アダプティブフォームでの SOM 式の使用

アダプティブフォームは AEM ページとしてモデル化され、AEM リポジトリで JCR コンテンツ構造で表示されます。コンテンツ構造のキー要素は guideContainer ノードです。guideContainer の下にある rootPanel にはネストされたパネルやフィールドが含まれる場合があります。

Scripting Object Model(SOM)を使用し、特定の Document Object Model(DOM)内の値、プロパティ、メソッドを参照できます。DOM はメモリのオブジェクトとプロパティをツリー階層で編成します。SOM 式はフィールド/描画の要素とパネルを参照します。

次の画像は、コンポーネントをフォームに追加する際にアダプティブフォームが変換するノード構造を示しています。 例えば、パネルをルートパネルに追加し、実行時に DOM に変換されるパネルにラジオボタンを追加できます。アダプティブフォームのラジオボタンフィールドのSOM式はguide[0].guide1[0].guideRootPanel[0].panel1[0].radiobutton[0]として指定されています。

DOM ツリー

アダプティブフォーム内のすべての要素の SOM 式には、guide[0].guide1[0] ] というプレフィックスが付けられます。ノード構造階層のコンポーネントの場所は SOM 式の派生に使用されます。

2 つのラジオボタンを持つ DOM ツリー

アダプティブフォームでラジオボタンの位置を変更すると、SOM 式が変更されます。オーサリングモードでは、「SOM 式を表示」オプションを使用して AEM Forms 内のフィールドや要素の SOM 式を表示できます。このオプションはフィールドや要素を右クリックするとパネル上に表示されます。

アダプティブフォームでの SOM 式の抽出

パネル内では、この機能にパネルツールバーからアクセスできます。この機能はアダプティブフォーム作成者のスクリプティングを促進します。

パネルツールバーを使用した SOM 式の抽出

GuideBridge に一覧表示されている API の一部は要素の SOM 式を使用します。例えば、アダプティブフォーム内の特定のフィールドにフォーカスを移動するには、対応する SOM 式を getFocusguideBridge API に渡します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now