カスタムノードタイプ

AEMはSlingに基づいており、JCRリポジトリを使用するので、次の2つのノードタイプが提供されるノードタイプを使用できます。

これらに加えて、AEMには、様々なカスタムノードタイプが用意されています。

監査

cq:AuditEvent

説明

監査イベントノードのノードタイプを定義します。

  • @prop cq:time
  • @prop cq:userid
  • @prop cq:path
  • @prop cq:type
  • @prop cq:category
  • @prop cq:properties

定義

  • [cq:AuditEvent]
    • - * (undefined)
    • - * (undefined) multiple
    • + * (nt:base) = nt:base multiple version
  • - cq:time (date)
  • - cq:userid (string)
  • - cq:path (string)
  • - cq:type (string)
  • - cq:category (string)
  • - cq:properties (binary)

コメント

cq:Comment

説明

コメントノードのノードタイプを定義します。

  • @prop userIdentifier

定義

  • [cq:Comment] > mix:title, mix:created, mix:language, nt:unstructured, cq:Taggable
  • - email (string)
  • - ip (string)
  • - referer (string)
  • - url (string)
  • - userAgent (string)
  • - userIdentifier (string)
  • - authorizableId (string)

cq:CommentAttachment

説明

commentattachmentノードのノードタイプを定義します

定義

  • [cq:CommentAttachment] > nt:file
    • - * (undefined)
    • - * (undefined) multiple

cq:CommentContent

説明

コメントコンテンツノードのノードタイプを定義します。

定義

  • [cq:Comment] > mix:title, mix:created, mix:language, nt:unstructured, cq:Taggable
  • - email (string)
  • - ip (string)
  • - referer (string)
  • - url (string)
  • - userAgent (string)
  • - userIdentifier (string)
  • - authorizableId (string)

cq:GeoLocation

説明

地理的な位置を 10 進数の度(DD)で定義する mixin です。

  • @prop latitude — 緯度(10進法)を使用して重複としてエンコードされた緯度
  • @prop longitude — 度(10進法)を使用して重複としてエンコードされた経度

定義

  • [cq:GeoLocation] mixin
  • - latitude (double)
  • - longitude (double)

cq:Trackback

説明

トラックバックノードのノードタイプを定義します。

定義

  • [cq:Trackback] > mix:title, mix:created, mix:language, nt:unstructured

コア

cq:Page

説明

デフォルトの CQ ページを定義します。

  • @node jcr:content — ページのプライマリコンテンツ。

定義

  • [cq:Page] > nt:hierarchyNode orderable
    • + jcr:content (nt:base) = nt:unstructured copy primary
    • + * (nt:base) = nt:base version

cq:PseudoPage

説明

ノードを疑似ページとしてマークする mixin タイプを定義します。この設定により、ノードをページおよび WCM 編集をサポートするように適応させることができます。

定義

  • [cq:PseudoPage] mixin

cq:PageContent

説明

ページコンテンツのデフォルトノードと、WCM によって使用される最小限のプロパティを定義します。

  • @prop jcr:title — ページのタイトル。
  • @prop jcr:description — このページの説明。
  • @prop cq:template — ページの作成に使用するテンプレートのパス。
  • @prop cq:allowedTemplates — 許可される式のパスを決定するために使用される正規テンプレートのリスト。
  • @prop pageTitle — 通常、 <title> タグに表示されるタイトル。
  • @prop navTitle — 通常、ナビゲーションで使用されるタイトル。
  • @prop hideInNav — ページをナビゲーションで非表示にするかどうかを指定します。
  • @prop onTime — このページが有効になる時間。
  • @prop offTime — このページが無効になる時間。
  • @prop cq:lastModified — ページ(またはその段落)が最後に変更された日付。
  • @prop cq:lastModifiedBy — ページ(またはその段落)を最後に変更したユーザー。
  • @prop jcr:language — ページコンテンツの言語。
メモ

