選択したユーザーグループにルールエディターへのアクセスを許可する

概要

アダプティブフォームで作業を行うユーザーのタイプやスキルは、それぞれ異なっています。正しい知識を使用してスクリプトや複雑なルールを操作できる上級ユーザーもいれば、アダプティブフォームのレイアウトや基本的なプロパティ以外の操作はできない初心者レベルのユーザーもいます。

AEM Forms では、各ユーザーの役割や職務に応じて、ルールエディターへのアクセスを制限することができます。アダプティブフォームの設定サービスを使用して、ルールエディターを表示してアクセスできるユーザーグループを指定することができます。

ルールエディターにアクセスできるユーザーグループの指定

  1. 管理者として AEM Forms にログインします。

  2. オーサーインスタンスで、adobeexperiencemanagerAdobe Experience Manager/ツールハンマー/操作/Web コンソール をクリックしてください。新しいウィンドウに web コンソールが表示されます。

    1

  3. Web コンソールウィンドウで、アダプティブフォームとインタラクティブ通信の web チャネル設定​を探してクリックします。アダプティブフォームおよびインタラクティブ通信 web チャネルの設定​ダイアログが表示されます。値を変更せずに、「保存」をクリックします。

    これにより、CRX リポジトリに /apps/system/config/com.adobe.aemds.guide.service.impl.AdaptiveFormConfigurationServiceImpl.config ファイルが作成されます。

  4. 管理者として CRXDE にログインします。編集のため、/apps/system/config/com.adobe.aemds.guide.service.impl.AdaptiveFormConfigurationServiceImpl.config ファイルを開きます。

  5. 次のプロパティを使用して、ルールエディターにアクセスできるグループの名前(例えば RuleEditorsUserGroup)を指定し、「すべて保存」をクリックします。

    af.ruleeditor.custom.groups=["RuleEditorsUserGroup"]

    複数のグループにアクセスを有効にするには、コンマ区切りの値のリストを指定します。

    af.ruleeditor.custom.groups=["RuleEditorsUserGroup", "PermittedUserGroup"]

    create-user

    これで、指定したユーザーグループ(ここでは RuleEditorsUserGroup)に属していないユーザーがフィールドをタップしたときに、ルールを編集アイコン ( edit-rules1) は、コンポーネントツールバーでは使用できません。

    componentstoolbarwither

    ルールエディターへのアクセス権を持つユーザーに表示されるコンポーネントツールバー

    componentstoolbarwithouter

    ルールエディターへのアクセス権を持たないユーザーに表示されるコンポーネントツールバー

    ユーザーをグループに追加する方法については、ユーザーの管理とセキュリティを参照してください。

このページ