SRP による UGC へのアクセス

SRP について

AEM Communitiesのすべてのコンポーネントと機能は、ソーシャルコンポーネントフレームワーク(SCF)上に構築されています。このフレームワークは、SocialResourceProvider APIを呼び出して、すべてのユーザー生成コンテンツ(UGC)にアクセスします。

コミュニティサイトを作成する前に、ストレージリソースプロバイダー(SRP)を設定し、基になるトポロジと一致する実装を選択する必要があります。 SRPの実装は、次の3つのストレージオプションに基づいています。

  1. ASRP - Adobe オンデマンドストレージ
  2. MSRP - MongoDB
  3. JSRP - JCR

UGC のストレージについて

UGCのストレージに関して知っておくべき重要な点は、ASRPまたはMSRPを使用するようにサイトを設定する場合、実際のUGCはAEM ノードストア(JCR)に格納されないことです。

UGC をコピーして有用なメタデータを提供するノードが JCR 内に存在する場合がありますが、実際の UGC とこれらのノードを混同しないでください。

ストレージリソースプロバイダーの概要を参照してください。

ベストプラクティス

カスタムコンポーネントを開発する際、開発者は、現在どのトポロジを選択しているかに関係なく、将来新しいトポロジに移行する柔軟性を保ちながら、慎重にコーディングする必要があります。

JCR を使用できないことを想定する

JCR に固有のメソッドの使用は避ける必要があります。

使用するメソッドは次のとおりです。

使用を避けるメソッドは次のとおりです。

  • Node API
  • JCR イベント
  • ワークフローランチャー(JCRイベントを使用)

検索コレクションを使用する

SRP ごとにネイティブなクエリー言語が異なる場合があります。com.adobe.cq.social.ugc.api パッケージのメソッドを使用して、適切なクエリー言語を呼び出すことをお勧めします。

詳しくは、検索の基本事項を参照してください。

リソース

このページ