フォームのプレビュー

概要

AEM Forms では、リポジトリ内にあるフォームやドキュメントをプレビューできます。プレビューを使用すると、フォームがエンドユーザーにリリースされる際にどのように見え、作動するのかを明確に理解できます。

フォームをプレビューすると、フォームはインタラクティブインターフェイスでレンダリングされ、ユーザーはフォームにデータを入力できます。ドキュメントをプレビューすると、ドキュメントは非インタラクティブモードでレンダリングされ、ユーザーはドキュメントのみを見ることができます。フォームの場合、カスタムプレビューの追加オプションが使用できます。このオプションを使用すると、XML ファイルのデータを使用してフォームをプレビューできます。プレビューしているフォームのフィールドの一部またはすべてにデータが入力されます。

次の表に、サポートされているフォームのタイプごとに使用できるプレビューオプションを示します。

アセットタイプ
使用できるプレビューオプション
ドキュメント PDF プレビュー
PDF フォーム PDF プレビューとデータを使用したプレビュー
アダプティブフォーム HTML プレビューとデータを使用した HTML プレビュー
フォームテンプレート PDF プレビュー、データを使用した PDF プレビュー、HTML プレビュー、データを使用した HTML プレビュー

フォームのプレビュー

  1. プレビューするアセットを選択し、アクションツールバーのプレビュー aem6forms_preview をクリックします。

    メモ

    アセットを選択するには、デフォルトのカードビューをリストビューに切り替えます。aem6forms_viewlist または aem6forms_viewcard をクリックして、表示を切り替えます。

  2. プレビューをクリックすると、選択されているアセットタイプで使用できるプレビューオプションが表示されます。必要なオプションをクリックすると、選択されているアセットが新しいタブにレンダリングされます。

    以下のオプションがあります。

    • HTML としてプレビュー
    • データを使用したプレビュー
    • PDF としてプレビュー(フォームテンプレートから選択可能)

データを使用したプレビュー

データを使用したプレビュー」を選択すると、実際のデータが入力された状態でフォームの様子を見ることができます。データを使用したプレビューオプションでは、サンプルユーザーデータを含めた XML をアップロードできます。サンプルユーザーデータを使用して、選択したフォーマットでプレビューフォームに自動入力します。

  1. アセットを選択し、プレビュー aem6forms_preview をクリックし、「データを使用してプレビュー」を選択します。
  2. フォームのプレビューダイアログで、FormData を XML ファイルとして指定します。プレビューをクリックして、XML からのマージされたデータでフォームをレンダリングします。

このページ