イネーブルメントリソースのタグ付け

概要

イネーブルメントリソースのタグ付けにより、メンバーがカタログを参照したときにリソースや学習パスのフィルタリングが可能になります。

基本的には:

コミュニティサイトタグ

コミュニティサイトを作成または編集するときに、タグ付け設定で既存のタグ名前空間のサブセットを選択することで、そのサイトの機能で使用可能なタグの範囲を設定します。

タグはコミュニティサイトに対していつでも作成または追加できますが、データベースの設計と同じように、あらかじめ分類を策定しておくことを推奨します。タグの使用を参照してください。

既存のコミュニティサイトに後からタグを追加する場合は、サイトの構造内のカタログ機能に新しいタグを追加する前に、編集を保存する必要があります。

コミュニティサイトでは、サイトを公開してタグを公開した後、コミュニティのメンバーに対する読み取りアクセスを有効にする必要があります。タグ権限の設定を参照してください。

管理者がグループCommunity Enable Members/etc/tags/ski-catalogに読み取り権限を適用した場合、CRXDEでは次のように表示されます。

chlimage_1-420

カタログのタグ名前空間

カタログ機能は、自身を定義するためにタグを使用します。コミュニティサイトでカタログ機能を設定する際、選択するタグ名前空間のセットは、コミュニティサイトに設定されたタグメッセージの範囲によって定義されます。

カタログ機能には、カタログのフィルター UI に表示されるタグを定義するタグ設定が含まれています。「すべての名前空間」の設定は、コミュニティサイトに対して選択されたタグ名前空間の範囲を指します。

chlimage_1-421

イネーブルメントリソースへのタグの適用

Show in Catalogをチェックすると、有効化リソースと学習パスがすべてのカタログに表示されます。 リソースおよび学習パスにタグを追加すると、特定のカタログに事前フィルタリングしたり、カタログUIでフィルタリングしたりできます。

イネーブルメントリソースとラーニングパスを特定のカタログに制限するには、プリフィルターを作成します。

カタログ UI を使用すると、訪問者は、そのカタログに表示されているリソースや学習パスのリストにタグフィルターを適用できるようになります。

イネーブルメントリソースにタグを適用する管理者は、より高度な分類を可能にするサブタグを選択するために、カタログに関連付けられているタグ名前空間に加えて、分類についても理解している必要があります。

例えば、ski-catalog名前空間が作成され、Ski Catalogという名前のカタログに設定された場合、2つの子タグを持つことがあります。lesson-1lesson-2

この場合は、以下のいずれかのタグが付けられたイネーブルメントリソースが、

  • ski-catalog:
  • ski-catalog:lesson-1
  • ski-catalog:lesson-2

イネーブルメントリソースの公開後に Ski Catalog に表示されます。

chlimage_1-422

パブリッシュ環境でのカタログの表示

オーサー環境ですべてをセットアップして公開したら、パブリッシュ環境で、カタログを使用してイネーブルメントリソースを検索してみることができます。

タグ名前空間がドロップダウンメニューに表示されない場合は、パブリッシュ環境で権限が適切に設定されているかを確認してください。

タグ名前空間を追加しても見つからない場合は、タグとサイトが再公開されているかを確認してください。

カタログ表示時にタグを選択してもイネーブルメントリソースが表示されない場合は、カタログの名前空間のタグがイネーブルメントリソースに適用されているかを確認してください。

chlimage_1-423

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now