メッセージングの設定

概要

AEM Communities のメッセージング機能を使用すると、サインイン済みのサイト訪問者(メンバー)が互いにメッセージを送信できます。このメッセージには、サイトにサインインしているときにアクセス可能です。

コミュニティサイトのメッセージングを有効にするには、コミュニティサイトの作成中にチェックボックスをオンにします。

このページでは、デフォルト設定と可能な調整についての情報を紹介します。

開発者向けの追加情報については、Messaging Essentialsを参照してください。

メッセージング操作サービス

AEM Communitiesメッセージング操作サービスは、メッセージング関連の要求を処理するエンドポイント、サービスがメッセージの格納に使用するフォルダー、およびメッセージに添付ファイルが含まれる場合は、許可されるファイルの種類を識別します。

Communitiesのサイトコンソールを使用して作成したコミュニティサイトでは、サービスのインスタンスが既に存在し、インボックスは/mail/community/inboxに設定されています。

コミュニティのメッセージング操作サービス

以下に示すとおり、サイト作成ウィザードで作成されたサイトには、サービスの設定があります。設定の横にある鉛筆アイコンを選択して、設定を表示または編集できます。

chlimage_1-63

新しい設定

新しい設定を追加するには、サービス名の横にあるプラス「+」アイコンを選択します。

chlimage_1-64

  • メッセージフィールド
    の許可リスト構成メッセージコンポーネントユーザーが編集および保持できるプロパティを指定します。新しいフォーム要素を追加する場合は、SRPに保存する必要がある場合は、要素IDを追加する必要があります。 初期設定は2つのエントリです。
    ** 主観と 内容

  • メッセージボックスサイズの
    制限各ユーザーのメッセージボックスの最大バイト数。初期設定は です。
    1073741824 (1 GB)。

  • メッセージ数の
    制限1人のユーザーに許可されるメッセージの合計数です。値を —1に設定した場合、許可されるメッセージの数に制限はなく、メッセージボックスのサイズ制限に従います。 初期設定は です。
    10000 (10k)

  • 配信の
    失敗を通知するオンにすると、メッセージ配信が一部の受信者に失敗した場合に送信者に通知します。初期設定は です。
    checked.

  • 失敗配信の送信者
    idName配信失敗メッセージに表示される送信者の名前。初期設定は です。
    failureNotifier

  • 失敗メッセージテンプレートの
    パス失敗した配信メッセージテンプレートのルートの絶対パス。初期設定は です。
    /etc/notification/messaging/default.

  • maxRetries.name​配信に失敗したメッセージの再送を試行する回数です。初期設定は です。
    3.

  • minWaitBetweenRetries.name​送信に失敗したメッセージの再送を試行するまでの間隔(秒数)です。初期設定は*100 *(秒)です。

  • カウント更新プール
    サイズカウントの更新に使用される同時スレッドの数。初期設定は です。
    10.

  • inbox.path.name
    (
    必須)ユーザーのノードを基準とした、フォルダーに使用するパス(/home/users/ username inbox )。パスの末尾にスラッシュ「/」を付けることはできません。 デフォルトは​/mail/inbox​です。

  • sentitems.path.name
    (
    必須)ユーザーのノードを基準とした、フォルダーに使用するパス(/home/users/ username senditems )。パスの末尾にスラッシュ「/」を付けることはできません。 初期設定は​/mail/sentitems​です。

  • supportAttachments.name​オンにすると、ユーザーがメッセージに添付ファイルを追加できるようになります。初期設定は です。
    チェック済み

  • batchSize.name​大規模な受信者グループへの送信時に一括送信処理するメッセージの数です。初期設定は です。
    100.

  • maxTotalAttachmentSize.name「supportAttachments」をオンにすると、この値によりすべての添付ファイルの最大許容合計サイズ(バイト単位)が指定されます。初期設定は です。
    104857600 (100 MB)。

  • attachmentTypeBlocklist.
    nameファイル拡張子のブロックリストで、先頭に「
    .」というプレフィックス付き)のブラックリストです。そうでないブロックリストに加える場合は、拡張が許可されます。 拡張子は、「+」アイコンと「-」アイコンを使用して追加または削除できます。 初期設定は​DEFAULT​です。

  • allowedAttachmentTypes.name

    (操作が必要 )ファイル拡張子の許可リスト(の逆)。これらを除くすべてのファイル拡張子を許可するには、ブロックリストに加える'-'アイコンを使用して、空のエントリを1つ削除します。

  • serviceSelector.name
    (必須)サービスを呼び出す絶対パス(エンドポイント)(仮想リソース)。選択するパスのルートは、OSGi config Apache Sling Servlet/Script Resolver and Error Handlerの<a0/>Execution Paths​構成設定(/bin//apps//services/など)に含まれている必要があります。 サイトのメッセージング機能に対してこの設定を選択するには、このエンドポイントをMessage List and Compose Message componentsの​Service selector​値として指定します(メッセージ機能を参照)。 初期設定は /bin/messaging です。

  • fieldAllowlist.
    nameUse
    Message Fields許可リスト

注意

編集用にMessaging Operations Service設定が開かれるたびに、allowedAttachmentTypes.nameが削除されると、空のエントリが再度追加され、プロパティを設定可能にします。 1つの空のエントリを指定すると、添付ファイルが有効に無効になります。

これらを除くすべてのファイル拡張子を許可するには、ブロックリストに加える'**-**'アイコンを使用して(もう一度)空のエントリを1つ削除してから、保存​をクリックします。

トラブルシューティング

問題のトラブルシューティングの1つの方法は、ログでデバッグメッセージを有効にすることです。

個々のサービス用のロガーとライターも参照してください。

監視するパッケージはcom.adobe.cq.social.messagingです。

このページ