ページコンテンツでのこのタイプの使用は必須ではありません。

定義

  • [cq:PageContent] > nt:unstructured, mix:title, mix:created, cq:OwnerTaggable, sling:VanityPath, cq:ReplicationStatus, sling:Resource orderable
    • - cq:template (string)
    • - cq:allowedTemplates (string) multiple
    • - pageTitle (string)
    • - navTitle (string)
    • - hideInNav (boolean)
    • - onTime (date)
    • - offTime (date)
    • - cq:lastModified (date)
    • - cq:lastModifiedBy (string)
    • - cq:designPath (string)
    • - jcr:language (string)

cq:Template

説明

CQ テンプレートを定義します。

  • @node jcr:content — 新しいページのデフォルトコンテンツ。
  • @node icon.png — 特徴的なアイコンを持つファイル。
  • @node thumbnail.png — 特有のサムネール画像を保持するファイル。
  • @node workflows — ワークフロー設定の自動割り当て。設定は次の構造に従います。
    • + workflows
      • + name1
        • - cq:path
          • - cq:workflowName
  • @prop allowedParents — 親式として許可されるテンプレートへのパスを決定する正規テンプレートパターン。
  • @prop allowedChildren — 子テンプレートとして許可される式へのパスを決定する正規テンプレートパターン。
  • @prop ranking — ページの作成ダイアログ内でのテンプレートのリスト内の位置。

定義

  • [cq:Template] > nt:hierarchyNode, mix:title
    • - * (undefined)
    • - * (undefined) multiple
    • + * (nt:base) = nt:base multiple version
    • + jcr:content (nt:base) copy
    • + icon.png (nt:file) copy
    • + thumbnail.png (nt:file) copy
    • + workflows (nt:base) copy
    • - allowedParents (string) multiple
    • - allowedChildren (string) multiple
    • - ranking (long)

cq:Component

説明

CQ コンポーネントを定義します。

  • @prop jcr:title — コンポーネントのタイトル。
  • @prop jcr:description — コンポーネントの説明。
  • @node dialog -プライマリダイアログ
  • @prop dialogPath -プライマリダイアログパス(ダイアログの代替)
  • @node design_dialog — 設計ダイアログ
  • @prop cq:cellName — 設計セルの名前。
  • @prop cq:isContainer — これがコンテナコンポーネントであるかどうかを示します。これにより、子コンポーネントのセル名がパス名の代わりに使用されます。 例えば、parsysはコンテナコンポーネントです。 この値を定義しない場合、cq:childEditConfigの存在に基づいてチェックが行われます。
  • @prop cq:noDecoration - trueの場合、このコンポーネントを含めるときに装飾 div タグは描画されません。
  • @node cq:editConfig — 編集バーのパラメーターを定義する設定。
  • @node cq:childEditConfig — 子コンポーネントに継承される編集設定。
  • @node cq:htmlTag — コンポーネントが含まれる際に「囲む」 div タグに追加される追加のタグ属性を定義します。
  • @node icon.png — 特徴的なアイコンを持つファイル。
  • @node thumbnail.png — 特有のサムネール画像を保持するファイル。
  • @prop allowedParents — 親コンポーネントとして許可されるコンポーネントのパスを決定する正規式パターン。
  • @prop allowedChildren — 子コンポーネントとして許可されるコンポーネントのパスを決定する正規式パターン。
  • @node virtual — コンポーネントのドラッグ&ドロップに使用される仮想コンポーネントを反映するサブノードが含まれます。
  • @prop componentGroup — コンポーネントのドラッグ&ドロップに使用されるコンポーネントグループの名前。
  • @node cq:infoProviders — サブノードを含みます。各サブノードは、を参照するプロパティ className を持ち PageInfoProviderます。

