外観の変更 (HBS)

カスタムコメントシステムのコンポーネントがアプリケーションディレクトリ(/apps)に配置され、デフォルトのコメントシステムおよびカスタムモデル/ビューを参照する resourceSuperType が登録されたので、実装を変更できるようになりました。

簡単なデモのために、ビジュアル機能(コメントを投稿するサインインユーザーについて表示されるアバター)を削除します。

メモ

拡張を使用するには、影響を受ける Web サイト内のコメントシステムのインスタンス(/content)によって、その resourceType がカスタムコメントシステムであるように設定される必要があります。

HBS スクリプトの変更

CRXDE Lite を使用して、次の手順を実行します。

  • /apps/custom/components/comments/comment/comment.hbsを開きます。

    • コメント投稿のアバターを含むタグをコメントアウトします(~行21)。

      <!--
       <<img class="scf-comment-avatar {{#if topLevel}}withTopLevel{{/if}}" src="{{author.avatarUrl}}"></img>
       -->
      
  • /apps/custom/components/comments/comments.hbsを開きます。

    • 次のコメントエントリ用のアバターを含むタグをコメントアウトします(~行44)。

      <!--
       <img class="scf-composer-avatar" src="{{loggedInUser.avatarUrl}}"></img>
       -->
      
  • すべて保存」を選択します。

カスタムアプリのレプリケート

アプリケーションを変更した後で、カスタムコンポーネントを再レプリケートする必要があります。

その一つの方法は

  • メインメニューから

    • ツール/操作/レプリケーション​を選択します。
    • Activate Tree
    • Start Pathを設定:を/apps/customに変更します。
    • Only Modifiedのチェックを外す
    • Activateボタンを選択

公開済みサンプルページでの変更されたコメントの表示

パブリッシュインスタンスでエクスペリエンスを続行すると、同じユーザーとしてサインインしたまま、パブリッシュ環境でページを更新してアバターを削除する変更を表示できます。

chlimage_1-81

サンプルコメント拡張パッケージ

このチュートリアルで作成したカスタムコメントアプリケーションのパッケージが添付されています。

ファイルを入手

このページ