アプリケーションサーバーのインストール環境のアップグレード手順

最終更新日: 2023-05-04
  • トピック:
  • Upgrading
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
注意

AEM 6.4 の拡張サポートは終了し、このドキュメントは更新されなくなりました。 詳細は、 技術サポート期間. サポートされているバージョンを見つける ここ.

ここでは、アプリケーションサーバーインストール用の AEM を更新するために必要になる手順を説明します。

この手順の例では、JBoss をアプリケーションサーバーとして使用し、AEMの動作中のバージョンが既にデプロイされていることを示します。 ここでは、AEM バージョン 5.6 から 6.3 へのアップグレードについて説明します。

  1. まず、JBoss を起動します。 ほとんどの場合、これをおこなうには、 standalone.sh ターミナルから次のコマンドを実行して、起動スクリプトを実行します。

    jboss-install-folder/bin/standalone.sh
    
  2. AEM 5.6 が既にデプロイされている場合は、次のコマンドを実行して、バンドルが正しく機能していることを確認します。

    wget https://<serveraddress:port>/cq/system/console/bundles
    
  3. 次に、AEM 5.6 のデプロイを解除します。

    rm jboss-install-folder/standalone/deployments/cq.war
    
  4. JBoss を停止します。

  5. 次に、crx2oak 移行ツールを使用してリポジトリを移行します。

    java -jar crx2oak.jar crx-quickstart/repository/ crx-quickstart/oak-repository
    
    メモ

    この例では、oak-repository は、新しく変換されたリポジトリが配置される一時ディレクトリです。 この手順を実行する前に、最新の crx2oak.jar のバージョンがあることを確認してください。

  6. 次の操作をおこなって、sling.properties ファイル内の必要なプロパティを削除します。

    1. crx-quickstart/launchpad/sling.properties に置かれたファイルを開きます。

    2. 次のプロパティを削除してファイルを保存します。

      1. sling.installer.dir
      2. felix.cm.dir
      3. granite.product.version
      4. org.osgi.framework.system.packages
      5. osgi-core-packages
      6. osgi-compendium-services
      7. jre-*
      8. sling.run.mode.install.options
  7. 不要になったファイルとフォルダーを削除します。 具体的に削除する必要がある項目は次のとおりです。

    • この launchpad/startup フォルダー. ターミナルで次のコマンドを実行して削除できます。rm -rf crx-quickstart/launchpad/startup
    • base.jar ファイルfind crx-quickstart/launchpad -type f -name "org.apache.sling.launchpad.base.jar*" -exec rm -f {} \
    • BootstrapCommandFile_timestamp.txt ファイルrm -f crx-quickstart/launchpad/felix/bundle0/BootstrapCommandFile_timestamp.txt
  8. 新しく移行した segmentstore を適切な場所にコピーします。

    mv crx-quickstart/oak-repository/segmentstore crx-quickstart/repository/segmentstore
    
  9. データストアもコピーします。

    mv crx-quickstart/repository/repository/datastore crx-quickstart/repository/datastore
    
  10. 次に、新しくアップグレードされたインスタンスで使用される OSGi 設定を格納するフォルダーを作成する必要があります。 具体的には、 install という名前のフォルダーを以下の場所に作成する必要があります。 crx-quickstart.

  11. 次に、AEM 6.3 で使用するノードストアとデータストアを作成します。これをおこなうには、次の名前を持つ 2 つのファイルをの下に作成します。 crx-quickstart\install:

    • org.apache.jackrabbit.oak.segment.SegmentNodeStoreService.cfg

    • org.apache.jackrabbit.oak.plugins.blob.datastore.FileDataStore.cfg

    これら 2 つのファイルは、TarMK ノードストアとファイルデータストアを使用するようにAEMを設定します。

  12. 設定ファイルを編集して、使用可能にします。 具体的には、

    • 次の行を org.apache.jackrabbit.oak.segment.SegmentNodeStoreService.config:

      customBlobStore=true

    • 次の行を org.apache.jackrabbit.oak.plugins.blob.datastore.FileDataStore.config:

      path=./crx-quickstart/repository/datastore
       minRecordLength=4096
      
  13. 次のコマンドを実行して、crx2 実行モードを削除します。

    find crx-quickstart/launchpad -type f -name "sling.options.file" -exec rm -rf {} \
    
  14. 今度は、AEM 6.3 war ファイル内の実行モードを変更する必要があります。変更するには、まず AEM 6.3 war を格納する一時フォルダーを作成します。この例では、フォルダーの名前は次のようになります。 temp. war ファイルをコピーしたら、temp フォルダー内で次のコマンドを実行して、内容を抽出します。

    jar xvf aem-quickstart-6.3.0.war
    
  15. 内容を抽出したら、WEB-INF フォルダーに移動して ファイルを編集し、実行モードを変更します。web.xmlXML での実行モードの設定場所を探すには、sling.run.modes 文字列を検索します。見つかったら、コードの次の行で実行モードを変更します。デフォルトでは、author に設定されています。

    <param-value >author</param-value>
    
  16. 上記の author 値を変更し、実行モードを次のように設定します。author,crx3,crx3tar コードの最終ブロックは次のようになります。

    <init-param>
    <param-name>sling.run.modes</param-name>
    <param-value>author,crx3,crx3tar</param-value>
    </init-param>
    <load-on-startup>100</load-on-startup>
    </servlet>
    
  17. 編集後の内容で jar を再作成します。

    jar cvf aem62.war
    
  18. 最後に、新しい war ファイルをデプロイします。

    cp temp/aem62.war jboss-install-folder/standalone/deployments/aem61.war
    

このページ