定義

  • [cq:Component] > nt:folder, mix:title, sling:ResourceSuperType
    • - * (undefined)
    • - * (undefined) multiple
    • + * (nt:base) = nt:base multiple version
    • + dialog (nt:base) = nt:unstructured copy
    • - dialogPath (string)
    • + design_dialog (nt:base) = nt:unstructured copy
    • - cq:cellName (string)
    • - cq:isContainer (boolean)
    • - cq:noDecoration (boolean)
    • + cq:editConfig (cq:EditConfig) = cq:EditConfig copy
    • + cq:childEditConfig (cq:EditConfig) = cq:EditConfig copy
    • + cq:htmlTag (nt:base) = nt:unstructured copy
    • + icon.png (nt:file) copy
    • + thumbnail.png (nt:file) copy
    • - allowedParents (string) multiple
    • - allowedChildren (string) multiple
    • + virtual (nt:base) = sling:Folder copy
    • - componentGroup (string)
    • + cq:infoProviders (nt:base) = nt:unstructured copy

cq:ComponentMixin

説明

CQ コンポーネントを mixin タイプとして定義します。

定義

[cq:ComponentMixin] > cq:Component mixin

cq:EditConfig

説明

「編集バー」用の設定を定義します。

  • @prop cq:dialogMode — ダイアログのモード:
    • floating - 通常のフローティングダイアログの場合
    • inline — インライン編集
    • auto - 自動検出(空きスペースによって異なる)
  • @node cq:inplaceEditing — このコンポーネントのインプレイス編集設定。
  • @prop cq:layout — 編集バーのレイアウト:
    • editbar — バーの編集
    • rollover — ロールオーバーフレーム
    • auto — 自動検出
  • @node cq:formParameters — ダイアログフォームに追加する追加のパラメータ。
  • @prop cq:actions — アクションのリスト(編集バーのボタン、メニュー項目)
  • @node cq:actionConfigs — 編集バーまたはメニュー項目のウィジェット設定。
  • @prop cq:emptyText — 視覚的なコンテンツがない場合に表示されるテキスト。
  • @node cq:dropTargets - {@link cq:DropTargetConfig} ノードの収集。

定義

  • [cq:EditConfig] > nt:unstructured, nt:hierarchyNode orderable
    • - cq:dialogMode (string) < 'auto', 'floating', 'inline'
    • - cq:layout (string) < 'editbar', 'rollover', 'auto' + cq:formParameters (nt:base) = nt:unstructured
    • - cq:actions (string) multiple
    • + cq:actionConfigs (nt:base) = nt:unstructured
    • - cq:emptyText (string)
    • + cq:dropTargets (nt:base) = nt:unstructured
    • + cq:listeners (nt:base) = cq:EditListenersConfig

cq:DropTargetConfig

説明

コンポーネントの 1 つのドロップターゲットを設定します。このノードの名前が、ドラッグ&ドロップの ID として使用されます。

  • @prop accept — このドロップターゲットで受け入れられるMIMEタイプのリスト。例えば ["image/*"]
  • @prop groups — ソースを受け入れるドラッグ&ドロップグループのリスト。
  • @prop propertyName — 参照の保存に使用するプロパティの名前。

定義

  • [cq:DropTargetConfig] > nt:unstructured orderable
    • - accept (string) multiple
    • - groups (string) multiple
    • - propertyName (string)
    • + parameters (nt:base) = nt:unstructured

cq:VirtualComponent

説明

仮想 CQ コンポーネントを定義します。これらは現時点で、新しいコンポーネントのドラッグ&ドロップウィザードでのみ使用されます。

  • @prop jcr:title — このコンポーネントのタイトル。
  • @prop jcr:description — このコンポーネントの説明。
  • @node cq:editConfig — 編集バーのパラメータを定義する設定を編集します。
  • @node cq:childEditConfig — 子コンポーネントに継承される設定を編集します。
  • @node icon.png — 特徴的なアイコンを持つファイル。
  • @node thumbnail.png — 特有のサムネール画像を保持するファイル。
  • @prop allowedParents — 親コンポーネントとして許可されるコンポーネントのパスを決定する正規式パターン。
  • @prop allowedChildren — 子コンポーネントとして許可されるコンポーネントのパスを決定する正規式パターン。
  • @prop componentGroup — コンポーネントのドラッグ&ドロップに使用するコンポーネントグループの名前。

