AEM 6.4 でのDynamic Mediaリポジトリの再構築

最終更新日: 2023-05-04
  • トピック:
  • Upgrading
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
注意

AEM 6.4 の拡張サポートは終了し、このドキュメントは更新されなくなりました。 詳細は、 技術サポート期間. サポートされているバージョンを見つける ここ.

親の説明に従って AEM 6.4 におけるリポジトリの再構築 このページでは、AEM 6.4 にアップグレードするお客様は、このページを使用して、Dynamic Mediaソリューションに影響を与えるリポジトリの変更に関連する作業量を評価する必要があります。 一部の変更ではAEM 6.4 のアップグレードプロセス中に作業が必要ですが、6.5 のアップグレードまで延期することもできます。

6.5 へのアップグレード前

6.5 へのアップグレード前

カスタムアダプティブビデオのエンコーディング設定

以前の場所 /etc/dam/video/dynamicmedia
新しい場所 /conf/global/settings/dam/dm/presets/video/jcr:content
再構築の手引き

次の移行スクリプトを使用して、新しい場所に移行できます:

https://serveraddress:serverport/libs/settings/dam/dm/presets.migratedmcontent.json

または、AEM UI で設定を編集すると、変更内容が新しい場所に保存されます。

メモ 該当なし

Dynamic Media(DMS7)クラウド設定

以前の場所 /etc/cloudservices/dmscene7
新しい場所 /conf/global/settings/cloudservices/dmscene7
再構築の手引き

ユーザーはこの場所で移行スクリプトを実行できます。

  • https://serveraddress:serverport/libs/settings/dam/dm/presets.migratedmcontent.json
  • Dynamic Media OSGi バンドルを再起動します。
備考 該当なし

Dynamic Media(DM ハイブリッド)クラウドサービス設定

以前の場所 /etc/cloudservices/dynamicmediaservices
新しい場所 /conf/global/settings/dam/dm/cloudservices/dynamicmediaservices
再構築の手引き

最新のモデルに合わせるには、以下の移行スクリプトを実行できます:

https://serveraddress:serverport/libs/settings/dam/dm/presets.migratedmcontent.jso

備考 該当なし

Dynamic Media - YouTube クラウドサービス設定

以前の場所 /etc/cloudservices/youtube
新しい場所 /libs/settings/dam/dm/youtube
再構築の手引き

1. YouTube からすべての動画を非公開にする
2.古い場所からすべてのチャネルをコピーするなど、新規のタッチ UI を使用して(/conf から) YouTube 設定を作成します。
3.すべての動画を YouTube に公開しなおします。

このワークフローにより、新しい YouTube URL が生成されます。新しい TouchUI YouTube設定を作成する前に非公開にしない場合、再作成されたチャネルは機会があれば再公開されるので、「プロパティ」の下に複数のYouTube URL が表示されます。 つまり、「プロパティ」の下に役に立たない URL が表示されます。

メモ 該当なし

その他

以前の場所 /etc/dam/imageserver/macros
新しい場所 /conf/global/settings/dam/dm/presets/macro
再構築の手引き

ユーザーは以下の移行スクリプトを実行できます。

https://serveraddress:serverport/libs/settings/dam/dm/presets.migratedmcontent.json

または、AEM UI で設定を編集すると、変更内容が新しい場所に保存されます。

備考 該当なし
以前の場所 /etc/dam/presets/analytics
新しい場所 /libs/settings/dam/dm/analytics
再構築の手引き

ユーザーは以下の移行スクリプトを実行できます。

https://serveraddress:serverport/libs/settings/dam/dm/presets.migratedmcontent.json

備考 該当なし

このページ