SCF サンドボックスの作成

AEM 6.1 Communities 以降では、サンドボックスをすばやく作成するのに最も簡単な方法は、コミュニティサイトを作成することです。AEM Communitiesの使い始めにを参照してください。

開発者にとっても役に立つツールは、コミュニティコンポーネントガイドです。コミュニティのコンポーネントや機能の調査と迅速なプロトタイプを可能にします。

Webサイトの作成の演習は、Communitiesの機能を含むAEM Webサイトの構造を理解するのに役立ちます。また、ソーシャルコンポーネントフレームワーク(SCF)の操作を調査する簡単なページも提供します。

このチュートリアルは、AEM の知識がなく、SCF コンポーネントの使用に興味を持っている開発者を主な対象としています。手順に従いながら SCF サンドボックスサイトの作成を進めることができますHow to Create a Fully Featured Internet Webサイト (ナビゲーション、ロゴ、検索、ツールバー、子ページのリスト表示など、サイト構造に重点を置いた方法)のチュートリアルに似ています。

オーサーインスタンスで開発を行い、パブリッシュインスタンスでサイトを試してみるのがベストです。

このチュートリアルは次の手順で構成されています。

注意

このチュートリアルでは、コミュニティサイトコンソールを使用して作成するような機能を持つコミュニティサイトは作成しません。例えば、このチュートリアルでは、ログイン、自己登録、ソーシャルログイン、メッセージ、プロファイルなどの設定方法については説明しません。

単純なコミュニティサイトが必要な場合は、サンプルページの作成のチュートリアルに従ってください。

前提条件

このチュートリアルでは、最新リリースの Communities を備えた 1 つの AEM オーサーと 1 つの AEM パブリッシュインスタンスがインストールされていることを前提としています。

次に、AEM プラットフォームを初めて使用する開発者にとって役立つリンクをいくつか紹介します。

CRXDE Lite 開発環境の使用

AEM 開発者は、オーサーインスタンス上の CRXDE Lite 開発環境で多くの時間を費やすことになります。CRXDE Liteは、CRXリポジトリへのアクセスに制限が少ない。 従来のUIツールとタッチ対応のUIコンソールは、CRXリポジトリの特定の部分に対して、より構造化されたアクセスを提供します。

管理者権限でサインインした後、さまざまな方法で CRXDE Lite にアクセスできます。

  1. グローバルナビゲーションから、ナビゲーション​ツール/CRXDE Lite​を選択します。

    chlimage_1-350

  2. 従来のUIのようこそページから下にスクロールし、右側のパネルの​CRXDE Lite​をクリックします。

    chlimage_1-351

  3. 直接CRXDE Liteを参照:<server>:<port>/crx/de

    例えば、ローカル作成者インスタンスでは、次の操作を行います。 [http://localhost:4502/crx/de](http://localhost:4502/crx/de)

CRXDE Lite を使用するには、開発者または管理者権限でサインインする必要があります。デフォルトのlocalhostインスタンスの場合、

  • username: admin
  • password: admin

このログインがタイムアウトにな り、CRXDe Liteツールバーの右端にあるプルダウンを使用して定期的に再ログインする必要があることに注意してください。

ログインしていない状態では、JCR リポジトリをナビゲートしたり、編集/保存操作を実行したりすることはできません。

​**​疑わしい場合は、ログインし直してください。

chlimage_1-352

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now