定義

[cq:VirtualComponent] > nt:folder, mix:title
- * (undefined)
- * (undefined) multiple
+ * (nt:base) = nt:base multiple version
+ cq:editConfig (cq:EditConfig) = cq:EditConfig copy
+ icon.png (nt:file) copy
+ thumbnail.png (nt:file) copy
- allowedParents (string) multiple
- allowedChildren (string) multiple
- componentGroup (string)

cq:EditListenersConfig

説明

編集イベントに対して実行される、(クライアント側の)リスナーを定義します。値は有効なクライアント側リスナーの関数を参照しているか、次の事前定義済みのショートカットが格納されている必要があります。

  • REFRESH_PAGE

  • REFRESH_SELF

  • REFRESH_PARENT

  • @prop aftercreate — コンポーネントが作成された後に発生します。

  • @prop afteredit — コンポーネントが編集(変更)された後に発生します。

  • @prop afterdelete — コンポーネントが削除された後に発生します。

  • @prop afterinsert — コンポーネントがこのコンテナに追加された後に発生します。

  • @prop afterremove — コンポーネントがこのコンテナから削除された後に発生します。

  • @prop aftermove — このコンテナでコンポーネントが移動された後に発生します。

定義

  • [cq:EditListenersConfig]
    • - &ast; (undefined)
    • - &ast; (undefined) multiple
    • + &ast; (nt:base) = nt:base multiple version
    • - aftercreate (string)
    • - afteredit (string)
    • - afterdelete (string)
    • - afterinsert (string)
    • - afterremove (string)
    • - aftermove (string)

DAM

dam:AssetContent

説明

DAM アセットのコンテンツ。

定義

  • [dam:AssetContent] > nt:unstructured
    • + metadata (nt:unstructured)
    • + renditions (nt:folder)

dam:Asset

説明

DAM アセット。

定義

[dam:Asset] > nt:hierarchyNode
+ jcr:content (dam:AssetContent) = dam:AssetContent copy primary
+ * (nt:base) = nt:base version

dam:Thumbnail

説明

DAM アセットを表すサムネール。

定義

  • [dam:Thumbnails]
    • mixin
    • + dam:thumbnails (nt:folder)

配信コンテナリスト

cq:containerList

説明

コンテナリスト。

定義

  • [cq:containerList]
    • mixin

配信ページ

cq:Cq4PageAttributes

説明

cq:attributes は、ContentBus バージョンタグ用のノードタイプです。このノードには一連のプロパティのみが含まれ、そのうち 3 つのプロパティが「created」、「csd」および「timestampe」として事前定義されています。

  • @prop created (long) mandatory copy — バージョン情報の作成のタイムスタンプ。通常は、前のバージョンのチェックイン時刻またはページ作成時刻です。
  • @prop csd (string) mandatory copy - csd標準属性、ページノードのcq:csdプロパティのコピー
  • @prop timestamp (long) mandatory copy — 最後に変更されたバージョンのタイムスタンプ。通常はチェックイン時間。
  • @prop * (string) copy — 親ノードでバージョン付けされた追加の属性。

定義

  • [cq:Cq4PageAttributes] > nt:base
    • - created (long) mandatory copy
    • - csd (string) mandatory copy
    • - timestamp (long) mandatory copy
    • - &ast; (string) copy

cq:Cq4ContentPage

説明

ノードタイプ cq:contentPage には、ContentBus コンテンツページのプロパティと子ノードの定義が含まれます。このミックスイン型がcq:page型のノードに追加された場合にのみ、ノードはContentBusコンテンツページになります。

cq:Cq4ContentPage内の項目は次のとおりです。

  • @prop cq:csd — ページのContentBusCSD。
  • @node cq:content — ページのコンテンツ。この子ノードは、ページノードが「コンテンツなしで存在」または「削除済み」の状態の場合には存在しません。
  • @node cq:attributes — ページ属性のリスト。以前はバージョンタグと呼ばれていました。cq:contentPage タイプの場合、このノードは必須です。ページがノードのバージョン付けされる場合、属性ノードはバージョン付けされます。

