Acrobat Reader DC Extensions で使用するタイムアウト値の設定

Acrobat Reader DC Extensions で多数の PDF ファイルを処理している場合は、以下のタイムアウト値を適切に設定して、ジョブがタイムアウトして失敗するのを防ぎます。

ドキュメント廃棄タイムアウト:

この値は管理コンソールで設定できます。設定/コアシステム設定/設定を選択し、「デフォルトのドキュメント廃棄タイムアウト」に値を指定します。

User Manager AEM formsタイムアウト: この値は、config.xmlファイルを編集することで設定できます。 管理コンソールで、設定/User Management/設定/既存の設定ファイルの読み込みと書き出しをクリックし、「書き出し」をクリックします。書き出された config.xml ファイルを開き、次の行を編集します。

<entry key="assertionValidityInMinutes" value="600"/>

<entry key="SessionTimeout" value="600"/>

config.xml ファイルを保存し、再び管理コンソールに読み込みます。

アプリケーションサーバーセッションタイムアウト: この値は、アプリケーションサーバーで設定できます。 詳しくは、アプリケーションサーバーに付属するマニュアルを参照してください。

このページ