We.Retail のグローバル化されたサイト構造の使用

We.Retail は、国固有の Web サイトにライブコピーできる言語マスターを提供するグローバル化されたサイト構造を使用して構築されています。この構造と組み込みの翻訳機能を試すことができるように、すべてが最初から設定されています。

試してみる

  1. グローバルナビゲーション/サイト​からサイトコンソールを開きます。

  2. 列表示(まだアクティブでない場合)に切り替え、We.Retail を選択します。スイス、米国、フランスなどの国構造の例を、言語マスターと共に示します。

    chlimage_1-87

  3. スイスを選択して、その国の言語の言語ルートを表示します。これらのルートの下にはまだコンテンツがないことに注意してください。

    chlimage_1-88

  4. リスト表示に切り替えて、各国の言語コピーがすべてライブコピーであることを確認します。

    chlimage_1-89

  5. 列表示に戻り、言語マスターをクリックして、コンテンツを含む言語マスタールートを表示します。コンテンツがあるのは英語だけです。

    We.Retail には翻訳されたコンテンツがありません。ただし、構造と設定は用意されているので、翻訳サービスを試すことができます。

    chlimage_1-90

  6. 英語の言語マスターを選択した状態で、サイトコンソールで​参照​レールを開き、言語コピー​を選択します。

    chlimage_1-91

  7. 言語コピー​ラベルの横のチェックボックスを選択し、すべての言語コピーを選択します。レールの​言語コピーを更新​セクションで、「新しい翻訳プロジェクトを作成」オプションを選択します。プロジェクトの名前を入力し、「更新」をクリックします。

    chlimage_1-92

  8. 各言語の翻訳用にプロジェクトが作成されます。作成されたプロジェクトは、ナビゲーション/プロジェクト​に表示されます。

    chlimage_1-93

  9. ドイツ語をクリックして、その翻訳プロジェクトの詳細を表示します。ステータスが​ドラフト​になっています。Microsoft の翻訳サービスを使用して翻訳を開始するには、翻訳ジョブ​という見出しの横にある山形括弧をクリックし、「開始」を選択します。

    chlimage_1-94

  10. 翻訳プロジェクトが開始されます。「翻訳ジョブ」というラベルの付いたカードの下部にある省略記号をクリックして、詳細を表示します。状態に​レビューへの準備完了​と表示されているページは、既に翻訳サービスによって翻訳済みです。

    chlimage_1-95

  11. リスト内のページの 1 つを選択し、ツールバーの「サイトでプレビュー」を選択すると、翻訳されたページがページエディターで開かれます。

    chlimage_1-96

メモ

この手順では、組み込みの Microsoft の機械翻訳との統合を示しました。AEM 翻訳統合フレームワークを使用すると、多くの標準的な翻訳サービスと統合して AEM の翻訳を調整できます。

その他の情報

詳細については、オーサリングドキュメントTranslating Content for Multilingual Sitesを参照して、技術的な詳細を確認してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now