定義

  • [cq:Cq4ContentPage]
    • - cq:csd (string) mandatory copy
    • + cq:attributes (cq:Cq4PageAttributes)

インポーター

cq:PollConfig

説明

ポールの設定。

  • @prop source (String) mandatory — データソースURI。これは必須で、空にはできません
  • @prop target (String) — データソースから取得したデータが格納されるターゲットの場所。これはオプションであり、デフォルトは cq:PollConfig ノードです。
  • @prop interval (Long) — データソースから新しいデータまたは更新されたデータをポーリングする間隔(秒)。これはオプションで、デフォルトで30分(1800秒)に設定されます。
  • Adobe Experience Manager の Custom Data Importer Service の作成

定義

  • `[cq:PollConfig]
    • mixin
    • - source (String) mandatory
    • - target (String)
    • - interval (Long)

cq:PollConfigFolder

説明

ポール設定ノードを簡単に作成するための便利なプライマリノードタイプ。

定義

[cq:PollConfigFolder] > sling:Folder, cq:PollConfig

場所

cq:GeoLocation

説明

地理的な場所を十進角(DD)で定義した mixin。

  • @prop latitude -重複としてエンコードされたLatitudeで、度数は10進数です。
  • @prop longitude -重複としてエンコードされた経度(度単位)。

定義

  • `[cq:GeoLocation]
    • mixin
    • - latitude (double)
    • - longitude (double)

メーラー

cq:mailerMessage

説明

MailerService ノードタイプ。メーラーは、この mixin をメッセージ定義のルートノードとして持つノードを使用します。

定義

  • [cq:mailerMessage]
    • mixin
    • - messageStatus (string)
    • = 'new'
    • mandatory autocreated

MSM

cq:LiveRelationship

説明

LiveRelationshipミックスインを定義します。 プライマリソース(制御)ノードとライブコピー(制御)ノードは、LiveRelationshipを介して事実上リンクできます。

定義

  • [cq:LiveRelationship] mixin
    • - cq:lastRolledout (date)
    • - cq:lastRolledoutBy (string)
    • - cq:sourceUUID (string)

cq:LiveSync

説明

LiveSync mixin を定義します。ノードがプライマリソース(制御)ノードおよびライブコピー(制御)ノードとLiveRelationshipに関係している場合、そのノードはLiveSyncとしてマークされます。

  • @prop cq:master - LiveRelationshipのプライマリソース(制御)ノードのパス。
  • @prop cq:isDeep — 子に関係があるかどうかを定義します。
  • @prop cq:syncTrigger — 同期をトリガーするタイミングを定義します。
  • @node * LiveSyncAction — 同期時に実行するアクション

定義

[cq:LiveSync] > cq:LiveRelationship mixin orderable
+ * (cq:LiveSyncAction) = cq:LiveSyncAction
+ cq:LiveSyncConfig (nt:base) = cq:LiveSyncConfig

cq:LiveSyncCancelled

説明

LiveSyncCancelled mixin を定義します。親の1つが原因でLiveRelationshipに含まれる可能性のあるライブコピー(制御)ノードのLiveSync動作をキャンセルします。

