Console のナビゲーションツリーで、アプリケーションサーバーに対して次の操作を実行します。

    (WebSphere 6.x)Servers/Application servers をクリックします。

    (WebSphere 7.x)Servers/Server Types/WebSphere application servers をクリックします。

  2. 右側のウィンドウで、サーバー名をクリックします。

  3. 「Server Infrastructure」で、Java and forms workflow/Process Definition をクリックします。

  4. 「Additional Properties」で、「Java Virtual Machine」をクリックします。

  5. 「Generic JVM arguments」ボックスに、必要な引数を入力します。

  6. 「OK」または「Apply」をクリックし、「Save directly to the master configuration」をクリックします。

このページ