AEM 6.4 のストレージ要素

この記事では、以下について説明します。

AEM 6 のストレージの概要

AEM 6 における最も重要な変更点の 1 つは、リポジトリレベルでの刷新です。

現在、AEM6 には Tar ストレージと MongoDB ストレージという 2 つのノードストレージ実装があります。

Tar ストレージ

新規にインストールした AEM インスタンスと Tar ストレージの実行

注意

セグメントノードストアの PID が org.apache.jackrabbit.oak から変更されました。plugins AEM 6.3 のAEM 6 から org.apache.jackrabbit.oak.segment.SegmentNodeStoreService の以前のバージョンでは、.segment.SegmentNodeStoreService です。この変更を反映するには、必要な設定の調整をおこなってください。

デフォルトでは、AEM 6 は Tar ストレージを使用して、デフォルトの設定オプションによって、ノードおよびバイナリを保存します。ストレージ設定を手動でおこなうには、次の手順に従ってください。

  1. AEM 6 quickstart jar をダウンロードし、新しいフォルダー内に配置します。

  2. 次のコマンドを実行して AEM を展開します。

    java -jar cq-quickstart-6.jar -unpack

  3. という名前のフォルダーを作成します。 crx-quickstart\install をインストールディレクトリに追加します。

  4. 新しく作成したフォルダー内に org.apache.jackrabbit.oak.segment.SegmentNodeStoreService.cfg というファイルを作成します。

  5. ファイルを編集し、設定オプションを設定します。セグメントノードストア(AEM の Tar ストレージ実装の基盤)では以下のオプションが利用できます。

    • repository.home:リポジトリのホームのパスです。リポジトリ関連の様々なデータが格納されます。デフォルトでは、crx-quickstart/segmentstore ディレクトリにセグメントファイルが格納されます。
    • tarmk.size:セグメントの最大サイズ(MB 単位)です。デフォルトは 256MB です。
  6. AEM を起動します。

Mongo ストレージ

新規にインストールした AEM インスタンスと Mongo ストレージの実行

次の手順に従って、AEM 6 を MongoDB ストレージと共に実行するように設定できます。

  1. AEM 6 quickstart jar をダウンロードし、新しいフォルダー内に配置します。

  2. 次のコマンドを実行して AEM を展開します。

    java -jar cq-quickstart-6.jar -unpack

  3. MongoDB がインストールされていること、および mongod のインスタンスが実行されていることを確認します。詳しくは、MongoDB のインストールを参照してください。

  4. という名前のフォルダーを作成します。 crx-quickstart\install をインストールディレクトリに追加します。

  5. ノードストアを設定します。使用する設定の名前を持つ設定ファイルを crx-quickstart\install ディレクトリに作成します。

    ドキュメントノードストア (AEM MongoDB ストレージ実装の基盤 ) では、 org.apache.jackrabbit.oak.plugins.document.DocumentNodeStoreService.cfg

  6. ファイルを編集し、設定オプションを設定します。以下のオプションが利用できます。

    • mongouri:Mongo データベースに接続するために必要な MongoURI です。デフォルトは mongodb://localhost:27017 です
    • db:Mongo データベースの名前です。新しい AEM 6 のインストールでは、デフォルトのデータベース名として aem-author を使用します。
    • cache:キャッシュサイズ(MB 単位)です。これは DocumentNodeStore で使用される様々なキャッシュに分散されます。デフォルトは 256 です。
    • changesSize:Mongo で差分出力のキャッシュに使用される capped コレクションのサイズ(MB 単位)です。デフォルトは 256 です。
    • customBlobStore:カスタムデータストアが使用されることを示すブール値です。デフォルト値は false です。
  7. 使用するデータストアの PID を持つ設定ファイルを作成し、そのファイルを編集して設定オプションを設定します。詳しくは、ノードストアとデータストアの設定を参照してください。

  8. 次のコマンドを実行して、AEM 6 jar を MongoDB ストレージバックエンドと共に起動します。

    java -jar cq-quickstart-6.jar -r crx3,crx3mongo
    

    ここで、 -r はバックエンドの実行モードです。 この例では、MongoDB サポートを指定して起動します。

Transparent Huge Pages の無効化

Red Hat Linux では、Transparent Huge Pages(THP)と呼ばれるメモリ管理アルゴリズムが使用されます。AEM はきめ細かい読み取りと書き込みを実行しますが、THP は大規模な操作に最適化されています。この理由から、Tar と Mongo の両方のストレージで THP を無効にすることをお勧めします。アルゴリズムを無効にするには、次の手順に従います。

  1. を開きます。 /etc/grub.conf ファイルを選択します。

  2. 次の行を grub.conf ファイル:

    transparent_hugepage=never
    
  3. 最後に、次のコマンドを実行して、設定が有効になっているかどうかを確認します。

    cat /sys/kernel/mm/redhat_transparent_hugepage/enabled
    

    THP が無効になっている場合、このコマンドの出力は次のようになります。

    always madvise [never]
    
メモ

さらに、次の資料も参考にできます。

  • Red Hat Linux での Transparent Huge Pages に関する詳細は、以下を参照してください 記事.
  • Linux のチューニングのヒントについては、次を参照してください。 記事.

リポジトリのメンテナンス

リポジトリが更新されるたびに、新しいコンテンツのリビジョンが作成されます。その結果、更新するたびにリポジトリのサイズが大きくなります。 リポジトリのサイズが無制限に増大しないように、古いリビジョンをクリーンアップして、ディスクリソースを解放する必要があります。このメンテナンス機能は、リビジョンクリーンアップと呼ばれます。リビジョンのクリーンアップメカニズムは、古いデータをリポジトリから削除して、ディスク領域を再利用します。 リビジョンクリーンアップについて詳しくは、リビジョンクリーンアップのページを参照してください。

このページ