ページプロパティのビューのカスタマイズ

どのページにも、ユーザーが表示および編集できる一連のプロパティがあります。ページ作成時に使用されるプロパティもあれば(作成ビュー)、後の段階で表示および編集できるプロパティもあります(編集ビュー)。これらのページプロパティは、適切なページコンポーネントのダイアログ(cq:dialog)によって定義され、使用可能になります。

注意

ページプロパティのビューのカスタマイズは、クラシック UI では使用できません。

各ページプロパティのデフォルト状態は次のとおりです。

  • 作成ビューでは非表示(例:ページを作成​ウィザード)

  • 編集ビューでは表示(例:プロパティを表示

変更が必要な場合は、フィールドを明確に設定する必要があります。それには適切なノードプロパティを使用します。

  • 作成ビューで表示するページプロパティ(例:ページを作成​ウィザード):

    • 名前:cq:showOnCreate
    • 型:Boolean
  • 編集ビューで使用できるページプロパティ(例:表示/編集) プロパティ​オプション):

    • 名前:cq:hideOnEdit
    • 型:Boolean

例として、基盤となるページコンポーネントの「基本」タブの「他のタイトルと説明」の下にグループ化されたフィールドの設定を参照してください。 に設定されているので、これらのフィールドはcq:showOnCreateページを作成trueウィザードに表示されます。

/libs/foundation/components/page/cq:dialog/content/items/tabs/items/basic/items/column/items/moretitles
ヒント

ページプロパティのカスタマイズのガイドについては、 ページプロパティの拡張のチュートリアルを参照してください。

ページプロパティの設定

ページコンポーネントのダイアログを設定し、適切なノードプロパティを適用することによって、表示するフィールドを設定することもできます。

例えば、デフォルトでは、ページを作成​ウィザードには「その他のタイトルと説明」の下にグループ化されたフィールドが表示されます。これらのフィールドを非表示にするには、次のように設定します。

  1. /appsの下にページコンポーネントを作成します。

  2. ページコンポーネントのbasicセクションの上書きを作成します(Sling Resource Mergerから提供されるダイアログ差分​を使用)。例:

    <your-page-component>/cq:dialog/content/items/tabs/items/basic
    
    メモ

    リファレンスとして、以下を参照してください。

    /libs/wcm/foundation/components/basicpage/v1/basicpage/cq:dialog
    

    ただし、パス内の設定は​変更しないでください。/libs

    /libs コンテンツは、インスタンスを次回アップグレードするとき(場合によってはホットフィックスまたは機能パックを適用したとき)に上書きされるからです。

    設定およびその他の変更に推奨される方法は次のとおりです。

    1. /appsの下で、必要な項目(/libsに存在)を再作成します。
    2. /apps 内で変更作業をおこないます。
  3. basicpathプロパティを設定して、基本タブの上書きを指定します(次の手順も参照してください)。 次に例を示します。

    /apps/demos/components/page/tabs/basic
    
  4. 対応するパスにbasic - moretitlesセクションのオーバーライドを作成します。例:

    /apps/demos/components/page/tabs/basic/items/column/items/moretitles
    
  5. 適切なノードプロパティを適用します。

    • 名前cq:showOnCreate
    • Boolean
    • : false

    ページを作成​ウィザードに「その他のタイトルと説明」セクションが表示されなくなります。

メモ

ライブコピーと一緒に使用するページプロパティを設定する場合、詳しくは、ページプロパティに対する MSM ロックの設定を参照してください。

ページプロパティの設定サンプル

このサンプルは、Sling Resource Merger のダイアログ差分比較の手法を示しており、sling:orderBefore が使用されています。また、cq:showOnCreatecq:hideOnEditの両方の使用方法も示しています。

GitHub のコード

このページのコードは GitHub にあります

このページ