Windows Vista での SSL の設定

Windows Vista™ で SSL を設定するには、認証時に RSA 鍵が設定された SSL 秘密鍵証明書が必要になります。Java keytool を使用して、証明書を作成できます。

メモ

Windows Vista は DSA 鍵には対応していません。

証明書およびキーストアの作成に必要なすべての情報を指定した 1 つのコマンドを使用することにより、keytool を実行できます。

SSL 証明書の作成

  1. コマンドプロンプトで、に移動します。 [JAVA ホーム]/bin と次のコマンドを入力して、証明書とキーストアを作成します。

    keytool -genkey -keyalg RSA -dname "CN=ホスト名 , OU=グループ名 , O=会社名 ,L=市区町村​​*名前 , S=都道府県 , C=国コード " -alias"LC Cert"* -keypass *key*_**​パスワード -keystorekeystorename .keystore

    メモ

    置換 [JAVA_HOME] を JDK がインストールされているディレクトリに置き換え、斜体のテキストを環境に対応する値に置き換えます。

  2. タイプ changeit をパスワードとして設定します。 Java インストールではこれがデフォルトのパスワードですが、システム管理者によって変更されている場合があります。

このページ