コマンドラインによる起動と停止

コマンドラインからの Adobe Experience Manager の起動

startスクリプトは、<cq-installation>/bin​ディレクトリの下にあります。 Unix版とWindows版の両方が提供されます。 スクリプトでは、<cq-installation>​ディレクトリにインストールされたインスタンスを開始します。

これらの2つのバージョンは、AEMインスタンスの開始と調整に使用できる環境変数のリストをサポートしています。

環境変数 説明
CQ_PORT 停止およびステータススクリプトに使用する TCP ポート
CQ_HOST ホスト名
CQ_INTERFACE このサーバーがリッスンするインターフェイス
CQ_RUNMODE 実行モードをコンマで区切って指定
CQ_JARFILE jar ファイルの名前
CQ_USE_JAAS JAAS の使用(true の場合)
CQ_JAAS_CONFIG JAAS 設定のパス
CQ_JVM_OPTS デフォルトの JVM オプション
注意

author や publish など、一部の実行モードは、AEM を最初に起動する前に設定する必要があり、後から変更することはできません。実稼動環境で使用する予定の AEM インスタンスを設定する前に、実行モードのドキュメントで詳細を参照してください。

Windows プラットフォームの start.bat スクリプトの例

SET CQ_PORT=1234 & ./start.bat

Unix プラットフォームの start スクリプトの例

CQ_PORT=1234 ./start
メモ

start スクリプトは、<cq-installation>/app フォルダーの下にインストールされている AEM Quickstart を起動します。

Adobe Experience Manager の停止

AEM を停止するには、次のいずれかを実行します。

  • 使用しているプラットフォームに応じて、

    • スクリプトまたはコマンドラインから AEM を起動した場合は、Ctrl+C​キーを押してサーバーをシャットダウンします。
    • UNIX で start スクリプトを使用した場合は、stop スクリプトを使用して AEM を停止する必要があります。
  • jar ファイルをダブルクリックして AEM を起動した場合は、起動ウィンドウで「オン」ボタンをクリックして(ボタンが「オフ」に変化します)サーバーをシャットダウンします。

    chlimage_1-63

コマンドラインからの Adobe Experience Manager の停止

stopスクリプトは、<cq-installation>/bin​ディレクトリの下にあります。 Unix版とWindows版の両方が提供されます。 このスクリプトは、<cq-installation>​ディレクトリにインストールされた実行中のインスタンスを停止します。

Unix プラットフォームの stop スクリプトの例

./stop

Windows プラットフォームの stop.bat スクリプトの例

./stop.bat

リポジトリを事前設定するだけ(場所の変更なし)の場合に必要なのは次の手順だけです。

  • 必要な場所にrepository.xmlを抽出

  • 必要に応じてrepository.xmlを更新

  • bootstrap.propertiesを作成してrepository.configを定義

これも、実際のインストールを開始する前におこないます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free