  • @prop cq:isCancelledForChildren - LiveSyncをキャンセルするかどうかを定義します。子供の場合も同様です。

定義

  • [cq:LiveSyncCancelled] > cq:LiveRelationship mixin
    • - cq:isCancelledForChildren (boolean)

cq:LiveSyncAction

説明

LiveSync に関連付けられた LiveSyncAction を定義します。

  • @prop name — アクション名
  • @prop value — アクション値

定義

  • [cq:LiveSyncAction] > nt:unstructured

cq:LiveSyncConfig

説明

Live Sync 設定。

定義

  • [cq:LiveSyncConfig]
    • - cq:master (string) mandatory
    • - cq:isDeep (boolean)
    • - cq:trigger (string) /**deprecated**/

AEM 5.4の場合、リストの最後に次を追加します。

  • - cq:rolloutConfigs (string) multiple /**deprecated**/

cq:BlueprintAction

説明

Blueprintアクション

定義

  • [cq:BlueprintAction] > nt:unstructured

プラットフォーム

cq:Console

説明

コンソールノードのノードタイプを定義します。

定義

  • [cq:Console] > sling:VanityPath, mix:title
    • mixin

レプリケーション

cq:ReplicationStatus

説明

レプリケーションステータス情報 mixin を定義します。

  • @prop cq:lastPublished — ページが最後に発行された日付(使用は停止)。
  • @prop cq:lastPublishedBy — 最後にページを投稿した(使用されなくなった)ユーザー。
  • @prop cq:lastReplicated — ページが最後に複製された日付。
  • @prop cq:lastReplicatedBy — 最後にページを複製したユーザー。
  • @prop cq:lastReplicationAction — レプリケーション操作:アクティブ化または非アクティブ化。
  • @prop cq:lastReplicationStatus — レプリケーションの状態(使用されなくなりました)。

定義

  • `[cq:ReplicationStatus]
    • mixin
    • - cq:lastPublished (date) ignore
    • - cq:lastPublishedBy (string) ignore
    • - cq:lastReplicated (date) ignore
    • - cq:lastReplicatedBy (string) ignore
    • - cq:lastReplicationAction (string) ignore
    • - cq:lastReplicationStatus (string) ignore

セキュリティ

cq:ApplicationPrivilege

説明

アプリケーション権限を定義します。

定義

  • [cq:ApplicationPrivilege] mixin

cq:PrivilegeAcl

説明

アプリケーション権限の ACL を定義します。

  • @prop cq:isPathDependent
  • @node * ACEs

定義

  • [cq:PrivilegeAcl] > cq:ApplicationPrivilege mixin orderable
    • - cq:isPathDependent (boolean)
    • + * (cq:PrivilegeAce) = cq:PrivilegeAce

cq:PrivilegeAce

説明

アプリケーション権限の ACE を定義します。

  • @prop path
  • @prop deny

定義

  • [cq:PrivilegeAce]
    • - path mandatory
    • - deny (boolean)

cq:ApplicationPrivilege

説明

アプリケーション権限を定義します。

定義

  • [cq:ApplicationPrivilege] mixin

cq:PrivilegeAcl

説明

アプリケーション権限の ACL を定義します。

  • @prop cq:isPathDependent
  • @node * ACEs

定義

  • [cq:PrivilegeAcl] > cq:ApplicationPrivilege mixin orderable
    • - cq:isPathDependent (boolean)
    • + * (cq:PrivilegeAce) = cq:PrivilegeAce

cq:PrivilegeAce

説明

アプリケーション権限の ACE を定義します。

  • @prop path
  • @prop deny

定義

  • [cq:PrivilegeAce]
    • - path mandatory
    • - deny (boolean)

サイトインポーター

cq:ComponentExtractorSource

説明

コンポーネントエクストラクターによって開くことができるファイルをマークする mixin タイプを定義します。

定義

[cq:ComponentExtractorSource] mixin

タグ付け

cq:Tag

説明

1 つのタグを定義しますが、複数のタグを含めて分類を作成することもできます。

定義

  • [cq:Tag] > nt:base, mix:title
    • - sling:resourceType (String)
    • - * (undefined) multiple
    • - * (undefined)
    • + * (nt:base) = cq:Tag version

cq:Taggable

説明

タグ付け可能コンテンツ用の抽象基本 mixin。

  • @node cq:tags

定義

  • [cq:Taggable]
    • - cq:tags (string) multiple

cq:OwnerTaggable

説明

作成者または所有者のみにコンテンツへのタグ付けを許可します(モデレート/管理されたタグ付け)。

定義

  • [cq:OwnerTaggable] > cq:Taggable

cq:UserTaggable

説明

すべてのユーザー/公開 Web サイトで、cq:userContent 内部で使用されているコンテンツ(Web 2.0 スタイル)にタグを付けることができます。

定義

  • [cq:UserTaggable] > cq:Taggable
    • mixin

cq:AllowsUserContent

説明

ユーザーが変更できるcq:userContentサブノードを追加します。 各ユーザは独自のcq:userContent/<userid>サブノードを持ち、通常はmixin cq:UserTaggableを持ちます。

定義

  • [cq:AllowsUserContent]
    • mixin
    • + cq:userContent (nt:unstructured)

cq:userContentツリーをより明示的に定義する拡張バリアント

  • [cq:AllowsUserContent]
    • mixin
    • + cq:userContent (cq:UserContent)

cq:UserContent

説明

ユーザーが変更できます。

定義

  • [cq:UserContent] > nt:unstructured
    • // userids
    • + * (cq:UserData)
    • // other content
    • + * (nt:base)

cq:UserData

説明

ユーザーデータ

定義

  • [cq:UserData] > nt:unstructured, cq:UserTaggable

ウィジェット

cq:ClientLibraryFolder

説明

クライアントライブラリフォルダー

定義

  • [cq:ClientLibraryFolder] > sling:Folder
    • - categories (string) multiple
    • - dependencies (string) multiple

cq:Widget

説明

ウィジェット

定義

  • [cq:Widget] > nt:unstructured orderable
    • - xtype (string)
    • - name (string)
    • - title (string)
    • + items (nt:base) = cq:WidgetCollection copy

cq:WidgetCollection

説明

Widgetコレクション

定義

  • [cq:WidgetCollection] > nt:unstructured
    • orderable
    • + * (cq:Widget) = cq:Widget copy

cq:Dialog

説明

ダイアログ

定義

  • [cq:Dialog] > cq:Widget orderable

cq:Panel

説明

パネル

定義

[cq:Panel] > cq:Widget orderable

cq:TabPanel

説明

タブパネル

定義

  • `[cq:TabPanel] > cq:Panel orderable"
    • - activeTab (long)

cq:Field

説明

フィールド

定義

  • [cq:Field] > cq:Widget orderable
    • - fieldLabel (string)
    • - value (string)
    • - ignoreData (boolean)

Wiki

wiki:Topic

説明

Wikiトピック

定義

  • [wiki:Topic] > nt:unstructured, nt:hierarchyNode, mix:versionable, mix:lockable
    • + * (wiki:Topic) version
    • + wiki:attachments (nt:folder) = nt:folder version
    • + wiki:properties (wiki:Properties) = wiki:Properties copy
    • - wiki:text (string) mandatory primary
    • - wiki:lastModified (date) mandatory
    • - wiki:lastModifiedBy (string) mandatory
    • - wiki:topicName
    • - wiki:topicTitle
    • - wiki:lockedBy
    • - wiki:logMessage (string)
    • - wiki:quietSave (boolean)

wiki:User

説明

Wikiユーザ

定義

  • [wiki:User] mixin
    • - wiki:subscriptions (string) multiple

wiki:Properties

説明

Wikiのプロパティ

定義

  • [wiki:Properties]
    • - wiki:isGlobal (boolean)
    • - * (undefined)

ワークフロー

cq:Workflow

説明

ワークフローインスタンスを表します。

定義

  • [cq:Workflow] > nt:base, mix:referenceable
    • - modelId (String)
    • - modelVersion (String)
    • - startTime (Date)
    • - endTime (Date)
    • - initiator (String)
    • - &ast; (undefined)
    • - &ast; (undefined) multiple
    • - sling:resourceType (String) = "cq/workflow/components/instance" mandatory autocreated
    • + workflowStack (nt:unstructured)
    • + wait (nt:unstructured)
    • + orTab (nt:unstructured)
    • + data (cq:WorkflowData)
    • + history (nt:unstructured)
    • + metaData (nt:unstructured)
    • + workItems (nt:unstructured)

cq:WorkItem

説明

作業項目。

定義

  • [cq:WorkItem]
    • - assignee (String)
    • - workflowId (String)
    • - nodeId (String)
    • - startTime (Date)
    • - endTime (Date)
    • - dueTime (Date)
    • - sling:resourceType (String) = "cq/workflow/components/workitem" mandatory autocreated
    • + metaData (nt:unstructured)

cq:Payload

説明

ペイロード

定義

  • [cq:Payload]
    • - path (Path)
    • - uuid (String)
    • - jcr:url (String)
    • - binary (Binary)
    • - javaObject (String)
    • - * (undefined)
    • - * (undefined) multiple

cq:WorkflowData

説明

ワークフローデータ

定義

  • [cq:WorkflowData]
    • - * (undefined)
    • - * (undefined) multiple
    • + payload (cq:Payload)
    • + metaData (nt:unstructured) copy

cq:WorkflowModel

説明

ワークフロー設定の自動割り当て。設定は次の構造に従います。

  • workflows
    • + name1
      • - cq:path
      • - cq:workflowName
    • + workflows (nt:base)

定義

  • [cq:WorkflowModel] > nt:base, mix:versionable
    • orderable
    • - title (String)
    • - description (String)
    • - sling:resourceType (String) = "cq/workflow/components/model" mandatory autocreated
    • + nodes (nt:unstructured)
      • copy
    • + transitions (nt:unstructured)
      • copy
    • + metaData (nt:unstructured)
      • copy

cq:WorkflowNode

説明

ワークフローノード

定義

  • [cq:WorkflowNode] orderable
    • - title (String)
    • - description (String)
    • - maxIdleTime (long)
    • - type (String)
    • - * (undefined)
    • - * (undefined) multiple
    • + metaData (nt:unstructured)
      • copy
    • + timeoutConfiguration (nt:unstructured)
      • copy

cq:WorkflowTransition

説明

ワークフロートランジション

定義

  • [cq:WorkflowTransition] orderable
    • - from (String)
    • - to (String)
    • - rule (String)
    • + metaData (nt:unstructured)
      • copy

cq:OrTab

説明

またはタブ

定義

  • [cq:OrTab]
    • - workflowId (String) // not compulsory as this node will already be attached to the workflow node
    • - nodeId (String)

cq:Wait

説明

待機

定義

  • [cq:Wait]
    • - workflowId (String) // not compulsory as this node will be already attached to the workflow node
    • - destNodeId (String)
    • - fromNodeId (String)

cq:WorkflowStack

説明

ワークフロースタック

定義

  • [cq:WorkflowStack]
    • - containeeInstanceId (String)
    • - parentInstanceId (String)
    • - nodeId (String)

cq:ProcessStack

説明

プロセススタック

定義

  • [cq:ProcessStack]
    • - workflowId (String) // not compulsory as this node will be already attached to the workflow node
    • - containerWorkflowModelId (String)
    • - containerWorkflowNodeId
    • - containerWorkflowEndNodeId // still needed (if name already defines that id)

cq:WorkflowLauncher

説明

ワークフローランチャー

定義

  • [cq:WorkflowLauncher]
    • - nodetype (String)
    • - glob (String)
    • - eventType (Long)
    • - description (String)
    • - condition (String)
    • - workflow (String)
    • - * (undefined)
    • - * (undefined) multiple

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now